Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月08日

49日法要にふさわしい服装|3つの格式の喪服の使い分けを解説

今回は「49日法要にふさわしい服装|3つの格式の喪服の使い分けを解説」と題し、「49日法要にふさわしい服装|3つの格式の喪服の使い分けを解説」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「49日法要にふさわしい服装と喪服の使い分け」をご紹介します。

49日法要にふさわしい服装|3つの格式の喪服の使い分けを解説

49日法要とは

一般的に「49日」という法要は、法事の区切り・節目の一つとして知られており、初七日をはじめとした7日単位で区切られており、7週間目がちょうど49日に当たります。またこの49日という日は特別なものとしてあり、故人が死後どこに向かうかが決まる日とされています。

上記を踏まえた特別な法要であるため、それまでの7日区切りの法要では参列できなかった親戚や知人・友人も招き、僧侶による読経が行なわれます。

49日法要の目的や意味

先述でもご紹介しましたが、49日の法要というのは一般的に、通夜・告別式に次いで大事な法事とされており、そもそもの意味は「49日を節目の日として、この世に残っていた故人の魂が次の世界へ向けて旅立つ日」とされています。

基本的に喪明けの時期というのは、故人との繋がりよって異なるため、親が亡くなった場合は1年となりますが、世間においては、この49日を境に普段の生活に戻っていく形になります。

49日の数え方と実施日

一般的に「49日」というのは、「故人が亡くなった日を命日として1日目」と数えるため、49日目に当たる日を指すのが基本になります。例えば、5月1日が命日であれば、その日から数えて49日目にあたる6月18日が49日となります。

上記を踏まえて関西方面では、命日の前日を1日目と数える習慣があり、その場合は、6月17日がこの49日に当たる日となります。地域によって違うため、事前に確認しておきましょう。

喪服の格式

次に「喪服の格式」についてのご紹介です。この喪服にはそれぞれの服装において基準があり、その一般的な例としては「正喪服」、「準喪服」、「略喪服」とされる、その服装のあり方によって位置付けられています。もちろんこの位置付けは参列者が勝手に決められるもの(服装)ではなく、規定のルールにのっとった上で決められます。

特に葬儀委員長などの主催者は特に一般会葬者側より格下にならないよう服装を心掛けましょう。

1:正喪服

先述でもご紹介しましたこの「正喪服」についてのご紹介です。正喪服という服装は「公式の葬儀・告別式から一周忌までの法要において、喪主とその配偶者や、近親者の方など、主に葬儀を主催する側の方が着用する服装」とされており、最も基準・格式の高い服装となります。

一般的な風習によって言えば、この正喪服を参列時の服装とする場合は、遺族よりも格式が高くならないよう配慮する必要があります。

2:準喪服

次に「準喪服」についてのご紹介です。この準喪服という服装は一般的に、「正喪服に準ずる格式の喪服であり、お通夜や葬儀をはじめ、告別式・一周忌までの法要で喪主、親族、一般の参列者なども着用すること」から、一般的な喪服といえば準喪服が基本的な参列時の服装としてピックアップされやすいです。

準喪服であれば遺族への配慮においても格式が適当になるため、多くの場合に用いられます。

3:略喪服

次に「略喪服」についてのご紹介です。この略喪服というのは基本的に、「急報を受けた上で弔問(仮通夜)、三回忌以降の法要で一般の参列者が着用する、準喪服に準ずる喪服であり、礼服ではない地味めの服装」という位置付けになります。

上記を踏まえた上で、急報を受けたり余程の事情がない限りにおいては、この略喪服を参列時の服装とすることは好ましくなく、あらかじめ喪服を準備する際にはこの略喪服はほとんど選ばれません。

49日法要にふさわしい服装

さて、先述では法要・法事にふさわしい(基準となる)喪服・服装についてご紹介してきましたが、ここからは「49日法要にふさわしい服装」と題して、正喪服、準喪服、略喪服をはじめ、さまざまな法事の場面において適切な(理想的な)服装について男女・子供別にご紹介していきます。

