Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月09日

ならやま会館ってどんな葬儀場?セットプランなど特徴9つ

奈良市にあるならやま会館が人気です。どうして人気なのか、長年愛される理由をご紹介します。また、式場や待合室、大広間、プラン、葬儀の流れなど、気になるならやま会館の特徴を9つもお伝えしますので、葬式を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ならやま会館ってどんな葬儀場?セットプランなど特徴9つ
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

ならやま会館とは

ならやま会館は、奈良県にある葬儀場で、(株)公益社が運営しており、創業50年を超える、地域に根ざした、実績ある葬儀社です。

奈良市内と生駒市には、ならやま会館のグループ施設「ほうれん会館」「メモリアルホール登美ヶ丘」があります。メモリアルホール登美ヶ丘は、近年人気の家族葬のために建てられた斎場です。

奈良市にある人気の葬儀場

ならやま会館は、奈良市佐保台にある人気の葬儀場です。ならやま会館は、さまざまな形の葬儀に対応できるように、大小のホールと、60畳と14畳の広間を擁しています。

本社は、奈良市法蓮町にあります。2階建ての本社は、1階に30名程の式が行える葬儀場があり、2階に霊安室と事務所が設けられています。

ならやま会館が人気の理由

ならやま会館が人気の理由として、一番最初にあげるのは、スタッフ対応の素晴らしさです。スタッフのきめ細やかな対応を「安心して葬儀ができた」「心配りに感謝している」と利用者は高く評価しています。

ならやま会館では、伝統的な葬儀の形式を大切にしながら、遺族の意見も尊重した葬儀が行えます。グループ施設も二ヶ所にあり、いろいろな葬儀を行えるのも、人気の理由でしょう。

ならやま会館の特徴9つ

ならやま会館は、建物の使いやすさや、わかりやすい料金プランなどでも評判が高いです。

ならやま会館の9つの特徴「式場」「待合室」「大広間」「葬儀の流れ」「セットプランと料金」「プラン料金以外の費用」「オーダープラン」「食事」「アクセス」について説明します。

1:式場

ならやま会館の式場は、少人数の家族葬から、大規模な一般葬に対応できます。ならやま会館は2階建てで、葬儀に使える部屋は4つあります。

1階は、200名収容の大ホールと祭壇が設置できる14畳の和室があり、2階には60名収容の小ホールと30畳大広間があります。大ホールと小ホールに隣接するロビーには葬儀の様子がわかるモニターを設置しています。参列者の人数が予想を超えてしまっても対応することができます。

2:待合室

ならやま会館は、待合室という名前ではありませんが、親族控室と式辞執行控え室が1階と2階に各々設けられています。親族控室は和室で、ゆっくりとくつろぎながら式を待つことができます。

1階、2階共にロビーが広く、ソファーもあるので、葬儀の参列者も葬儀が始まるまで、ゆっくりと待機できるでしょう。

3:大広間

ならやま会館は、2階に30畳の大広間があります。大広間は、祭壇も設置できるので、自宅のような和室で葬儀をしたい方や、四十九日の法要などにも利用できるでしょう。

1階には、平城の間と呼ばれる、14畳和室もあります。こちらも祭壇が設置できるので、家族葬や、ごく身近な親族だけでの法要に向いているでしょう。

4:葬儀の流れ

ならやま会館で行われる、代表的な仏式の葬儀の流れを紹介しましょう。

1.亡くなった時・ならやま会館に電話する
2.搬送
3.打ち合わせ
4.各方面への連絡
5.納棺の儀
6.通夜式
7.告別式・出棺
8.火葬・お骨拾い
9.精進落とし(火葬中に行うことが多い)
10.初七日法要(告別式当日に繰り上げることも可能)

宗派の確認、遺影用の写真、葬儀費用などを事前に確認しておくと、葬儀で慌てることが少なくすみます。

5:セットプランと料金

ならやま会館には、以下の5種類のセットプランがあります。

・直葬プラン:150,000円(税抜き)
・60プラン:660,000円(税抜き)
・80プラン:880,000円(税抜き)
・インターネット限定一日葬プラン:310,000円(税込)
・インターネット限定家族葬プラン:479,000円(税込)

