Search

検索したいワードを入力してください

2020年10月04日

ご尊父とは?親族の敬語表現|ご尊父を使ったお悔やみの例文3つ

更新日:2020年10月04日

お悔やみなどで「ご尊父」という言葉を使うことがありますが、どのような意味があるかご存知でしょうか。今回は、ご尊父の意味や親族の敬語表現、ご尊父を使ったお悔やみの例文3つを紹介していきますので、お悔やみやビジネスシーンでぜひお役立てください。

ご尊父とは?親族の敬語表現|ご尊父を使ったお悔やみの例文3つ
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本有数の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

ご尊父とは

改まった席や、マナーを重視するシーンでは、言葉遣いに気をつけなければなりません。言葉遣いのマナーの1つに相手の呼び方があり、その中に「ご尊父」という言葉があります。

今回は、ご尊父とはなにか、親族の敬語表現、ご尊父を使ったお悔やみの例文3つを紹介していきます。まずは以下で家族や親族の敬語表現について見てみましょう。

家族や親族を表す敬語表現がある

日本語には相手を敬う呼び方がたくさんあります。例えば、「◯◯さん」「◯◯さま」などもその1つです。家族や親族の場合は、「お父さん」「叔父さん」などがありますが、ほかの表現方法もあります。

映画やテレビドラマなどで「父上」「母上」などの言葉を聞いたことがあるでしょう。この表現も家族を敬う表現方法です。ご尊父はそのような表現方法と同じように、相手を敬う言葉です。

「ご尊父」の意味と使い方

ここからは、「ご尊父」の意味と使い方について見てみましょう。「ご尊父」は「父」という文字が入っているため、父親のことを示していることがわかりますが、具体的にどのような意味があるのでしょうか。

以下では、「ご尊父」の読み方と意味、使い方を説明していますので、ぜひチェックしてみてください。

「ご尊父」の読み方と意味

「ご尊父」は「ごそんぷ」と読み、第三者の父親を敬う言葉です。「ご」は「御」のことで、尊敬や丁寧の気持を表す言葉です。

「尊父」だけでも相手の父親を尊敬する意味合いがありますが、一般的に「ご尊父」とすることが多いです。「ご尊父」は、「お父さま」と同じような表現ですが、「お父さま」よりもやや改まった表現です。

使い方

日常的に「ご尊父」という表現を使用することは少ないでしょう。しかし、お悔やみやビジネスシーンなどではこの表現を使用するのが適切な場合もあります。

以下では、お悔やみの場合とビジネスシーンの場合での「ご尊父」の使い方を紹介します。これまで「お父さま」などの表現しか知らなかった人は、ぜひチェックしてマナーを向上させてみてください。

お悔やみで使用する場合

お悔やみで使用するのは、弔辞や弔電を読む時などがあります。「ご尊父」は第三者の父親を指す言葉なので、父親を亡くした遺族に対してのお悔やみがそれに当たります。

また、第三者の父親が喪主で、喪主に宛てた弔電の場合は「ご尊父」という表現を使うことができます。ただし、故人に向けた弔辞の場合は「ご尊父」ではなく「お父さま」「お父上」などの表現が一般的です。

ビジネスで使用する場合

ビジネスシーンでは、会社関係者に向けた文書や挨拶などで使用されます。また、取引先の相手への報告の際に「ご尊父」を使うこともあります。「ご尊父」でも敬う言葉にはなりますが、弔電では「ご尊父さま」という表現を使うのが一般的です。

家族・親族を表す敬語表現

ここからは、家族・親族を表す敬語表現を紹介していきます。「ご尊父」は第三者の父親の敬語表現ですが、他の家族、親族にも敬語で表現する言葉があります。

先にも説明したように、お悔やみやビジネスシーンでは言葉遣いに気をつける必要があるため、家族や親族の敬語表現を知っておくと良いでしょう。では、以下で1つずつ見ていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

1:ご母堂

家族・親族を表す敬語表現の1つ目は、ご母堂です。ご母堂は「ごぼどう」と読み、第三者の母親を尊敬する言葉です。ご尊父の使い方と同じように、「ご母堂さま」という表現を使うこともあります。

2:ご岳父

家族・親族を表す敬語表現の2つ目は、ご岳父です。ご岳父とは、「ごがくふ」と読み、自分の妻の父親を尊敬する言葉です。父親なので「ご尊父」としたいところですが、妻の父親の場合は「ご岳父」を使うのが正しいです。

