Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月06日

お葬式でのお布施とは?お布施について3つ|お布施の目安

葬式の時にはお布施が必要になりますが、正しい知識を身に付けている人は少ないのではないでしょうか。知識がないと場合によってはマナー違反になります。ここでは、葬式の際のお布施について詳しく紹介しているので、お布施の知識がない人は参考にしてください。

お葬式でのお布施とは?お布施について3つ|お布施の目安
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

葬式でのお布施とは

お葬式でのお布施とは?お布施について3つ|お布施の目安
葬式に必要となるお布施ですが、どのような意味があるのか知らない人も多くいるのではないでしょうか。お布施はお経を読んでもらったお礼に住職に渡すことが一般的です。そのため、葬式に限らず法要などでお経を読んでもらう場合は、お布施を用意しましょう。

お布施にはさまざまなマナーがあるため、正しい意味を把握するとともにマナーを身に付けておくことをおすすめします。

お布施の本来の意味

お布施の意味を上記で紹介したお経のお礼と考えている人もいますが、実は本当の意味があることを知らない人の方が多いです。お布施とは仏教の修行法の六波羅密というなかの一つであり、修行僧以外でもできる修行方法です。

お布施の中に財施・法施などに分けることができますが、もったいないなどの煩悩をなく意味がある財施がお布施になります。

葬式でのお布施について3つ

葬式でお布施を用意する場合が多く、その際にさまざまなことで悩んでしまった経験がある人も多いのではないでしょうか。お布施にはさまざまなマナーが存在しているため、知識を持たずにお布施を用意してしまうと失礼に値する場合もあります。

そのため、正しいお布施の知識を身に付けてマナー違反をしないように心がけましょう。次に、葬式のお布施について紹介するので参考にしてください。

1:お布施の金額

お布施で一番気になることがお布施の中に入れる金額ではないでしょうか。金額が少ないと失礼に値しますし、多すぎると後日もったいない気分になります。また、一度多めの金額を入れてしまうと今後も同じ金額を入れないといけない雰囲気になりがちです。

そのため、葬式のお布施の正しい金額を入れることをおすすめします。しかし、どのような方法でお布施の金額を確認すればよいのか分からない場合が多いです。

地域で違う

葬式で必要になるお布施は地域によって違う場合があります。そのため、全国全てのお布施の金額が決まっているわけではありません。どうしてもお布施の金額が把握することができない場合は、親族に相談してみることも方法の一つです。

また、住職に直接尋ねることは失礼と感じている人もいますが、お布施の金額を聞くことは失礼に値しません。「他の葬式ではどのくらい包まれますか」と尋ねることをおすすめします。

お布施と戒名料は違う

お布施と戒名料が同じだと考えていると後にトラブルとなる可能性があります。戒名は死後の世界で必要となる名前のことで、一部ではお布施の中に含まれている場合もあります。しかし、葬式の時のお布施とは別に戒名料が必要になることもあります。

戒名料は高い場合が多く、宗教や位によっても値段が変わります。戒名を付けてもらうことは強制ではありませんが、つけてもらわないと先祖代々のお墓に入ることができません。

2:お布施の包み方と表書き

お布施はお金のことですが、裸のまま住職に渡すことは失礼になります。そのため、専用の封筒に入れ、特別な包み方をする必要があります。例えお布施の金額が合っていたとしても包み方が間違っていると住職の方もあまりいい気分にはなりません。

お布施の袋の選び方や書き方を間違わないように注意することが必要です。次に、お布施の正しい袋や書き方を紹介するので参考にしてください。

お布施の袋

お布施を入れるためには専用の袋に入れる必要があります。そのため、葬儀がある場合は事前にお布施を入れる袋を用意しておくことをおすすめします。袋ならなんでいもよいわけではなく、普通の封筒には入れないようにしましょう。

お布施を入れる袋は、二重な場合が多く、封筒と包みに分かれていることが一般的です。お布施の袋はコンビニや100均でも販売しているため、手軽に手に入れることができます。

表書きの書き方

お布施の袋が用意できたら、お布施の書き方を学ぶ必要があります。中袋の表には御布施やお布施と書くことが一般的ですが、空白でも問題ありません。表書きだけではなく裏面に書く場合も筆ペンを使用することを心がけましょう。

