Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月20日

葬儀で供える花のマナー10個|供花の注文ができるサイト

葬儀に送る花の事を「供花」と言います。供花は使者の霊を慰めたり、葬儀会場を飾る意味もあります。どうしても葬儀に参列できない時は、供花を送ることもあるでしょう。供花を送る時のマナーや急な訃報にも対応できるサイトを紹介します。

葬儀で供える花のマナー10個|供花の注文ができるサイト
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

葬儀で供える花とは

訃報を知ったら供花(きょうか)を送り故人を偲びます。供花はお悔やみの気持ちを込めた花を葬儀場に供えます。供花を送る時は決まりやマナーがあります。葬儀に供花を送る時に気を付けたいことを解説します。

決まりはある?

供花とは、個人に供えるお花の事です。死者の例を慰めるとともに、祭壇や会場を飾る意味もあります。遺族は親族、個人と親しかった人が送ったり、遠くて葬儀に参列できない人が送ります。

最近では香典辞退の葬儀があり、そのような場合供花や花輪を送ります。送る時は、葬儀の形式やどのような種類の花にしているかを確認します。送るタイミングや予算を考えて、失礼の無いようにしましょう。

葬儀で供える花のマナー10個

葬儀で供えるお花は、ある程度のルールが決まっています。急な訃報で慌てないために、葬儀で使う供花について詳しく調べておきましょう。葬儀で供える花のマナー10個を紹介します。

マナー1:おすすめの花

供花には菊を中心にした和風タイプとユリやトルコキキョウを中心にした洋風タイプがあります。どちらのタイプにするかは、遺族と葬儀屋が打ち合わせで決めているでしょう。供花を送る時は、一基か一対かを聞かれるだけでしょう。少し前は一対で送ることが多かったですが、最近では一基が増えてきています。

故人によっては、特定の花だけを使うケースもあります。どのような花を選ぶべきか迷ったら、葬儀会社に問い合わせましょう。

マナー2:相場

供花の相場は7,000円から20,000円です。かなり幅がありますが、これはどのような種類を送るかによって値段が変化します。供花は一つを一基(いっき)と呼び、二つで一対(いっつい)になります。

およその目安で、葬儀斎場の中に飾る大きな供花は、生花が一基で15,000円から20,000円になり、一対の場合は倍になります。葬儀斎場の外用の花輪は15,000円から20,000円、籠盛りは7,000から20,000円です。

マナー3:贈る時の手順

供花を送る時は遺族の了承を得ることが大切です。葬儀に参列できないからと言って、遺族の了承なしに供花を贈ることはマナー違反になります。場合によっては、贈った供花を辞退されるケースもあるでしょう。

遺族の了承を得たら斎場を確認します。葬儀を担当する葬儀会社に供花の依頼をします。送り主と個人の関係性をはっきり伝えておくと、飾る時に困らないでしょう。自分で手配する時は、花屋さんやネットを利用しましょう。

マナー4:仏式の供花

仏教の葬儀に供花を送る時は、籠盛りしたフラワーアレンジメントが一般的でしょう。広い会場で葬儀を行う時は、フラワースタンドを一基贈ると良いでしょう。どのようなスタイルにするか悩んだ時は、花屋さんや葬儀社などに相談してみましょう。

仏教の葬儀は、宗派や地域よって供花に違いがあります。関西地方の葬儀は樒(しきみ)と呼ばれる細長い白い花を送る習慣があります。また、造花でブリザードフラワーを使うケースもあります。

マナー5:神式の供花

神式の葬儀では、仏式と同じ供花でかまいません。籠盛りやフラワースタンドを使用した供花を贈ります。かつては神道で榊が送られていましたが、最近では喪主である祭主が榊をその得てそれ以外の人は花を供えることが多いでしょう。

ただし、仏教のように胡蝶蘭などを飾ることはありません。白いユリや菊が一般的でしょう。

マナー6:キリスト教

キリスト教の葬儀では、フラワースタンドや花輪などを供花として贈る事はありません。キリスト教は、死は永遠の命の始まりと解釈し、死ぬことは喜ばしいことと考えます。供花は故人の霊前に供える花では無く、遺族への慰めとして贈ります。