公益社の会員になると、割引特典があります。

6:プラン料金以外に費用がかかる場合

ならやま会館の葬儀で、追加費用は以下のような場合にかかります。

・寝台車(車庫~安置所)(10km利用の場合※深夜込)
・式場使用料が別途必要となる場合
・プラン想定人数より、参列人数が増える場合
・安置日数の延長や、付き添いによる宿泊、遺族控室の追加利用などが発生する場合
・プランに含まれる物品仕様のグレードアップ、スタッフ人数の増員を希望する場合 

などがあげられます。

7:オーダープラン

ならやま会館では、セットプラン以外に、亡くなった方や家族の希望に沿った、オーダープランで葬儀を執り行うことができます。葬儀の場所は、ならやま会館とグループ会館の部屋を使う場合と、自宅で行う場合が多いです。

オーダープランでは、故人の趣味を反映させて、ホールの一隅にお茶席をもうけた葬儀や、親族と会葬者を合わせて15名だけの小さな葬儀、慣れ親しんだ自宅での葬儀など、多様な葬儀に対応しています。

8:食事

ならやま会館は、式場の別室で葬儀の後に仕上げの食事もできます。その際の食事や通夜振る舞いも、ならやま会館で手配してくれるでしょう。多くの葬儀社と同様にならやま会館でも、食事代はセットプランの料金に含まれません。

通夜振る舞いは、参列者の2/3人分位の料理と料理よりも多めの飲み物準備することが多いです。精進落としは、一人当たり3,000~5,000円程度の懐石料理や仕出し弁当を振る舞います。

9:アクセス

ならやま会館は、電車と徒歩、バス、自家用車でも行けるアクセスの良い葬儀場です。JR平城山駅から徒歩10分の場所にあります。バスを利用する場合は、JR・近鉄奈良駅より近鉄高の原駅行きバスで佐保台西口バス停下車、徒歩3分です。

ならやま会館は、特に自家用車を使う場合に便利です。外環状線のならやま大通り沿いにあるので、わかりやすく、200台駐車可能の駐車場も完備されているので安心です。

ならやま会館でお葬式を考えている方におすすめの一冊

ならやま会館で、お葬式を考えている方におすすめする一冊は「身近な人が亡くなった後の手続きのすべて」です。葬儀や法要、名義変更や公的手続きなど、身近な方が亡くなったときに行うことを、わかりやすく説明しています。

終活を行っている方も、参考になる一冊です。遺言書の書き方や贈与の方法など、生前対策についても詳しく紹介されています。葬儀の形や葬儀場選びと共に、一読してみてください。

ならやま会館のグループ施設

ならやま会館には、二つのグループ施設「メモリアルホール登美ヶ丘」と「ほうれん会館」があります。メモリアルホール登美ヶ丘は、小ホールが充実しており、ほうれん会館は一日一組限定の家族葬ができる施設です。

それぞれの施設について紹介しましょう。

メモリアルホール登美ヶ丘

メモリアルホール登美ヶ丘は、奈良市に隣接する生駒市にあり、3階建ての葬儀場で、各階に一つずつ、計3つの式場があります。50名ほどが集えるホールと30名ほどが集えるホール、もっと小規模の葬儀ができる部屋もあります。

近鉄けいはんな線、学研奈良登美ヶ丘駅から徒歩6分で鹿ノ台東1丁目バス停から徒歩1分の場所にあります。自家用車を使う場合も交通アクセスがよく、40台分の駐車場があるので安心です。

ほうれん会館

ほうれん会館は、親族と会葬者で30名までの葬儀、家族葬のための葬儀場です。ほうれん会館は式場が一部屋だけなので、他の葬儀を気にせずに、故人とゆっくりお別れができます。

ほうれん会館は、近鉄奈良線新大宮駅から徒歩10分の場所にあり、駐車場も10台分あるのでアクセスも良く、便利です。

ならやま会館の特徴を知ろう

ならやま会館について紹介しましたがいかがでしたか。悲しみの中にあっても、慌ただしくても家族の葬儀は行わなければなりません。奈良市で長年にわたって、葬儀場を営んできたならやま会館は、信頼と実績のある会社です。

ならやま会館は、昔ながらの伝統ある葬儀にも、新たに主流となりつつある家族葬やオリジナリティのある葬儀にも対応できます。奈良市で葬儀を考えている方は、ならやま会館も検討するといいでしょう。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

Related