3:ご夫君様・ご主人

家族・親族を表す敬語表現の3つ目は、ご夫君様・ご主人です。ご夫君様とは「ごふくんさま」と読み、第三者の夫を尊敬する言葉です。同じ意味の言葉にご主人がありますが、ご夫君様の方が改まったシーンに適しています。

4:ご令室

家族・親族を表す敬語表現の4つ目は、ご令室です。ご令室は「ごれいしつ」と読み、第三者から見た妻を尊敬する言葉です。

ただし、結婚式の招待状で使用する場合は、ご令室ではなく令夫人を使うのが一般的です。また、弔電などの受取人が同僚や部下の父の場合は、「ご令室さま」とすることが多いです。

5:ご子息・ご令息

家族・親族を表す敬語表現の5つ目は、ご子息・ご令息です。ご子息・ご令息は、「ごしそく」「ごれいそく」と読み、他家の息子を敬う言い方です。「ご子弟」や「お坊ちゃま」なども同じ意味です。

日常会話では「息子さん」という言い方もしますが、敬語としては正しくありません。改まった席やお悔やみではご子息・ご令息を使いましょう。

6:ご息女・ご令嬢

家族・親族を表す敬語表現の6つ目は、ご息女・ご令嬢です。ご息女・ご令嬢は、「ごそくじょ」「ごれいじょう」と読み、他家の娘を敬う言い方です。「ご子女」や「お嬢さま」などと同じ意味で使われます。

また、「娘さん」という言い方は日常会話では問題ありませんが、目上の人に対しては不適切とされています。ビジネスシーンやお悔やみなどではご息女・ご令嬢を使いましょう。

敬語のマナーをもっと知りたい人に

敬語のマナーをもっと知りたい人になのは、「大人なら知っておきたいモノの言い方サクッとノート」という本です。この本では、仕事や冠婚葬祭で役立つ敬語のマナーが紹介されています。

実例と解説がテンポ良く登場するため、サクサクと読みやすいでしょう。好印象になるキーフレーズが多数紹介されているところもポイントです。電話の対応や接客、目上の人への日常的な会話など、さまざまなシーンで役立てられる一冊です。

モノの言い方ノートというタイトルですが、
接待での話のフリ方や、ビジネスメールの文例や、
冠婚葬祭マナーなど幅広く使える会話集です。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3IX9K7CDDSM... |

「ご尊父」を使用したお悔やみの例文3つ

ここからは「ご尊父」を使用したお悔やみの例文を紹介します。お悔やみは、訃報を受けた際の返事や、葬儀などで遺族や喪主に伝えます。相手は身内を亡くし、大変傷心しているため、些細な言葉遣いの誤りでも敏感になり、傷つけてしまうことがあります。

そのため、お悔やみの言葉はマナーを守って伝えることが大切です。以下では「ご尊父」を使ったさまざまなシーンのお悔やみの例文を挙げてみましたので、ぜひ参考にしてください。

1:故人と知り合いの場合

「ご尊父」を使用したお悔やみの例文の1つ目は、故人と知り合いの場合です。故人と知り合いの場合は、故人との生前のエピソードを入れると良いでしょう。例文は以下のようになります。

「ご尊父様のご訃報に接し、心からお悔やみ申し上げます。ご尊父さまとは◯◯を一緒に行ったこともあり、大変おせわになりました。心からご冥福をお祈り申し上げます。」

2:故人の遺族と知り合いの場合

「ご尊父」を使用したお悔やみの例文の2つ目は、故人の遺族と知り合いの場合です。故人の遺族と知り合いの場合は、遺族の心中を案ずる言葉を入れると良いでしょう。例文は以下のようになります。

「ご尊父さまのご訃報に、社員一同、謹んで哀悼の意を表します。ご遺族さまのご心痛をお察し申し上げます。どうぞ安らかにお眠りください。」

3:故人が恩人である場合

「ご尊父」を使用したお悔やみの例文の3つ目は、故人が恩人である場合です。故人が恩人の場合は、感謝の言葉を入れると良いでしょう。例文は以下のようになります。

「ご尊父様の悲報に接し、誠に痛惜の念でいっぱいです。生前は私どもに対して◯◯をしてくださり、ここまで成長することができました。生前のご功労に感謝すると共に、心よりご冥福を心よりお祈り申しあげます。」

「ご尊父」を正しく使おう

今回は、ご尊父とはなにか、親族の敬語表現、ご尊父を使ったお悔やみの例文を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ご尊父は第三者の父親を敬う言葉で、お悔やみやビジネスシーンなどで使用されます。紹介した使い方を踏まえ、「ご尊父」を正しく使いましょう。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本有数の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

初回公開日:2019年01月04日

記載されている内容は2019年01月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related