Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月21日

お通夜にふさわしい服装とは|弔事用に持っておきたい小物3点

お通夜とは、故人が亡くなった晩に行われる儀式です。お通夜に参列する際には、どのような服装で行けばよいのでしょうか。この記事ではお通夜にふさわしい服装に加えて、弔事用に持っておきたい小物についてもご紹介しています。ぜひご覧ください。

お通夜にふさわしい服装とは|弔事用に持っておきたい小物3点
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

お通夜とは

「お通夜がどのようなものなのか、いまいちよくわからない」という社会人の方も少なくないことでしょう。

核家族化が進み、また近所づきあいも減少しつつある今日では、お通夜を含めたお葬式に参列したことがないという方も少なくありません。

ここではまず、お通夜とはどのような儀式であるのかを見ていきましょう。

お葬式との違い

お通夜とは、故人が亡くなった晩に家族や親しい人がご遺体を囲み、故人をしのぶための儀式のことです。

葬式とは親族や身内が行うお通夜と、その後に行われて身内や親しい人以外も参列する葬儀・告別式を総称するものであり、葬儀と告別式は一緒に行われるのが一般的です。

なお、以前はご遺体に悪霊が憑かないように見張るために夜通しお通夜が行われていましたが、現在では1~3時間ほどで終わる半通夜が多くなっています。

お通夜に参列する際にふさわしい服装は?

以上では、お通夜の基本情報について確認してきました。お通夜に参列する上で多くの人にとって悩みの種となるのが、「どんな服装で行けばいいのか」ということです。

大人のマナーとして、お通夜という場をわきまえた服装で参列する必要があります。ここからは、お通夜に参列する際にふさわしい服装についてご紹介していきますので、ぜひ参考になさってみてください。

男性の服装

まずは、お通夜にふさわしい男性の服装からチェックしていきましょう。お通夜に男性が参列する場合、ブラックスーツを着用するのが一般的です。

以下では、ブラックスーツの選び方やそれと合わせるべきネクタイやシューズ・靴下などについて詳しく解説していますので、ぜひチェックしてみてください。

1:喪服

お通夜にふさわしい男性の服装として挙げられるのが、喪服です。男性の喪服は「準喪服」と呼ばれるブラックスーツとなりますが、紳士服売り場に売っている普通の無地の黒色のスーツを着て行けば問題ありません。

ただし、お通夜は「訃報に接して取り急ぎ駆け付ける」という意味合いもありますので、喪服ではなく平服で参列してもOKです。

2:ワイシャツ

ワイシャツは白色で無地のものを着用するということも、お通夜に参列する際にふさわしい男性の服装のポイントの一つとして挙げられるでしょう。

柄入りのワイシャツや色付きのワイシャツはカジュアルな印象を与えてしまいますので必ず避け、シンプルな白のワイシャツをブラックスーツに合わせるのがお通夜にふさわしい服装です。

なお、カフスはシングルカフス・ダブルカフスのどちらでも問題ありません。

3:ネクタイ

お通夜に参列する際の男性の服装のポイントの一つとして、ネクタイは黒色で無地のものを選ぶということも挙げられます。

ブラックスーツと白のワイシャツに、弔事用の黒のシンプルなネクタイを合わせるのが、お通夜の男性の服装のマナーです。

なお、ネクタイを結び際にはディンプルを作らず、プレーンノットで結ぶ必要があるということも覚えておきたいポイントの一つです。

4:ベルト

ベルトは黒のシンプルなものを選ぶということも、お葬式に参列する際に覚えておきたい男性の服装のポイントとして挙げられるでしょう。

基本的にお葬式では革製品は殺生を連想させるのでNGとされていますが、ベルトに関しては革のものを使っても問題ありません。

ただし、光沢感が強いものは避けたほうが無難でしょう。また、黒の無地のベルトでも、カジュアルなナイロン素材のものはNGです。

5:靴下

お通夜にふさわしい男性の服装のポイントの一つとして挙げられるのが、靴下は黒の無地のものを選ぶということです。

お通夜では靴を脱いで畳の上に上がることが多く、意外と他の人から靴下を見られますので、失礼のないように必ず黒のビジネスソックスを履いていきましょう。

ちなみに、黒の無地のデザインであってもくるぶし丈はカジュアルすぎるのでマナー違反になります。

6:シューズ

靴は黒のビジネスシューズを履いていくということも、お通夜にふさわしい男性の服装のポイントの一つとして挙げられるでしょう。

お葬式には革製品はタブーとされていますが、ベルトと同様靴に関しても例外的に革製のもので問題ありません。

ただし、爪先が鋭くとんがったデザインのものや光沢感が強いものは避けたほうがベターです。

女性の服装

以上では、男性が覚えておきたいお通夜の際の服装のポイントについてご紹介してきました。ここからは、お通夜に参列する際にふさわしい女性の服装についてチェックしていきましょう。

女性の場合は、肌の露出を避けた控えめで落ち着いた服装で参列するのが必須です。以下では服装のマナーについて詳しく解説していますので、ぜひ参考になさってみてください。

