Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月28日

七回忌の服装とは|施主側や参列者など6つの立場の服装を解説

故人が亡くなられてから丸6年目にあたる年に行う年忌供養のことを、七回忌と言います。この記事では七回忌法要にふさわしい服装を施主側や参列者などの立場別に、また男女別にご紹介しています。服装に悩んだ時にぜひ参考になさってみてください。

七回忌の服装とは|施主側や参列者など6つの立場の服装を解説
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

七回忌とは

仏式の考えでは、故人の魂は亡くなられた後49日間はあの世とこの世をさまよい、そして49日にあの世に旅立つとされています。

また、あの世では7日ごとに閻魔大王から生前の行いについて審判を受けるとされているため、故人が極楽浄土に行けるように7の倍数のつく日や命日ごとに供養を行うことになっています。

ここではまず、年忌供養の一つの節目となる七回忌の目的や意味に加えて、その数え方についても見ていきましょう。

七回忌法要の目的や意味

まずは、七回忌法要の目的や意味についてチェックしていきましょう。七回忌法要とは故人が亡くなられてから節目となる6年目の命日に、故人の冥福を祈ることを目的として行われる年忌供養です。

仏式の考えでは「三」と「七」という数字を重視するため、三回忌法要が終わった後には七回忌法要を行うことで、家族や親族などで故人が極楽浄土で幸せでいられるように供養を行うことになっています。

七回忌の数え方・実施時期

七回忌法要は「七」という数字がついていますが、故人が亡くなられてから7年目ではなく6年目に行われる年忌供養になります。それなのになぜ「七回忌」と呼ぶのでしょうか。

七回忌法要といった仏式の供養では数え年を採用しているため、故人がなくなられた年を一年目とし、丸六年目にあたる年の命日までに七回忌供養を行うことになっています。

また、命日に親族が集まれない場合には、別の日程に七回忌を行う場合もあります。

七回忌にふさわしい服装

以上では、知っているようで意外と多くの人が知らない七回忌法要の目的や意味に加えて、その数え方といった基本情報についてご紹介してきました。

それでは、七回忌法要を実際に執り行うにあたって、どのような服装をしていけばよいのでしょうか。

ここからは、あらかじめ知っておきたい七回忌法要にふさわしい服装について立場別・男女別に、あるいは年代別にご紹介していきますので、服装選びに迷った時に参考にしてみてください。

三回忌までの服装との違い

まずは、三回忌法要と七回忌法要の服装の違いについて確認しておきましょう。

故人が亡くなられてから2年後に行われる三回忌法要には家族のみならず親族や生前故人が親しかった人も参加することが多いため、きちんとした服装であることが望ましいとされていますが、七回忌法要の場合は身内のみで執り行うことが多いため、そこまでかしこまった服装である必要はありません。

以下では、七回忌の服装について詳しく見ていきましょう。

1:施主側の男性の服装とポイント

まずは、七回忌法要を執り行う施主側の男性の服装からご紹介していきます。基本的に施主側の男性は、ダークカラーのスーツを着用するのが一般的です。

七回忌法要ともなると家族のみで執り行う場合が多いため、準喪服を着用する男性は少なく、それよりも格式の低いややカジュアルな略礼服を着用する方が多いと言えるでしょう。

以下では、男性が着用する略礼服の具体例について詳しくご紹介していきます。

略礼服

七回忌にふさわしい施主側の男性の服装として挙げられるのが、略礼服(略喪服)です。喪服には正喪服・準喪服・略喪服の3つの格式がありますが、これらの中で最も格式が低くカジュアルな服装に当たるのが略喪服です。

黒色や紺色といったダークカラーで無地のスーツに、白色無地のワイシャツとネイビーやグレーといった落ち着いた色・柄のネクタイを合わせるとよいでしょう。

また、靴下やベルト・靴は黒色で統一します。

2:施主側の女性の服装とポイント

それでは、七回忌にふさわしい施主側の女性の服装としてはどのようなものが挙げられるのでしょうか。

七回忌ともなると家族以外の人をお招きすることも少なくなるため、女性の場合も男性と同様に、準喪服ではなく略喪服を着用するのが一般的です。

ただし、略喪服とは言っても光沢のあるものや露出の多いものはご法度です。また、メイクに関しても色味やツヤ感を抑えること、髪の毛はまとめ髪にすることが必須です。

略礼服

七回忌法要にふさわしい女性の服装として挙げられるのが、略礼服(略喪服)です。

女性の場合は黒色か紺色といったダークカラーの無地のスーツか、あるいは黒色か紺色のシンプルで控えめなデザインのワンピースを着用するのが一般的です。

パンツスタイルでももちろんOKです。また、スカートやワンピースを着用する場合には、座っても太ももや膝小僧が見えない丈が長めのものを選び、黒ストッキングを履きましょう。

3:男性の参列者の服装とポイント

以上では、七回忌を執り行う施主側の男性と女性の服装のポイントについて見てきました。それでは、七回忌に招かれた場合はどのような服装で参列するのが望ましいのでしょうか。

ここからは、男性の参列者の服装のポイントについてご紹介していきますので、「どのような服装で参列すればよいのかわからない」と迷った時にぜひ参考になさってみてください。

