Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月24日

家族葬で香典を辞退したい場合|香典を辞退された場合の対処方法

家族葬を行う葬儀は、香典を辞退するというケースが増えてきています。ここでは、家族葬で香典を辞退すると決めた遺族側と香典を辞退すると聞いた参列者側のマナーを紹介していきます。お互いに配慮して、亡くなった故人の冥福を祈りましょう。

家族葬で香典を辞退したい場合|香典を辞退された場合の対処方法
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

家族葬で香典を渡すのか

家族だけで故人と別れることを決めた場合に悩みの種になることが多いのが、香典です。家族葬をする遺族はもちろんのこと、家族葬すると聞いた参列者にとってはどうしたら良いか悩む場合も多いでしょう。

香典を辞退しようと考えている家族葬であっても、香典を持ってきた人にどのような態度で臨めば良いのか悩んでしまうというケースも増えてきています。ここでは、家族葬を香典辞退について詳しく紹介していきます。

香典の意味

そもそも香典とは、お通夜や告別式に参加する際に持っていくお金のことです。香典の風習は、主に仏教の考え方です。霊前に供えることで故人の冥福を祈る他、遺族の金銭的な助けになるものとして認識されてきました。

香典に包む金額は、故人とどのような関係であったのかによって変わってきます。地域によっても、習慣が異なります。また仏教徒でない場合であっても、香典に該当するお金のお供えが存在するので注意しましょう。

香典を渡さなくていい立場の人

香典を渡さなくていい立場の人は、遺族が家族葬なので香典を辞退すると表明した場合は葬儀に参加したすべての人が渡さなくてもいい立場になります。自分が香典を渡さなくてもいいか悩んだ場合は、喪主に相談しましょう。

また、喪主の妻は、香典を受け取る葬儀であっても香典を渡さなくていい立場と言えます。さらに親が亡くなった時に喪主以外の兄弟階ある場合は、香典を出さずに葬儀費用を折半する方法が取られることがあります。

香典を渡す立場の人

反対に香典を渡す立場の人は、故人と親しい関係になったり遺族とのかかわりが強い人です。家族葬で香典を辞退すると聞いても、葬儀などには香典を持っていくという人も少なくありません。

葬儀やお通夜に参列した場合は、香典を渡すことが一般的です。さらに事情があって葬儀などに参列できなかった場合も、関わりが深い間柄である人は香典を後日渡したり、 現金書留で郵送で渡す方法を取ることも多いです。

家族葬で香典を辞退する場合

ここからは、家族葬で香典を辞退する場合について詳しく紹介していきます。最近では香典を辞退する家族葬が増えてきているので、どうするか悩む人は参考にしてみましょう。

ここで紹介している家族葬で香典を辞退するのはなぜかという目的、どのようにして香典を辞退することを周りに伝えるか、辞退すると宣言していたにも関わらず貰ってしまった場合どうするかということは、家族で事前に知識を共有しておきましょう。

家族葬で香典を辞退する目的

家族葬で香典を辞退したい場合|香典を辞退された場合の対処方法
ここからは、具体的にどうして家族葬で香典を辞退するのかということについて紹介してきます。家族葬で香典を辞退する人が増えてきているということは、何かしらの目的があるからと言えます。

この目的を知っておくことは、トラブルを避けることにも繋がります。葬儀では香典を受け取って当然だという考えを持つ世代にとっては、香典辞退が理解できず感情的になる場合もあります。目的を遺族で共有し、円滑に葬儀を進めましょう。

1:故人の遺志

家族葬で香典を辞退する目的には、故人の遺志で家族葬にして香典を辞退するという場合もあります。故人が残された家族に負担を掛けたくないと感じている場合は、遺言や家族が集まった時に香典辞退の話をしているでしょう。

また故人がはっきりと明言していない場合であっても、失礼のないようにと故人の遺志で辞退すると葬儀の案内状などに書くことがあります。無用なトラブルを避けたい遺族が、使うことが多いです。

2:参列者の負担を減らす

参列者の金銭的な負担を軽くすることは、家族葬で香典を辞退する大きな目的です。不幸事は、突然起きます。参列者によっては、給料日前で生活が苦しい人もいます。参列者に配慮することで、今後の人間関係をスムーズできます。

さらに香典のことを気にしなくても良いので、参列者はお悔やみに集中することができるでしょう。また参列者にとっても、香典の相場に悩んだりしなくても済むので精神的な負担を軽減することができます。

3:お葬式の費用を抑えたい

家族葬で香典を辞退する目的には、お葬式の費用を抑えたいということもあります。香典を受け取る大きな葬儀では、何かと葬儀の費用が膨らむという指摘があります。

さらに香典だけでは、葬儀の費用を賄うことが難しいです。そのため、香典を辞退する家族葬の形にして葬儀の費用の軽減を目指す家族も増えています。突然不幸があったという遺族は、香典を辞退することで金銭的な悩みを少なくする効果が期待できます。

家族葬で香典の辞退の方法

ここからは、家族葬で香典を辞退すると決めた場合にどうしたらいいのかについて紹介していきます。香典の辞退は、スムーズに関係者に伝えないとトラブルの原因になる可能性もあります。どうするか知っておきましょう。

どのタイミングで香典を辞退するかを参列者に告げる際には、遺族の中で合わせておきましょう。それぞれがバラバラのタイミングで香典の辞退を申し入れすると、後の人付き合いにまで影響する可能性があります。

