Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月09日

新盆見舞いに関する基礎知識3つ|新盆見舞いに伺う際のマナー

新盆とは故人の四十九日がすぎて、初めて迎えるお盆のことです。また、新盆見舞いは故人宅に供花、お線香などを持参して渡し、供養する気持ちを伝えることです。この新盆見舞いでは、マナーを知っておかないと気がつかないうちに恥をかいてしまう可能があります。

新盆見舞いに関する基礎知識3つ|新盆見舞いに伺う際のマナー

新盆見舞いとは

新盆見舞いに関する基礎知識3つ|新盆見舞いに伺う際のマナー
故人が亡くなられた後には通夜や葬儀が行われます。しかし、通夜や葬儀が終わっても法要は続きます。まず意識するべき法要は四十九日ですが、その次には新盆があります。

新盆とは故人の四十九日がすぎて、初めて迎えるお盆のことです。また、新盆見舞いは故人宅に供花、お線香などを持参して渡し、供養する気持ちを伝えることです。新盆見舞いでは、マナーを知っておかないと気がつかないうちに恥をかいてしまう可能性があります。

新盆見舞いの意義と目的

新盆とは四十九日が過ぎて、初めて迎えるお盆のことを指します。四十九日は故人があの世へ旅立つまでの期間とされています。

なので、四十九日を過ぎて、初めてのお盆では、旅立った故人が初めてあの世から戻ってくるということになり、この特別な日を新盆と呼びます。

その新盆で、故人の供養のためにお供えすることが新盆見舞いとなります。また、関西などの一部の地域では、この新盆のことを初盆と呼ぶこともあります。

新盆見舞いに関する基礎知識3つ

新盆見舞いに関する基礎知識3つ|新盆見舞いに伺う際のマナー
新盆を迎えると故人の親戚や、生前にお世話になった人などが新盆見舞いに故人宅を訪れることがあります。遺族側には新盆見舞いに来てくれた人に対してのマナーがあります。しかし、新盆見舞いに伺う側にもいろいろとマナーがあります。

新盆見舞いのマナーを把握せずに、新盆見舞いに行ってしまうと、遺族側に迷惑がかかったり、本人が気がつかないうちに恥をかいてしまうことがあるので正しい知識を持っておく必要があります。

1:新盆見舞いの時期

新盆見舞いに関する基礎知識3つ|新盆見舞いに伺う際のマナー
新盆は故人の四十九日が過ぎてから、最初に迎えるお盆のことです。そのため、新盆見舞いは基本的にお盆の時期になります。

しかし、四十九日が過ぎてから、というルールを知らない場合、まだ四十九日が過ぎていないにも関わらず、新盆見舞いに伺ってしまう危険性があります。

もし、四十九日が過ぎていないにも関わらず、新盆見舞いに伺ってしまうと、遺族を困惑させてしまったり、失礼に当たってしまう可能性があります。

1:新盆の時期

新盆は四十九日が過ぎて、最初のお盆のことです。そのため、新盆見舞いにはお盆に行います。また、新盆見舞いは迎え盆である8月13日から送り盆にあたる8月16日の間に行います。

ただし、この期間中であれば、いつでも新盆見舞いに伺っても良いというわけではありません。必ず、遺族の方に新盆見舞いに行くことや、日時の約束をして、迷惑をかけないようにしましょう。

2:伺う日

新盆見舞いは迎え盆である8月13日から送り盆にあたる8月16日の間に行います。しかし、地域や風習によって、8月13日から8月16日が新盆にならないこともあります。

特に、地域によってはお盆を7月13日から7月16日というところもあります。なので、新盆見舞いに伺うつもりであれば、四十九日に参列した際に、遺族に新盆見舞いについて確認しておくと良いでしょう。

2:新盆の相場

新盆見舞いに関する基礎知識3つ|新盆見舞いに伺う際のマナー
新盆見舞いでは供花やお線香などを持参して渡し、故人を供養する気持ちを伝えます。しかし、地域や場合によっては品物ではなく、お金を渡すということもあります。

ですが、もしお金を渡す場合には、いくらくらいが相場であるか、表書きはどのようにすれば良いかなどで悩んでしまう人も多いです。

もし、金額が相場よりも明らかに低すぎたり、表書きを間違ってしまうと、恥をかいてしまう可能性があります。

1:香典

上記で述べた通り、新盆見舞いでお金を渡す場合には、表書きが悩んでしまう人が多いです。しかし、四十九日は済んでいるため、表書きには御仏前か御佛前と書くことが多いです。また、神道の場合では御玉串料や御神前と書き、親族は御提灯代と書きます。

名前は1人であればフルネームで書きます。もし、夫婦などで複数人の名前を書く場合には夫の名前をフルネームで書いて、その隣に家族の名前を書きます。

2:御提灯料(御提灯代)