略礼服

七回忌法要にふさわしい男性の参列者としてまず挙げられるのが、礼服の中でも最も格式が低く、比較的カジュアルな装いである略礼服です。

男性の場合は略礼服として、黒色か紺色の無地のスーツに白色無地のワイシャツと、落ち着いた控えめな色合い・柄のネクタイを合わせて参列するのが一般的です。

ただし、光沢感のある素材のスーツやネクタイなどは避けましょう。また、靴下と靴・ベルトは黒色で統一するのがマナーです。

平服

七回忌の服装とは|施主側や参列者など6つの立場の服装を解説
七回忌ともなると、格式ばった雰囲気ではなくアットホームな雰囲気の中で法要を執り行うご家庭も多いことでしょう。

事前にご遺族の方から「平服でお越しください」との案内を受けている場合には、黒色や紺色・グレーなどのダークカラーのスーツといった平服で参列しましょう。

なお、平服とカジュアルな普段着とは全く違うものですので、間違ってもパーカーやスニーカーなどで参列しないようにしましょう。

4:女性の参列者の服装とポイント

それでは、七回忌法要に招かれた女性はどのような服装で参列するのが望ましいのでしょうか。ここからは、女性の参列者におすすめの服装とそのポイントについてそれぞれご紹介していきます。

女性の場合は略礼服あるいは平服で参列するのが一般的ですが、いずれの服装の場合も華美なデザインのものや露出は避けるのが鉄則です。

また、メイクは控えめにして髪の毛はまとめ髪にし、香料のある整髪剤や香水を使わないようにしましょう。

略礼服

七回忌法要にふさわしい女性参列者の服装としてまず挙げられるのが、略礼服です。

七回忌法要ともなるとご遺族の方であっても正礼服や準礼服を着ることはほとんどなく、ご遺族の方よりも格式の高い礼服を着用するのは失礼に当たりますので、ダークカラーのスーツなどの略礼服を着用しましょう。

また、露出は避ける必要がありますので胸元の開いたものや丈の短いスカート・ワンピースは避け、黒ストッキングを着用します。

平服

七回忌法要ともなると、ご遺族の方もかしこまった服装ではなく比較的ラフな服装で臨まれることが多くなってきます。

「平服でお越しください」との案内があった場合には、黒色か紺色の無地の上品なワンピースなどを着用して参列しましょう。

据わった時に膝小僧や太ももが見えないやや長めの丈のものを選ぶこと、黒ストッキングを着用することも必須のマナーです。

また、夏の場合には露出の多い半袖は避け、五分袖を選びましょう。

5:学生の服装

それでは、学生の場合は七回忌法要の際にどのような服装で行けばよいのでしょうか。

学生にとっては制服がフォーマルな服装に当たりますので、制服を着用して七回忌法要に参列するのが望ましいと言えるでしょう。

一般的に喪服としてNGとされる明るい色や柄物であっても、制服のデザインであれば問題ありません。

ただし、くるぶし丈ソックスやルーズソックス、あるいは丈を短くしたスカートはマナー違反に当たります。

6:子供・乳幼児の服装

小さなお子さんや乳幼児がいる場合には、どのような服を着せて七回忌法要に参列すればよいのでしょうか。

小さなお子さんや乳幼児の場合は喪服を着用させる必要はなく、黒や紺色・グレーなどの落ち着いた色であり、なおかつ上品で控えめなデザインの服を着せればOKです。

乳幼児の場合には薄い水色の服でも問題ありません。ただし、明るい色や華美なデザイン、キャラクターものは避けるのが鉄則です。

法事用に持っておきたい小物3点

以上では、七回忌法要にふさわしい服装の具体例について詳しく解説してきました。七回忌法要を含めた法事で恥をかかないように、服装だけでなく持参する小物についても気を配る必要があると言えるでしょう。

ここからは法事用に持っておきたい小物を3つピックアップしてご紹介していきますので、まだもっていない方は社会人の嗜みとしてぜひ用意してみてはいかがでしょうか。

1:数珠

法事用に持っておきたい小物としてまず挙げられるのが、数珠です。数珠は故人の供養を行う際に欠かせない必須アイテムです。

数珠のデザインや色の種類は宗派によってさまざまですが、黒色で一連の略式念珠ならば宗派に関係なく使用することができますので、一つもっておくと便利でしょう。

2:袱紗

袱紗も、法事用に持っておきたい小物の一つとして挙げられるでしょう。法要の際には香典をお渡しするのが必須ですが、そのままお渡しするのは失礼に当たりますので、必ず袱紗に包んで持参する必要があります。

袱紗の色は慶事用の明るい色から弔事用の暗い色までさまざまな種類のものがありますが、紫色ならば慶事にも弔事にもどちらにも使えますので、一つ持っておくと何かと重宝するでしょう。

3:ハンカチ

ハンカチも、法事用に持っておきたい小物の一つとして挙げられます。法事用のハンカチとしては、黒色か白色の無地でシンプルなデザインのものが鉄則です。

なお、控えめなものであればレースなどの飾りが少しついてあっても問題ありません。

七回忌にふさわしい服装を知ろう

今回は七回忌法要をテーマに、ふさわしい服装を年代別・男女別・立場別にご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

七回忌法要ともなると略礼服や平服で参列するのが一般的になります。七回忌法要には立場によってふさわしい服装が異なりますので、自分の立場に合わせた服装で参列しましょう。

Related