遺族が辞退するケースがありますから、供花を送る際は必ず確認をしましょう。贈る場合は、生花でフラワーアレンジメントが無難でしょう。仏教のように成果に名札は付けませんから注意しましょう。

マナー7:供花の札名

葬式に参列すると、供花に添えられている札を目にします。そこに書かれている名前を見て故人と親交のあった人を知ることができます。法人で供花を送る場合は、会社名を正式名称で書き部署を入れます。

個人で送る場合は個人名で送り、連名の場合は、肩書のある人を右側から順に書きます。人数が多くなると友人一同などの形で書きます。故人の子供や親戚など、多くの人で送る場合は、兄弟一同などと書きます。

マナー8:送る時期

供花はお通夜前の祭壇に飾る花です。送ることを決めたらなるべく早く依頼する事になります。遅くても通夜の始まる約3~4時間あたりを目安にします。葬儀社に依頼したり、お花屋さんに注文をします。

どうしてもお通夜に間に合わない場合は、葬儀を終えた後、自宅に飾る供花を送っても良いでしょう。この時は、四十九日まで送るようにします。

マナー9:身内の場合

身内の葬儀では供花を必ず送る必要はありません。身内の葬儀では、親戚一同、孫一同などの名前でまとめて送られることが多いでしょう。地域やしきたりによって決まっている事もあるので、葬儀の前に、親や兄弟、親せきに相談してみると良いでしょう。

マナー10:枕花

枕花は、亡くなった人の枕元に飾る花の事です。訃報を聞いた神速や近親者が故人を偲んで自宅に送る花です。お通夜までの間、個人の枕元に飾ります。枕花も白やブルー系の種類をアレンジメントにします。供花との大きな違いは、飾る場所と期間です。

枕花も葬儀社やお花屋さんに注文をして自宅に配送してもらいます。相場は10,000円程度で良いでしょう。キリスト教の場合は、小さめの籠にアレンジメントしてもらうと良いでしょう。

供花の注文ができるサイト

供花を送る時、近所に花屋さんが無くてもネットで簡単に注文できます。それぞれのサイトによって特徴が異なりますから、送る人の事を考えて選ぶと良いでしょう。訃報はある日突然聞くものです。

急な訃報にも速やかに対応してくれるサイトばかりです。供花を送れるサイトを紹介します。

swanflorist

swanfloristは、冠婚葬祭の花を全国に配送してくれるサイトです。ここのショップには、花専門のスタッフやコンシェルジュがいます。どんな種類の花を送ったらよいのか、葬儀の慣習やマナーに悩んだら相談に乗ってもらえます。

法人からの注文が多いサイトですから、少し難しいお願いも応えてくれるでしょう。注文した供花は、全国の生花店もしくは宅配便で届けられます。高品質で安価な供花が送れるでしょう。

business flower

business flowerは最短二時間で供花を届けてくれるサイトです。自宅へ送る枕花も同じくらいの時間で配送してくれます。急な訃報にも対応してくれるスピード感のある会社です。全国に提携している花屋さんがあり、手持ち配送をして開封設置までしてもらう事ができます。

また、供花に添える電報は0円で利用でき、お花代だけで気持ちを伝えられます。遠方で葬儀に出席できない人は助かるサービスでしょう。

eflora

efloraは全国に1227店の加盟店を持ち、商品数10000点以上のお花屋さんです。ここでは「おまかせ商品」があり、地域によってしきたり風習が異なる供花の悩みを解消してくれます。供花のスタイルやデザイン、製作を花屋さんにお任せして送り主は注文するだけです。

送料無料で葬儀場まで届けてくれます。朝10時まで注文すれば当日配送を利用できます。スピード感を持った手渡しで、安心してお願いできるでしょう。

葬儀で供える花のマナーをおさえておこう

供花についてよくわりましたか。供花には決まりやマナーがありました。葬儀のスタイルによって供花の送り方も違うので、マナー違反にならないように注意しましょう。訃報を受けたら、葬儀に供える花のマナーを知って送りましょう。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

Related