筆ペンでも薄墨のタイプもありますが、お布施の表書きをする場合は、黒隅の筆ペンを使用しましょう。裏面には氏名と中袋に入れている金額を記入しましょう。

お布施のお札の入れ方

中袋に入れる紙幣には入れ方があることを知らない人も多くいるのではないでしょうか。お札の入れ方を間違ってもマナー違反にはなりませんが、身につけておいて損にはならない知識です。

お布施のお札の入れ方は、お札の表が見えるように入れましょう。お札の表は、1万円札で例えると福沢諭吉が印刷されている面です。また、新札を入れておくことで住職も受け取った時に気持ちよい気分になります。

3:お布施の渡し方とタイミング

お葬式でのお布施とは?お布施について3つ|お布施の目安
葬式用のお布施が用意することができたら、次は住職に渡す必要があります。いつまでも喪主の方が持っていては意味がないため、きちんと住職に渡すようにしましょう。しかし、住職にどのようなタイミングでお布施を渡せばよいのか分からない人も多くいるのではないでしょうか。

お布施を渡すベストタイミングは、住職は葬式の会場に訪れて準備をしている時に「今日はお願いします」と言いながら渡すことが一般的です。

お布施を渡す時のマナー

お布施を渡すタイミングが分かれば、実際に渡すようにすればよいですが、渡し方にもマナーがあります。お布施をそのまま手渡しすることはマナー違反になりますが、気にしない住職の方もいます。

お布施を渡す場合は手渡しではなく、お盆などに載せてから渡すことをおすすめします。そうすることで住職の方もお布施を受け取りやすくなります。

葬式以外のお布施の目安

お葬式でのお布施とは?お布施について3つ|お布施の目安
お布施は葬式に必要な物というイメージがありますが、その他の時にお布施を用意する必要があります。また、葬式以外のお布施を用意する場合は、行う行事によってお布施に入れる金額が変わります。

そのため、それぞれに必要なお布施の金額を把握しておくことをおすすめします。全ての行事を葬式と同じお布施を入れてしまうと、場合によっては失礼に値するため注意が必要です。

法事・法要

法事や法要を行う際のお布施は葬式に比べて少額でよい場合が多いです。地域や宗派によって法要などの金額は変わりますが、1~5万円が一般的です。四十九日法要や一周忌法要の場合は、多めのお布施を入れることが多いですが、三周忌以降は1万円程度でも問題ありません。

法事や法要のお布施が最も用意する機会が多いため、金額の目安を把握しておくことをおすすめします。

納骨

納骨する時にお布施が必要になることを知らない人も多くいるのではないでしょうか。納骨をする時には住職に来てもらい、お経も呼んで供養してもらう必要があります。お布施を用意する必要があり、1~5万円が納骨する時のお布施の一般的な金額です。

また、納骨する場合はお墓に入れる場合と納骨堂のような施設に入れる方法を選ぶことができますが、どちらもお布施とは別にお金が必要になります。

お墓を改葬する

お墓を改葬する場合は、住職を呼ぶ必要があります。お墓が古くなったことを理由にお墓を改葬することは珍しくなく、お墓を改葬する際のお布施の金額も把握しておくことをおすすめします。

改葬する際には魂出しと魂入れのお経を読んでもらうことが必要で、それぞれ1~5万円のお布施が必要になります。そのため、最大10万円のお布施が必要になる場合もあります。

お盆

お盆の時期になると住職を家に招き、仏壇の前でお経を読んでもらいます。その際にもお布施が必要ですが、上記で紹介したような金額のお布施を用意する必要はなく、多くても1万円用意しておけば問題ありません。

しかし、住職を自宅まで呼ぶため車代が別途で必要になったり、食事をする場合は食事の用意をしておく必要があります。

お彼岸

お彼岸の時にお寺を赴きお経を読んでもらうことがあります。その際にもお布施を用意する必要がありますが、個別法要か合同法要によってお布施の金額も異なります。葬式をあげて初めての彼岸に行うことが多く、年に2回行われます。

個別法要してもらうと3~5万円必要になりますが、合同法要を行うことで3千~1万のお布施で済ませることができます。

心こめてお布施を渡そう

お葬式でのお布施とは?お布施について3つ|お布施の目安
葬式の際にお布施を渡す際には心をこめて渡すことをおすすめします。葬式をすることはお金がかかってしまいますが、葬式のお布施をケチってしまうと故人を供養することができません。葬式のお布施を心をこめて渡すことで、住職とも円満な関係を築くことができます。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

Related