Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月24日

たちはの意味と基礎知識7つ|たちはの際の喪主挨拶の例3つ

「たちは」という言葉を聞いたことがありますか。「たちは」は、亡くなった人と遺族・親族が一緒にいただく最後の食事のことを言います。「たちは」は、通夜式の後に行われるのが一般的です。ここでは「たちは」の意義・目的、由来、語源について詳しく解説しています。

たちはの意味と基礎知識7つ|たちはの際の喪主挨拶の例3つ
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

たちはとは

立飯を「たちは」と読む時は、葬儀の際の礼品全般を指します。また、「たちは」は、49日法要の以降に贈られる「香典返し=満中陰志(まんちゅういんし)」とは違います。満中陰志とは西日本で使用される香典返しのことです。

一方、立飯を「たちはん」と読む時は、故人と最後に食べる食事を指します。「たちはん」は、今では巻き寿司のことを言います。「たちは」と「たちはん」のニュアンスは地方によって微妙に異なります。

たちはの意義と目的

「たちは」は会葬礼品のことを指し、「たちはん」は出棺前に近親者が故人と囲む最後のお膳のことです。また、地方によっては「たちは」と「たちはん」は呼び方の違いだけで、同義に解釈されます。

この記事では、呼び方の違いを考慮し「たちは=たちはん」として説明していきます。「たちは」には、故人と最後の交流のために食事を共にして別れを惜しむという意義・目的があります。

たちはの意味と基礎知識7つ

たちはの意味とたちはに関する基礎知識7つを紹介します。たちはの由来・語源、実際のメニュー、たちはをいただく場面・服装、たちはをいただく際のNGワード、たちはに代わる商品について解説していきます。

1:たちはの由来

たちは=立飯は、旅立ちのためのご飯のことです。

人が死に至り、黄泉(よみ)の国(霊界)に旅立つ時には死に装束に着替えます。一般的には頭に白い三角頭巾、経帷子(きょうかたびら)という白い着物、手には手甲(てっこう)、足には脚絆(きゃはん)を巻いて、六文銭を入れた頭陀袋(ずだぶくろ)を下げます。網笠をかぶり、草履を履き杖を持ちます。

たちは=立飯は、亡くなった者と遺族・親族の最後の食事に由来しています。

2:たちはの語源

「たちは」は、故人との最後の食事を意味し、「黄泉の国への旅立ちのためのご飯」が語源です。現世に肉体が残っている、葬儀の前に振舞われます。

「たちは」は地域によっては「たちば」「たち」とも呼ばれます。「お斎(とき)」と言う地方もありますが、「たちは」と「おとき」のニュアンスは異なります。おときは、法事などの仏事での会食のことで、更なるご縁を喜び合い、食事を通して仏様のご恩を確認し合うための席です。

3:たちはのメニュー

たちはのメニューは、岡山県で振舞われる巻き寿司が有名ですが、お隣の広島県では、白いご飯に煮しめと味噌汁が付いた精進料理が一般的です。「たちは」のメニューは地域ごとに異なります。葬儀に関してのしきたりは、地方・地域ごとの特色が根強く残っています。

巻き寿司

巻き寿司は江戸時代に江戸で誕生しました。その後、大阪を中心に全国に広まっていきました。かつての「たちは」では精進料理を出す習わしがありましたが、最近では、手軽につまめる寿司・巻き寿司やサンドイッチ、オードブルなどを大皿に盛って出されることが多くなりました。

仕出し弁当

仕出し弁当は、たちはの際も利用される料理です。「仕出し」という言葉を聞くと「冠婚葬祭の料理のこと?」「お寿司のこと?」と勘違いしている方が多くいらっしゃいますが、注文して届けられる料理はすべて、仕出し弁当・仕出し料理になります。

4:たちはをいただく場面

「たちは」は、故人が黄泉の国へ旅立つ前に、遺族・親族が一緒に食べる最後の食事です。

地方・地域・宗教によって異なりますが、「たちは」は、通夜式が終わった後、遺族・親族でいただくのが通例です。故人の肉体があるうち、火葬される前、通夜式の後にいただくのが一般的です。

5:たちはをいただく際の服装

たちはをいただく時は、通夜式に参列していますから、基本的に喪服(礼服)を着用します。

仕事・出張先から急遽駆けつける場合は、スーツ姿でも問題はありません。黒い布(喪章:もしょう)を腕章として左腕に巻くか、左ポケット丈夫に黒いリボンを安全ピンで止めますが、これは遺族側が行います。