喪服というのは文化的風習に則った正式な服装となるため、事前にしっかり把握しておき、失礼のないよう心掛けましょう。

施主側の男性の服装

まず49日の法事において、施主側の男性の服装についてのご紹介です。男性の場合は正喪服・準喪服をはじめ、黒色のモーニングコートが一般的によく見られており、喪服のニュアンスを保たせた色合い・形態・装飾でありつつ、目立ってその場の空気を乱すような服装でない限りは、このようなフォーマルの服装でかまいません。

特に学生の場合は学生服でもかまわず、それほど身構えて服選びをする必要はないでしょう。

正喪服

先述でもご紹介しましたように、49日の法要における男性の正喪服の場合はまず「黒色のモーニングコート」が一般的によくピックアップされ、この場合にはネクタイやベルト(サスペンダー)、靴下・靴に至るまで、すべて黒色で統一することが望ましい正喪服・服装のあり方となります。

この際、なるべく手荷物なども持たないように(極力少なく)しておき、施主としてなすべき法要に手を空けておくことが基本となります。

準喪服

次に49日の法要における施主側の準喪服・服装についてのご紹介です。この場合は主に「ブラックスーツ」が基本となり、また正喪服の場合と同じく、ネクタイやベルト(サスペンダー)、靴下・靴に至るまで、すべて黒色で統一することが望ましい正喪服・服装のあり方となります。

法事における男性の喪服・服装はこの「ブラック(黒色)で統一された服装」がフォーマルとされており、どのような場面においても非礼には当たりません。

施主側の女性の服装

次に「女性の49日の法要において多く見られる服装」についてのご紹介です。この場合は「ブラックフォーマル」のコーデが一般的で、このブラックフォーマルの利点は「目立ったデザインや色合いをひけらかした装飾がないこと」にあります。

フォーマルなファッションはどのような場面でもふさわしい服装となり、基本的にシックな服装でまとめられた物であればOKで、平服時の場合でもあまり派手なファッションは避けましょう。

正喪服

まず「基本的な49日における正喪服・服装」ですが、この場合でもやはり服装選びの基準は目立つ派手な服装は避け、ブラックフォーマル・和装などの法事において着用する服装の場合では「シックで落ち着いたファッション」が基準になるでしょう。

49日の法要の場合でも胸元の開いたフォーマル・和装・服装は避けておき、また他の遺族の正・準喪服の格式に配慮した適切な服装を心掛けておくことが望ましくなります。

準喪服

次に「準喪服」と決められた場合の「49日の服装」についてのご紹介です。この場合は紺色のスーツやワンピースなどが一般的に認められるフォーマルファッションで、特に49日を行なう場合をはじめとする法事においては、通常からその着用が目立って見られることも多くあります。

49日の際には準喪服でよいことが多いため、この紺色の着物なども視野に入れておきましょう。また絵柄なども紺色であれば目立ちません。

参列者の男性の服装

さて、先述では施主側の男性・女性が着用するべき理想的な正喪服・準喪服についての服装のご紹介をしましたが、ここからは「参列者の男性の服装」と題して、施主とは違った服装コーデに配慮するべき参列者側の服装についてのご紹介をしていきます。

参列者の場合でも49日の法要においては正式な儀式に則った場合の服装を着用することが望ましく、この場合に注意すべき点は「遺族側の喪服・服装の格式」に配慮することです。

準喪服

まず参列者としての男性の準喪服ですが、この場合は「ダブルのブラックスーツ」や「黒色のブラックスーツ」のコーデと同じく、「どのような法要時に着用してもフォーマルファッションとして認められる服装」が理想的な服装となります。

基本的に49日におけるファッションの色合い・デザインは「黒色」で余計な飾り気がない服装が好ましくなるため、このような通常の黒無地の拭きそうと織り柄を含ませた物を選びましょう。

略喪服

次に49日における略喪服についてですが、この場合は「ストライプ入りのシングルスーツ」などでもかまいません。この場合もまず色合いは「黒色の物」を選んでおき、目立った装飾が付けられていない素地の物を選びましょう。

またこの場合のストライプもあまり目立つ柄の物を選ぶのではなく、ストライプの幅が細く刺繍された物が望ましく、できるだけ大人しめのファッションが好まれます。これは女性の場合も同じです。

参列者の女性の服装

次に「49日を行なう際の女性の喪服・服装」についてのご紹介です。女性の場合も黒色のブラックスーツ・和装が一般的に見られており、喪服のニュアンスを保たせた色合い・形態・装飾をはじめ、目立ってその場の空気を乱すような服装でない限りは、このようなフォーマルの服装でかまいません。

