Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月18日

関係によって決まる?お見舞いの金額の目安6つ|品物4選

お見舞いの金額は入院している人とどのような関係なのかで変わって来ます。お見舞い金を送る際はお互いの立場を尊重する金額を考えて、余計な心配や気苦労をさせないようにしましょう。また手紙や品物を送る際も思いやりのある言葉を送ったり実用的な物を選びます。

関係によって決まる?お見舞いの金額の目安6つ|品物4選
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

お見舞いの金額とは

お見舞いの際の金額を適切に判断しないとお互いの立場を危うくするでしょう。自分がお見舞いに行くときに適切な金額を考えて送らないと、お互いの関係を保てなくなるからです。そうならないためにも相場をおさえておきましょう。

本人がお見舞いへ行くときは、一緒に行く人と同じくらいの金額にしたり送るものも相手が喜ぶものを送るようにします。

お見舞い金のマナー

新札のお金を渡さないようにして、包む袋は紅白の結び切りののし袋を選びましょう。また手紙を一緒に送る際も「死」を連想させる言葉を避けるようにします。病気を連想させないことが第一なので気をつけてお見舞いを送りましょう。

入院している人に花を送る際も菊や香りの強いものは避けて、またフルーツなども多く送らないようにします。

いつ渡せばいい?

お見舞いのお金を渡す際は、病室に入って話をして10分ほどしたら渡すようにしましょう。なぜなら面会時間が短い場合あるので、渡し損ねることもあるからです。そうならないためにも一緒に行く人と打ち合わせをしてお見舞いの金額を決めておき渡しましょう。

お見舞いに行く人が渡すタイミングを考えておき、入院している人に迷惑にならないように渡すようにします。そのためには、検査や診察の時間を避けて早めに渡しましょう。

関係別のお見舞いの金額の目安6つ

お見舞いに行く相手によってお見舞い金額を変えるようにしましょう。お互いの立場を尊重することを考えないと、お見舞いを渡しても喜んでもらえないことがあるからです。

自分でお見舞いの際の相場金額を覚えておき、渡すようにしましょう。そのためには世間の相場と自分自身の収入を考えてお見舞い金額を決めるようにします。

1:職場の人の場合

職場の人にお見舞いを送る際の金額は、3,000円から5,000円ほどになります。あまり多いと今生の別れを連想させるので何か物を送る際も同じくらいの金額のものを送るようにしましょう。

職場の同僚とお見舞いに行くことが多いので、業務を滞りなく進めていることを話して相手の心配事を無くすようにします。そのためには、会社に残された人でしっかり仕事をする必要がありでしょう。

2:家族の場合

自分の家族にお見舞いを送る際の金額は1万円ほどになります。兄弟や親の場合が多いので、入院してかかる費用を考えて1万円ほどを送るようにしましょう。また困っていることはないのかを聞いておきできることをするようにします。

家族同士のお見舞いでお金以外のものを送る際は実用的なものを送るようにしましょう。また家族でしか安心を与えられないこともあるので、思いやりのある会話をするようにします。

3:親戚の場合

自分の親戚にお見舞いを送る際は、5千円から1万円ほどになります。親戚でも自分と近い立場の人ならば、1万円を送り、また遠い親類ならば5千円を送るようにしましょう。また普段会っていない相手なら多く送ることを考えるようにします。

親戚の人が入院している場合は、親類の家族と自分が協力して過ごしていることを話すようにして安心感を感じてもらいましょう。

4:友人の場合

自分の友達や友人にお見舞いを送る際の金額は5千円ほどになります。あまり金額が多いと相手も困惑することがあるので、適切な額を送るようにしましょう。友達にお見舞い金を送る際は金額が多くなくても良いですが、頻繁に顔を見せるようにします。

友人へお見舞い金を送る際は、本人がお金を使うことが少ないので旧札で送ることを考えたり、また贈り物もその友達同士でしか分からない喜ぶものを送るようにしましょう。

5:知人の場合

知人の人へお見舞い金を送る際は5千円ほどを送るようにしましょう。どのような知り合いなのか分からないので、多い金額は相手に気を遣わせてしまうからです。入院している人が余計な心配をしない金額を送るようにしましょう。

知人といってもどのような関係なのかで金額は変わってくるので、一緒にお見舞いに行く人とよく話し合って決めるようにします。

6:ご近所さんの場合

ご近所さんにお見舞い金を送る際は5千円ほどになります。退院しても、気兼ねなく付き合うために多い金額を送らないようにしましょう。

地域ぐるみでの付き合いがある場合は、近所で活動していることが滞りなく進んでいることを話して安心感を持ってもらいます。また、退院後の話などをして元気つけてあげるようにしましょう。

お見舞いにおすすめの品物4選

お見舞いの品を送る際も、なるべく実用的な物を選ぶようにしましょう。入院中の人は病気を治すのが先決なので、早く病気を治してもらうためにも本人にプラスになる本や気分転換ができる物を選ぶようにします。

入院している人に品物を送る際は、本や食べやすい果物、またはタオルや看病に使える物を送るようにしましょう。

1:タオル

タオルを送る場合は、使いやすい物を送るようにしましょう。お見舞いに来た人がタオルを送る際は使いやすい物を選び、使うことで会ったことを思い出して闘病の励みになる品物を送るようにします。

タオルを送る際も一言メッセージを加えておいたり、イニシャルの刺繍をつけてオリジナルの物を送るようにしましょう。

2:ハーバリウム

お見舞いの際は生花でなくても、ずっと楽しめるハーバリウムを送ることも考えておきましょう。ドライフラワーをオイルで保存するので、長い間楽しめるので花の処理に困らないからです。

お見舞いに行く人がハーバリウムを送る際は、手作りの物を送ったり退院した際に一緒にハーバリウムを作ることを話して元気づけてあげましょう。

3:本

本を送る際は気分転換ができるものを送るようにしましょう。自己啓発本や前向きな本などは重荷になるのでやめておきます。

お見舞いに行く人が本を送る際は、児童書やファンタジー物の本を選ぶようにして気分転換ができるものを渡すようにしましょう。

4:スイーツ

スイーツを送る際も食べやすい物を送るようにしましょう。ベッドの上でも食べやすい崩れない物を選ぶようにします。例えば、型崩れしないモンブランや、プリンを選んで食べてもらうことで気分転換をしてもらいましょう。

入院している人にスイーツやフルーツを送る際は多く送らないようにして、フルーツなどもグレープフルーツなどスプーンで食べれるものを選ぶようにします。

お見舞いの金額の相場をおさえておこう

お見舞いの金額を理解していなければ、お互いの立場を保てないことがあります。入院している人のことを第一に考えて品物やお見舞金を送るようにしましょう。そうしなければ、余計な心配をさせて治療に専念できないからです。

入院している人の治療やその後のことにも関わってくるので、お見舞い金は一緒に行く人と適切な金額を考えて送るようにしましょう。

Related