1:喪服

お通夜に参列する際の女性の服装としては、喪服が最も無難であり一般的です。

お通夜を含むお葬式に参列する際の女性の喪服とは、ブラックフォーマルスーツのことで、パンツスタイルよりもワンピースやスカートを着用する割合のほうが多いです。

なお、暑い夏の季節は喪服のジャケットを着ずに黒のワンピースだけでもOKです。ただし露出を控えるために半袖は避け、5分丈のものを選ぶとよいでしょう。

2:アクセサリー

アクセサリーは基本的につけないということも、お通夜に参列する際の女性の服装のマナーのひとつとして挙げられるでしょう。

結婚指輪を除き、基本的にアクセサリーはつけるべきではないとされていますが、故人をしのんで流す涙を連想させる小ぶりな真珠のネックレスやイヤリングならばつけても問題ありません。

ただし、何点もつけてしまうと華美な印象を与えてしまいますので、多くとも2点ほどに留めておきましょう。

3:手袋

お通夜に参列する際にふさわしい女性の服装のポイントとして、手袋は黒の弔事用のものを選ぶということも挙げられます。

お通夜に参列する際に手袋は必須ではありませんが、メッシュや網状で黒色の弔事用の手袋であれば、はめていっても問題ありません。

とりわけ自分で簡単にオフできない派手なジェルネイルをしている場合には、爪を隠すためにも手袋をはめることをおすすめします。

4:バッグ

バッグは黒の無地のデザインのものを持参するということも、お葬式に参列する際に覚えておきたい女性の服装のマナーのひとつです。

冠婚葬祭用の小さめで黒色のシンプルなデザインであり、なおかつ革が使われていないバッグをチョイスしましょう。

革製のバッグは殺生をイメージさせてしまうので、マナー違反に当たります。また、光沢が強いものもお通夜にはふさわしくありませんので、マットな素材感のものを選びましょう。

5:ストッキング

お葬式に参列する際にふさわしい女性の服装のポイントとして、ストッキングは黒を着用するということも挙げられます。

お通夜を含むお葬式では肌の露出は厳禁ですので、例え暑い夏であっても黒のストッキングを履く必要があります。

生足が厳禁なのはもちろんのこと、肌色のストッキングもNGです。また、黒のストッキングでも柄入りのものはNGですので、無地のものを選びましょう。

6:パンプス

パンプスはフォーマルなデザインで黒色のものを選ぶということも、お通夜に参列する際に覚えておきたい女性の服装のポイントの一つです。

妊婦さんなどはぺたんこ靴でもOKですが、特に体調に不安がない場合には3~5センチほどの高さで太めのヒールの黒のパンプスを履いていきましょう。

光沢があるものは避ける必要があります。また、華美な印象を与えるピンヒールもNGです。

学生の服装

ここからは、お通夜に参列する際にふさわしい学生の服装についてご紹介していきます。

大人と違い、学生の場合にはお通夜に参列する際に喪服の着用は必須ではなく、地味で落ち着いた色・デザインの平服でも問題ありません。

ただし、平服を着用して参列する場合には肌の露出を控えること、また光沢のあるものや華美なデザインのものは避けることが必要です。

学校の制服

学生の場合お通夜には必ずしも喪服を着用する必要はありませんが、喪服で参列したい場合には制服を着て行きましょう。

学生にとっては制服がフォーマルな服装ですので、喪服として制服を着用することができます。

また、靴下は白のソックスでも問題ありませんが、くるぶし丈のソックスやルーズソックスはカジュアルすぎるので避けましょう。

弔事のマナーとして持っておきたい小物3点

以上では、お通夜に参列する際にふさわしい服装をご紹介してきました。ここからは、弔事のマナーとして持っておきたい小物を3つピックアップしてご紹介していきます。

急なお葬式の際に慌てることのないように、あらかじめ以下で取り上げる小物を用意しておいてはいかがでしょうか。

1:数珠

弔事のマナーとして持っておきたい小物としてまず挙げられるのが、数珠です。

数珠と一口に言っても宗派によってその色やデザインは千差万別ですが、宗派に関係なく利用できる略式数珠を一つもっておけば何かと便利でしょう。

なお、故人がキリスト教徒など仏教徒以外の場合には数珠は不要です。

2:袱紗

袱紗も、弔事のマナーとして持っておきたい小物の一つとして挙げられるでしょう。香典を素のままで持参するのはマナー違反にあたりますので、必ず袱紗で香典を包んで持参する必要があります。

赤やピンクなど明るい色は慶事に使うものですので、弔事には紺や灰色など暗い色の袱紗を持参しましょう。

ちなみに、紫色ならば慶事と弔事の両方に使えますので、一枚もっておくと便利です。

3:ハンカチ

ハンカチも、弔事のマナーとして持っておきたい小物の一つとして挙げられるでしょう。

ハンカチは白あるいは黒の無地のものを持参し、明るい色や柄入りのものは避けるのがマナーです。なお、白・黒色でシンプルな無地のデザインであれば、レースや刺しゅう入りのものでも問題ありません。

ただし、タオル素材のハンカチはややカジュアルな印象を与えてしまいますので、避けたほうが無難です。

お通夜にふさわしい服装で参列しよう

今回はお葬式にふさわしい服装について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。社会人にもなると、急にお葬式に参列しなければならなくなることもあるでしょう。

社会人としての嗜みとして、お通夜にはそれにふさわしいフォーマルな服装で参列しましょう。

Related