Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月28日

三回忌にふさわしい服装|施主側や参列者など6パターンを解説

三回忌にはどのような服装で参列するのが望ましいのでしょうか。服装についてあれこれと悩んでしまう方も多いはずです。この記事では三回忌にふさわしい服装を男女別・年代別、あるいは立場別にそれぞれご紹介していますので、ぜひ参考になさってみてください。

三回忌にふさわしい服装|施主側や参列者など6パターンを解説

三回忌とは

物式の考えでは、故人が亡くなられた日を含む49日まではその魂はあの世とこの世に行き来しており、49日を迎えるとあの世に旅立つとされています。

あの世では閻魔大王などによって7日ごとに生前の行いの審判を受けるとされているため、故人の魂が安らかに成仏できるように、極楽浄土に行けるように7の倍数の日や命日に故人の魂を供養します。

ここでは、年忌供養の一つである三回忌の基本情報からチェックしていきましょう。

三回忌の意味

三回忌とは故人が亡くなってから丸二年後に執り行う年忌供養のことです。

三回忌のあり方は地域や宗派によって若干異なりますが、お坊さんをお招きして読経を行ってもらい、参列者がお焼香を上げてからお坊さんに法話をしてもらい、最後に参列者を施主が会食でもってもてなすのが一般的です。

親族や故人が生前親しかった人々で集まり、故人を偲んでその供養を行うことこそが、三回忌の目的になります。

三回忌の数え方

三回忌は「三」という数字がついてはいますが、年忌法要は数え年で行いますので、故人が亡くなられてから丸二年後に行うことになっています。


つまり、一周忌の翌年に行われるものが三回忌になります。ちなみに、仏式の考えでは「三」と「七」という数字を重視するため、一周忌とその翌年の三回忌の後には、七回忌を行います。

七回忌の場合も数え年ですので、故人が亡くなられてから6年後に行うということを覚えておきましょう。

三回忌にふさわしい服装とは

以上では、知っているようで意外と多くの人が知らない三回忌の意味や数え方などの基本情報についてご紹介してきました。

三回忌を執り行う際に、あるいはそれに招かれた際に悩みの種となるのが、「どんな服装で行けばよいのか」ということです。

ここからは、三回忌にふさわしい服装を立場別・男女別、あるいは年代別にご紹介していきますので、服装選びで悩んだ時にぜひ参考になさってみてください。

1:施主側の服装(男性)

まずは、三回忌にふさわしい施主側の男性の服装からチェックしていきましょう。以前では三回忌の法要にも正喪服を着用する施主側の男性も少なくありませんでしたが、最近では正喪服ではなく準喪服にあたるブラックスーツを着用する男性も増えてきています。

いずれにせよ、どのような雰囲気の三回忌を執り行うのかによって、その服装を決めたほうがよいと言えるでしょう。

礼服

三回忌にふさわしい施主側の男性の服装としてまず挙げられるのが、礼服です。ブラックスーツに、黒色無地の弔事用のネクタイと白色無地のワイシャツを着用するのが一般的です。

ベルトや靴下・靴やカバンも黒色で統一しましょう。ベルトや靴は革製品のものでも問題ありませんが、光沢のあるものやカジュアルなデザインのものは避ける必要があります。

靴下は黒色無地であってもくるぶし丈のものはカジュアルすぎるのでNGです。

身内のみの場合

身内のみで三回忌を執り行う場合にふさわしい施主側の男性の服装としては、準喪服や略喪服が挙げられるでしょう。

準喪服にあたるブラックスーツか、あるいは黒色や紺色・グレーなどの落ち着いたダークカラーのスーツを着用するのが一般的です。ダブルでもシングルでもどちらでもOKです。

ネクタイは弔事用の黒色無地である必要はありませんが、赤色や派手な柄物は避け、ブルーやグレーなどの落ち着いたものを選ぶとよいでしょう。

2:施主側の服装(女性)

それでは、三回忌にふさわしい施主側の女性の服装としてはどのようなものが挙げられるのでしょうか。

女性の場合も男性と同様に正喪服を着用する必要は必ずしもなく、多くの場合が準喪服か略喪服を着用します。

ただし、いずれの服装にせよ華美なデザインや露出の多いものは避けるのが鉄則です。また、メイクは色味とツヤ感を抑え、髪型はダウンスタイルを避けてシンプルなまとめ髪にするのがマナーです。

礼服

三回忌にふさわしい施主側の女性の服装としてまず挙げられるのが、礼服です。黒色無地のブラックフォーマルスーツを着用するのが、三回忌の施主側の女性の服装としては最も多いパターンになります。

露出を避ける必要がありますので、正座をした時でも太ももや膝小僧が見えてしまわない丈の長さのスカートやワンピースを着用しましょう。

また、暑い夏であっても黒ストッキングの着用は必須です。

身内のみの場合

身内のみで三回忌を執り行う場合の施主側の女性の服装としては、略喪服が適していると言えるでしょう。

黒色か紺色の無地で上品なデザインのワンピースを着用するか、あるいは黒色や紺色・グレーなどダークカラーのスーツを着用すれば問題ありません。

アクセサリーは結婚指輪を除き、できるだけ控えたほうが無難ですが、小ぶりなパールのネックレスやイヤリングなど2点までならば身に着けても問題ありません。

3:参列者の服装(男性)