1:訃報の連絡時に伝える

訃報の連絡時に参列者に伝えることは、最もスマートな方法と言えます。訃報を聞いてすぐに駆けつけようとする人もいるので、事前に一言伝えておきましょう。遠方から参列する人にとっても、早めに連絡します。

さらに参列者にとっても、訃報の連絡時に伝えてもらうとお通夜や葬儀のために香典を用意する必要が無いので、手間を省くことができます。理由を聞かれた場合は、家族葬だからや故人の遺志でと伝えておくと無難でしょう。

2:お葬式当日に伝える

訃報の連絡をしなかった人やできなかった人には、お葬式当日に香典を辞退する必要があります。この場合は受付で直接伝えるだけでなく、辞退する旨を伝える看板や張り紙を出しておくと良いでしょう。

お葬式当日に伝えるということは、相手は香典を用意してお葬式会場に足を運んでいる可能性があります。相手にとってはせっかく用意したのに受け取らないなんてと不愉快な気分になる人もいます。お断りする際は丁寧な言い方にします。

香典を辞退したのに貰った場合

ここからは、香典を辞退したのに貰った場合について紹介していきます。辞退すると断っているのに、無理に手渡してくる人もいるでしょう。受け取らないとつっぱねてしまうと、後でトラブルになる可能性があります。

香典を受け取ってほしいという申し出が合った場合は、素直に受け取っておきましょう。断固拒否という態度を見せれば、印象が悪くなります。受け取った人は、リストしておき喪が明けたころに香典返しをします。

香典返しの相場

香典返しの相場は、受け取った香典の半分くらいの値段です。49日法要が、終わったらお返しの品の用意をしましょう。消え物が望ましいと言われているので、洗剤や海苔などが定番です。

49日法要に参加する人の場合は、重たくない物を選ぶとスマートでしょう。最近ではカタログギフトを利用するという人も、少なくありません。地域の風習や相手との関係や相手の年齢、家族構成などを吟味して選ぶと問題ありません。

家族葬で香典を辞退された場合

家族葬で香典を辞退すると言われた場合は、香典を無理に用意する必要はありません。香典を受け取ってほしいと考える人もいるでしょうが、残された遺族の負担を少しでも減らそうという気持ちで対応しましょう。

最近では、家族葬で香典を辞退する式は増えてきています。弔意を表したいという気持ちが強い人は、香典を渡すこと意外で気持ちを表現してみましょう。以前貰った香典の額を記録している家は、時代の変化に対応しましょう。

1:香典だけ辞退された場合

香典だけ辞退された場合は、供物や供花で代わりをすることもできます。線香やロウソク、お菓子などが一般的で、葬儀場を取り仕切っている業者に相談すれば用意してもらえるでしょう。

供花の場合は、仏教式の場合は菊や百合のアレンジが一般的です。地域や宗派によってアレンジ方法が異なるので、事前に花屋さんで用意してくることはおすすめできません。やや割高になることもありますが、葬儀場で供花をお願いすると良いでしょう。

2:香典以外も辞退された場合

香典以外も辞退されている場合は、辞退するという遺族の意向に従います。お供えできない分、思いで供養するほかありません。後日お墓参りにいくなど、別の形で行動に移しても良いでしょう。

どうしても気持ちがすっきりしない場合は、残された遺族の気持ちになって考えてみましょう。香典を受け取るということは、遺族にとって金銭面だけでなく、精神的な負担になることが多いです。遺族の気持ちを汲み取って行動しましょう。

香典に興味がある人におすすめの本

香典に興味がある人は、「最新ビジュアル版 冠婚葬祭お金とマナー大事典―いくら贈る?きちんとふるまうコツがよくわかる」がおすすめです。lこの本があれば、香典だけでなく慶事の際のお金について理解することができます。

大人のマナーとして知っておきたいお金の知識が書かれているので、今さら人に聞けないことも恥をかかずにスマートにこなすことができるでしょう。自宅に置いて家族でチェックすることがおすすめです。

家族葬には参列するべきか

ここからは、家族葬だと伝えられた場合にそもそも参列するべきかどうかについて紹介していきます。遺族から家族葬で行うのでと言われた場合は、自分は家族ではないので参列しても良いか悩む人も多いでしょう。

家族葬のマナーを知って、遺族の負担にならない振る舞いをしましょう。

1:参列した方がいい場合

参列した方がいい場合は、訃報連絡が直接遺族から来た場合です。あなたは、故人や遺族と親しい関係だと遺族も感じているからです。葬儀の案内などに葬儀場の場所などが記載されていたという人も、参列した方がいいでしょう。

悩む場合は、故人との最後の別れになるので参列した方がいいです。

2:参列を控えた方がいい場合

参列を控えた方がいい場合は、遺族から直接連絡が来ていない場合や亡くなったという話は聞いたけれど家族葬をするからと言われて会場などの詳細が伝えられていない場合です。

さらにそれほど親しい間柄ではなく他人から家族葬があると聞いた場合も、控えておいた方が遺族の負担にならないです。

3:参列も香典も辞退された場合

参列も香典も辞退された場合、落ち着いてから訪問して弔意を示すことがおすすめです。参列も香典も辞退された場合は、供花や供物なども控えておきましょう。弔電も時に遺族の負担になるので、様子を見て送るかどうか決めましょう。

家族葬で香典を辞退する時はお互いの配慮が大切

香典を辞退する家族葬をする場合は、遺族も参列者もお互いに配慮しましょう。今後香典を辞退する家族葬が増えていくと推測されるので、これを機会に自分の家では何かあった時にどのように取り扱うか話し合っておくと良いです。

Related