子どもの場合、学校に制服があれば正装になります。制服がない場合は、なるべく黒い服を着ていきましょう。

6:たちはの場面でのNGワード

たちはの際のNGワードに「忌(い)み言葉」があります。

消える・大変・落ちる・とんでもない・数字の四(死)九(苦)などの「不吉な言葉」が代表的です。また、重ね重ね・いよいよ・度々・ますます・またまたなどの「重ね言葉」や、再び・続いて・繰り返し・追って・再三などは「不幸が続くことを連想させる言葉」として忌み言葉に含まれています。

たちはの際にこれらの忌み言葉を使うのはマナー違反です。

7:たちはに代わる品とは

親族以外の会葬者には、たちは(お膳=会食)に代わるものとして、会葬礼状と一緒にお茶やハンカチなどを配ります。ハンカチは、涙を拭いたりする使い道から「別れ」を連想させます。

ハンカチは一般的に別れる相手にプレゼントする商品です。葬儀以外にも、退社する人などにはハンカチを贈るケースがありますが、その場合は手紙やカードで一言添えると、相手に誤解されることが少なくなります。

いまさら聞けない 冠婚葬祭マナー辞典

冠婚葬祭時のマナーには、経験を積まないと難しいことがたくさん含まれています。けれど社会人ともなれば、冠婚葬祭時のマナーはスマートにこなさなければなりません。

「いまさら聞けない冠婚葬祭マナー辞典」は、いざという時、今さら聞けずに困ることがないよう、あなたを助けてくれます。冠婚葬祭のマナーの基本から雑学まで、必ず役に立ってくれます。社会人必携の一冊です。

たちはの際の喪主挨拶の例3つ

たちはの際に喪主は、挨拶の仕方を区別しなければなりません。

たちはの前の挨拶では、会食や歓談がスムーズに進められるよう、和やかな雰囲気を作ることが重要です。たちはの締めでは、参列いただいたことへのお礼の気持ちを伝えましょう。

黄泉(よみ)の国へ無事に旅立たせてくれた僧侶へは十分な感謝の気持ちを伝える必要があります。檀家(だんか)として、これからのお付き合いがあるからです。

1:たちはの開始の挨拶

たちは開始前の喪主挨拶では、参列者が会食や歓談を始めやすいよう和やかな雰囲気を作ることが大切です。

まずは、通夜へのお礼を述べましょう。「ささやかではありますが、お食事を用意しました。時間の許す限り、ゆっくり過ごしてください」との旨を伝えます。「故人○○の思い出話など聞かせて頂ければ故人も喜ぶことでしょう」と続ければ大丈夫です。

会食前ですから、失礼のない挨拶はもちろん、簡単明瞭であることを心がけてください。

2:たちはの締めの挨拶

たちはの締めの挨拶には、お礼の気持ちを込めましょう。

雨や雪が降っているなど天候が悪いときは、「あいにくの天気にもかかわらず」や「お足元が悪い中」などの言葉を添える必要があります。

最後に、「これからもご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします」と感謝の言葉を付け加えましょう。49日や○○回忌などの仏事があるからです。お礼から感謝、これからもよろしくお付き合いくださいという流れを作れば問題ありません。

3:僧侶への挨拶

僧侶への挨拶は、喪主が一番頭を悩ませ気を遣う場面です。檀家(だんか)に連絡を入れ、枕経(まくらきょう)のお願いをします。枕経は現在では、亡くなってからの読経が一般的です。送迎時の挨拶もしっかりしなければなりません。

そして、僧侶へのお礼(料金)は、お布施という形で渡します。今はインターネットの時代ですから、お布施の相場はおおよその検索は可能ですが、宗派やお寺ごとによって異なるので困ってしまいます。

たちはの意味について正しく理解しましょう

「たちは」には、二つの目的があります。一つ目は、遺族・親族、僧侶が故人と最後のお別れをすること、二つ目は、手伝ってくれた方や弔問に来てくれた人々にお礼をすることにあります。「たちは」は、誰もが一度は経験する場面ですが、馴染みの薄い言葉です。この記事を通して「たちは」の意味を正しく理解いただけたでしょうか。

Related