以上では、三回忌の施主側の服装についてご紹介してきました。それでは、三回忌に招かれた場合はどのような服装で参列すればよいのでしょうか。

まずは、男性の場合のふさわしい服装についてチェックしていきましょう。男性の参列者の服装としては、特に事前に「平服でお越しください」との案内がない限りは、準喪服を着用していくのが一般的です。

以下では詳しくご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

略礼服

三回忌にふさわしい男性の参列者の服装としてまず挙げられるのが、略礼服です。男性参列者の場合は黒色や紺色、あるいはグレーといったダークカラーであり、なおかつ無地のデザインのスーツを着用して参列するのが一般的です。

ネクタイは弔事用の黒色無地である必要はありませんが、紺色やグレーなど控えめな色・柄のものを選びましょう。また、ワイシャツは白色無地にするのがマナーです。

「平服で」と言われた場合

三回忌を執り行うにあたって、事前に「平服でお越しください」との案内を出すご遺族も増えてきています。

「平服で」と案内を受けた場合には、落ち着いた控えめなダークスーツを着用していきましょう。ワイシャツは白色で、ベルトや靴下・靴は黒色で統一するのが一般的です。

平服とカジュアルな普段着とは異なるものですので、間違ってもパーカーなどのラフな格好をしていかないようにしましょう。

4:参列者の服装(女性)

それでは、三回忌に招かれた女性の場合にはどのような服装で参列するのがよいのでしょうか。

ここからは、三回忌にふさわしい女性の参列者の服装について見ていきましょう。女性の場合には服装はもちろんのこと、メイクやヘアスタイルに関しても華美にならないように気を配る必要があります。

濃いアイシャドウや口紅・チークは避け、髪の毛は上品で控えめなまとめ髪にするのが鉄則です。

略礼服

三回忌にふさわしい女性の参列者の服装としてまず挙げられるのが、略礼服です。

黒色無地のブラックスーツに、黒のストッキングと黒色無地のパンプスを合わせるのが一般的です。

ブラックフォーマルを着用する必要は必ずしもありませんが、リボンやレースなどの装飾の多いものや光沢のある素材のものは避ける必要があります。

また、パンプスは3~5センチほどの高さで太めのヒールのものをチョイスしましょう。

「平服で」と言われた場合

三回忌をかしこまって執り行うのではなく、アットホームな雰囲気の中執り行うご家庭も最近では増えてきています。

事前にご遺族の方から「平服でお越しください」との案内を受けている場合には、黒色や紺色の無地のワンピースかダークスーツを着用していくのが一般的です。

ただし、この場合においてもスカートやワンピースを着用する際には黒色ストッキングを着用する必要があります。また、露出の多い服装はNGです。

5:学生の服装

それでは、学生の場合はどのような服装で三回忌に参列すればよいのでしょうか。

学生にとっては学校の制服がフォーマルな礼服にあたりますので、制服を着用して参列すればOKです。

一般的にNGとされる明るい色や柄物であっても、制服のデザインならば問題はありません。ただし、くるぶし丈ソックスやルーズソックス、短くしたスカートなどはマナー違反に当たりますので避ける必要があります。

6:子供・乳幼児の服装

子ども・乳幼児にどんな服を着せて三回忌に参列すればよいのでしょうか。

子どもや乳幼児の場合は礼服を着用する必要は必ずしもなく、黒色や紺色、あるいはグレーなどのダークカラーで控えめなデザインの服を着用すれば問題ありません。

女の子の場合にはワンピースだけでも、白の襟付きブラウスとスカートでもOKです。男の子の場合は、無地のシャツとズボンか、それにジャケットをプラスするのもよいでしょう。

法事用に持っておきたい小物3点

以上では、三回忌にふさわしい服装について詳しくご紹介してきました。ここからは、法事用に持っておきたい小物を3つピックアップしてご紹介していきます。

法事に招かれた時に慌てないでいいように、社会人になった時にはマナーとして以下で取り上げる小物を用意しておくとよいでしょう。

1:数珠

法事用に持っておきたい小物としてまず挙げられるのが、数珠です。故人の供養のために数珠は必須アイテムです。

数珠の色やデザインは宗派によってさまざまですが、どんな宗派にも使えるように略式念珠を一つ持っておくと便利でしょう。

2:袱紗

袱紗も、法事用に持っておきたい小物の一つとして挙げられるでしょう。法事の際には香典を持参するのが鉄則ですが、そのままでは失礼に当たりますので、必ず袱紗に包んで持参しましょう。

なお、法事用には暗い色の袱紗を持っていく必要があります。紫色ならば弔事にも慶事にも使えるので便利です。

3:ハンカチ

ハンカチも、法事用に持っておきたい小物の一つとして挙げられます。ハンカチは黒色か白色の無地のデザインのものを一枚用意しておくとよいでしょう。

黒色あるいは白色の無地であっても、タオル素材のようなカジュアルなものは避けたほうがベターです。

三回忌にふさわしい服装を知ろう

三回忌にふさわしい服装|施主側や参列者など6パターンを解説
今回は三回忌をテーマに、男女別・立場別・年代別に望ましい服装についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

三回忌は故人を供養する上で大切な年忌供養ですので、それにふさわしいきちんとした服装で参列するようにしましょう。

Related