Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月21日

親族の通夜までの流れ|知っておくべき5つのマナー

通夜に参列した経験があっても、自身が喪主になり進行したことがない人が多くいます。そのため、通夜を行う親族になるとどのように進行したらよいのか分からない人が多くいるのではないでしょうか。ここでは、親族が効率よく通夜を行う方法を紹介しています。

親族の通夜までの流れ|知っておくべき5つのマナー
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

通夜とは

親族の通夜までの流れ|知っておくべき5つのマナー
通夜とは、夜通し明りをともして故人とゆかりが深い人達が集まることです。親族はもちろんですが、今まで関係がある人は故人を偲ぶための時間であり、一般的に夕方から1時間~2時間程度行われます。

一般客の訪問が終わると親族が翌日になるまで明かりと線香の火を消さないような番をする必要があります。一人だけでこの役割を果たすことは疲れてしまうため、分担する場合が多いです。

遺族・親族の臨終からお通夜までの流れ

親族の通夜までの流れ|知っておくべき5つのマナー
身内が亡くなってから通夜までにはさまざまな手続きをする必要があります。そのため、葬式をすることに慣れていない場合は、手続きの仕方も分からない場合が多く戸惑ってしまうことも少なくありません。

身内が亡くなるだけでも精神が疲れている状態にも関わらず、慣れない手続きをするとさらに疲れ果ててしまいます。そのような状態にならないためにも通夜までの流れを把握しておくことをおすすめします。

1:お寺を決める

親族が亡くなった場合は、葬儀屋を決めるとともにお寺も決める必要があります。一般的に一つの家庭には宗派があり、亡くなられた親族と同じ宗派のお寺に頼むことが多いです。そのため、以前同じ親族の方が亡くなった際に頼んだお寺にお願いすれば問題ない場合が多いです。

お寺の住職にもさまざまな予定があるため、時期によっては中々予約が取れない場合もあります。

2:死亡届と火葬許可申請書

親族が亡くなった場合は、県や市に親族が亡くなったことを知らせる書類を作成する必要があります。死亡届けは親族が作成することは珍しく、一般的には亡くなった病院で作成してくれる場合が多いです。

また、遺体を火葬するための許可を申請する書類を作成する必要もあります。どちらも手続きを行わずに通夜を進めてしまうと後にトラブルの原因になります。葬儀屋によってはまとめて行ってくれることもあります。

3:葬儀の形式、規模、場所

葬式といってもさまざまな形式があるため、通夜の時に葬儀屋と親族と共に決める必要があります。葬式の形式や規模によっては必要になるお金も大幅に変わるため、より慎重に選ぶことが大切です。

また、故人の遺言などで小規模な葬式をして欲しい趣旨がある場合は、故人の気持ちを優先して小規模の葬式にするようにしましょう。葬式に出す料理や棺の種類までさまざまな選択肢があるため、時間がかかる作業でもあります。

4:お通夜、葬儀の日程を決める

通夜は亡くなった時間帯によりますが、亡くなった翌日の夕方に行われ、その次の日には葬式を行うことが一般的です。しかし、友引などの日とかぶってしまうことはよいことではないので日付を遅らせることがあります。

また、お寺の人の予定もあるため、さまざまな条件から通夜や葬儀に日程を決めることが必要です。早めに決めて参列する人にも連絡しないといけないため、早い段階で親族らと相談することをおすすめします。

5:喪主を決める

通夜や葬式を取りまとめる喪主を決めないことには、物事が前に進みません。基本的に喪主は男性がする場合が多く、故人との関係が深い親族の男性が喪主を務めることが多いです。喪主を決める際に親族と相談することは少なく自動的に喪主が決まることが多いです。

例えば、妻が亡くなれば当然夫が喪主になりますが、夫が亡くなれば妻ではなく長男が喪主をすることがあります。しかし、大人になった長男に限ります。

6:お通夜の準備

葬式の準備もしなければなりませんが、葬式の前にある通夜の手続きや準備をする必要があります。葬式の段取りや準備は通夜が落ち着き、参列者がいなくなって親族だけになってから相談することをおすすめします。

通夜にも一般の参列者が大勢来るため、喪主や親族の方は忙しい時間が始まります。そのため、通夜が始まるまでにできるだけ準備を済ませておくことをおすすめします。

1:会場設営

通夜を行うためには、それなりの会場を用意する必要があります。葬儀屋に頼んでいれば同時に通夜のための準備も職員の方がしてくれるため、大幅に親族側の手間を削減することができます。

特に会場設置の準備は主に葬儀屋が行ってくれるため、親族は他の準備をすることをおすすめします。しかし、葬儀屋を利用しないと手間が増えてしまうため、慣れていない人は葬儀屋に頼むようにしましょう。

2:供花の配列を決める

通夜や葬式といえば会場の前や棺の周りに飾る花が印象的です。花の配列や数、種類なども親族が決める必要があるため、葬儀屋の方とよく相談することをおすすめします。花の配列や数によって通夜や葬儀の印象を大きく変えてしまう準備でもあります。

花の数が少なければ貧層に感じられ、多すぎると故人と合っていない通夜や葬儀になります。花自体を用意する必要はありませんが、配列や数は親族が決める必要があります。

3:令状・返礼品の確認

葬儀の時や葬儀が終わった時には、礼状や返礼品を用意する必要があります。返礼品は参列してくれた人へのお返しの品であり、さまざまな物を返礼品として贈ります。返礼品の決まりは特にありませんが、誰でも使えるものを選ぶことをおすすめします。