親族がお金を渡す場合は御提灯代となります。親族であれば、故人の知人や友人などより、新盆見舞いの相場は少し高くなります。

もし、故人が親や兄弟姉妹の場合は1万円から2万円、祖父母や親戚のときは5千円から1万円が相場となります。故人の知人や友人であれば3千円から5千円が相場となります。

新盆見舞いで、お金ではなく品物を送る場合には、これらの金額の相場と同じくらいの金額のお菓子や果物などを用意しましょう。

3:伺う際の服装

新盆見舞いに関する基礎知識3つ|新盆見舞いに伺う際のマナー
新盆見舞いは通夜や葬儀の場ではありません。そのため、しっかりとした礼服を用意する人は少ないです。ですが、礼服を着ないとなると、逆にどのような服を着て行けば良いか迷ってしまう人も多いです。

故人や遺族と親しい間柄であれば、両者の間で堅苦しい服装は必要ないという話しになる場合もありますが、そうでない場合は失礼のないように無難な服装を選ぶ必要があります。

1:礼服

上記で述べた通り、新盆見舞いにしっかりとした礼服を着ていく人は少ないです。しかし、他にどのような服装が適しているか判断できないという人は、略式礼服を着ていくと無難でしょう。

平服で新盆見舞いに行く場合には、地味な色や形の服装を選ぶようにして、Tシャツやデニムなどのカジュアルすぎる服装は避けるようにしましょう。

2:注意点

上記で述べた通り、新盆見舞いであるからと、必ず礼服で行かないといけないというわけではありません。しかし、平服で新盆見舞いに行く場合は、カジュアルになり過ぎないように注意しないといけません。

なので、平服で新盆見舞いに行く場合でも、男性はジャケット、シャツ、ネクタイ、パンツを、女性は黒やグレー、濃紺などのワンピースやパンツスーツ、スカートスーツを基本スタイルとしましょう。

法要でのマナー

葬儀や法要は頻繁にあるものではありません。そのため、しきたりやマナーなどでわからないことがあり、対応で悩んでしまうことはよくあります。

なので、いざというときに、すぐに調べられるように手元に1冊だけでも本を用意しておくと心強いでしょう。

両親が高齢になり、「備えあれば…」の気持ちで購入しました。
僧侶のグループが監修にあたっているということで、内容が信頼できそうだったからです。
実際、たいへんわかりやすく書かれていて、読みやすいです(字も大きめ!)。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E5%9D%8A%E3%81%95%E3%8... |

新盆見舞いに伺う際のマナー4つ

新盆見舞いに関する基礎知識3つ|新盆見舞いに伺う際のマナー
先に述べた通り、新盆見舞いに伺う際には新盆見舞いに伺う時期や、お金を渡す際の表書きなど、注意しなければいけない点がいくつかありました。

これらはマナーでもあるため、事前に確認しておかないと、遺族の方たちに迷惑がかかってしまったり、失礼に当たってしまうことがあります。

1:伺う時間帯

新盆見舞いはお盆に行われます。しかし、お盆であれば新盆見舞いの時期だからと、いつでも伺って良いというわけではありません。必ず事前に新盆見舞いに伺うことを遺族の方に伝えて、了承を得る必要があります。

家の人の仕事や用事の加減があるため、新盆見舞いに伺う前には必ず都合の良い時間帯を聞いておくようにしましょう。

2:挨拶

新盆は遺族にとって故人と別れて初めてのお盆です。なので、新盆見舞いでの挨拶は、故人のご冥福をお祈りすることと、遺族の方々への労わりの気持ちを伝えるようにしましょう。また、故人を偲ぶ気持ちも伝えましょう。

ただし、新盆では多くの人が訪れるため、長々と話しをしたり、長居しすぎたりなどして、遺族の方々に迷惑をかけないように注意しましょう。

3:香典袋と表書き

新盆見舞いに関する基礎知識3つ|新盆見舞いに伺う際のマナー
先に述べた通り、表書きには御仏前か御佛前や、御玉串料や御神前など、場面に合わせます。すでに新盆を迎えているため、御霊前と書くことはないので注意が必要です。

また、のしや水引で悩むことも多いです。ですが、新盆見舞いは法事なので、不祝儀用を使います。水引は不祝儀用の黒白か黄白を使います。水引の結び方は結び切りか、あわじ結びの物を使います。

4:NGワード

新盆見舞いでも忌み言葉は避けるべき言葉です。そのため、重ねる、再び、たびたび、などのような不幸が重なるような印象を与えてしまうような言葉は避けるようにしましょう。

新盆見舞いについて正しく理解しましょう

新盆見舞いに関する基礎知識3つ|新盆見舞いに伺う際のマナー
四十九日を過ぎて、初めて迎えるお盆は新盆として、遺族にとっては特別な期間となります。友人や知人の新盆見舞いに伺いたいと思うこともありますが、遺族に失礼のないように、正しい知識とマナーを身につけておくようにしましょう。

Related