返礼品は参列者ごとに違いを出すのではなく、みな同じ返礼品に統一することがマナーです。お得意様だからといって特別な返礼品を渡してしまうとトラブルの原因になります。

4:弔問客の受付

通夜や葬式の時に故人の親族や関係が深い人達が参列しますが、受付なしで参列することはできません。弔問客の受付を用意する必要があります。受付には親族の女性に任せられる場合が多いですが、あまり関係が深くない親族が選ばれやすいです。

また、地域によっては親族が受付をするのではなく、近所の住民が代わりに受付をしてくれる場合があります。参列してくれた人の名前を残すことでお礼もしやすくなります。

5:通夜

通夜を親族だけで行おうとすると手間がかかるだけではなく、進行も効率よく進ませることができないため、葬儀屋などを利用することをおすすめします。通夜の進行がグダグダになってしまうと参列者だけではなく他の親族の迷惑にもなります。

そのため、喪主の方やより関係が深い親族の方は通夜の滞りなく進ませるように心がけましょう。気になることは葬儀屋に聞くことをおすすめします。

6:通夜振舞い

通夜が始めるとさまざまな参列者が会場に来るため、喪主や親族の方は挨拶をする必要があります。特に決まった挨拶の仕方はありませんが、あまり大きな声で発言しないことをおすすめします。

通夜は粛々と行われることが理想なため、少し声のボリュームを下げて話すように心がけましょう。また、時間がくると親族は席に着き、住職のお経を聞きます。

7:棺守り

親族との食事が終わると後は棺守りをして、翌日の葬儀に備えるだけです。ここまでさまざまな行事を済ませているとたいていの人は疲れ果ててしまいます。そのため、親族全員で棺守りをするのではなく、交代することが一般的です。

棺守りとは、遺体を安置している部屋の明かりを消さず、線香の火も絶えないようにすることです。そのため、棺守りをしている最中は寝ることもできません。

親族の通夜に出る時に知っておくべきマナー5つ

親族の通夜に出る時にはさまざまなマナーを守る必要があります。しかし、マナー自体を把握していないと知らない間に周りから白い目で見られてしまうこともあります。また、親族間の関係が悪化する場合もあるため、通夜のマナーを把握しておくことをおすすめします。

通夜を問題なくすませるためには必要不可欠な知識であるため、通夜のマナーについて詳しく把握していない人は参考にしてください。

1:親族の範囲

全ての親族を通夜に呼んでしまうと場合によってはすごい人数になってしまいます。人数が多ければ費用もかさむため、小規模の通夜にしたい場合は全ての親族を招待する必要はありません。また、親族の中には遠くから来ないといけない場合もあるため、強制しないように知らせましょう。

また、通夜を最後まで参加する人は親族だけではなく、関係が深い人なら自由に残ることができます。

2:喪服の種類

通夜の時には喪服を着用することが一般的で、私服などで参加することは明らかなマナー違反になります。場合によっては会場に入ることもできない可能性もあるため、注意が必要です。

喪服の中にはさまざまな種類があり、男性や女性、子供によって喪服の種類も異なります。喪服を所持していない人は、万が一のために一着は用意しておくことをおすすめします。次に、喪服の種類について詳しく紹介するので参考にしてください。

男性

男性が着用する一般的な喪服は、ジャケットとズボンです。ジャケットの下には白色のシャツを着て、黒色で柄がないネクタイを締めること形が基本です。また、靴下の色も黒色かグレーが通夜の場に適しています。

靴を脱ぐことはないと決めてしまい派手な靴下を履いてしまうと、食事の際などで靴を脱ぐ必要が出た場合に恥をかいてしまうため、しっかり喪服のスタイルに揃えることをおすすめします。

女性

女性の喪服は、洋装が主流ですが、和装の喪服もあります。洋装の喪服の場合は、ワンピース型の喪服が一般的ですが、スカートに分かれている喪服もあります。女性の喪服の下はスカート状になっているため、黒色のタイツを履くことをおすすめします。

また、ネックレスなどを付ける場合は、あまり目立たないアクセサリーを選ぶことをおすすめします。女性は喪服用のバックを用意しておくことで便利性を高めることができます。

子供

子供用の喪服を用意している両親の方は少ないのではないでしょうか。そのため、通夜のための喪服がないことも珍しいことではありません。子供が小さい場合は、黒色を基調とした私服を喪服の代わりにしてもマナー違反にはなりません。

学校に通っている子供の場合は、制服を着ることが一般的です。制服が黒色を基調にしていなくてもマナー違反にはならないため、子供用の喪服を用意することは少ないです。

3:香典

通夜に参加する場合は、香典が必要になります。香典はお金を遺族に渡すことですが、金額にも決まりがあるため、正しい金額のお金を入れることをおすすめします。極端に少なすぎるとケチと思われることもあります。

4:供花

供花を用意しておくことで、通夜や葬式をより明るくすることができます。通夜や葬式は明るい雰囲気にする必要はありませんが、花が一つもないと逆に暗すぎる通夜になります。

5:挨拶

通夜に参列する場合は遺族の方に挨拶をすることがマナーです。挨拶というとおはようやこんばんわをイメージしやすいですが、通夜の場合適した挨拶ではありません。通夜の場合は、故人を偲ぶ気持ちを込めて挨拶することもありますが、会釈だけの挨拶でも問題ありません。

親族の通夜までの流れとマナーを知ろう

通夜の流れとマナーを把握するだけでも通夜を上手く進行させることができます。親族は故人を失って最も心のダメージが深いため、スムーズに通夜を進行させることで自身の負担を軽減することができます。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

Related