派手な色合いの服装は避けておき、特に女学生の場合でも学生服は認められ、柔らかいニュアンスの服装でもかまいません。

準喪服

まず49日における女性の準喪服の典型として見られるのは「黒色のアンサンブル」のコーデです。アンサンブルの利点としては「目立ったデザインや色合いをひけらかした装飾がないこと」がチョイスされやすく、その点においてフォーマルなファッションとしてどの場面でもふさわしい服装となります。

基本的にシックな服装でまとめられた物であればOKで、あまり派手な光沢が付けられたファッションは避ける必要があります。

略喪服

次に「49日における略喪服・服装」のコーデのご紹介です。49日が行なわれる際でも、やはり服装選びの基準は目立つ視点が当てられやすいため、ワンピースなどの日常から着用する服装の場合でも「シックで落ち着いたファッション」が必要になるでしょう。

49日の場合はそれほど正式な服装に気遣う必要はないですが、それでもあまりに場違いな服装をしていては常識を疑われるので注意しましょう。

学生の服装

一般的に「法事関係における学生の服装」についてとなりますが、学校が規定している制服がある場合は、その制服を法事用の服装としてかまいません。特に学生場合は制服がフォーマルな服装となるため、わざわざフォーマルな服装としてスーツやコートを購入することは不要です。

49日が行なわれる場合はこの学生服の着用も多く見られ、この習慣によって服装選びの費用・時間を短縮することができます。

子供・乳幼児の服装

次に「49日が行なわれる際の子供・乳幼児の服装」についてのご紹介です。子供の場合でも黒色の服装が一般的によく見られ、喪服のニュアンスを持たせた色合い・形態・装飾をはじめ、目立ってその場の空気を乱すような服装でない限りは、このようなフォーマルの服装が正式となります。

乳幼児の場合は特に服装に気遣う必要はなく、むしろ快適な日常の服装をチョイスしましょう。臨機応変な服装選びを心掛けましょう。

49日法要に必要な持ち物

49日法要にふさわしい服装|3つの格式の喪服の使い分けを解説
さて、次に「49日祭参列する際に用意するもの」についてのご紹介です。この場合は主に法事関係のマナーに沿って用意するべき物を揃えることになるため、あらかじめ法要関係の参考書をきちんと学んでおくことをおすすめします。

基本的に49日の場合は香典(金銭)、ふくさ、数珠、ハンカチなどとなり、主に葬儀において用意する物と変わりません。

1:香典

この香典というのは、基本的にお供え物とは別物として供養のために持参することが一般的です。神道の場合は「香典」という形ではなく「玉串料」、あるいは「弔慰金(ちょういきん)」などと呼ばれることになるため、持参しないことが決まりとなります。この宗教色の違いについても留意しておきましょう。

香典を包む物としてのしを使い、そののしを選ぶ際には「その場にふさわしい水引」をピックアップしておく必要があります。

2:ふくさ

葬儀、法要の場面でよく見掛けるこの「ふくさ」ですが、ふくさというのは「絹布を表裏2枚重ね合わせ、または1枚物であり、ふろしきより小さな方形に作ったもの・あるいは風呂敷のようにして使用される物」を指して言われます。

49日の法要においてもこのふくさは非常に多くの場面で使われており、お供え物や香典を包むための包衣に使ったり、外から見られないよう物用物品に配慮する際に利用されます。

3:数珠

次に数珠ですが、これは仏事において一般的に使用される必需品として知られています。仏教に近い神道式においては、たとえお通夜式の場合でも数珠を使うことはないため、儀式全体において「数珠は必要とされない」という形になるので注意しましょう。

仏教との宗教概念では、この数珠の原典は「釈迦如来によって作られた108つの煩悩を断ち切る」という教えに基づくため、すべての法事において故人を偲ぶために用いられます。

4:ハンカチ

次はこのハンカチですが、これは基本的にエチケットとして服装に忍ばせておくための物としてあり、特に必需品として認められることはありません。それでも法要関係の儀式においては「故人を偲ぶ」という特定の目的があるため、涙を拭いたり、粗相が在った場合に綺麗に拭ったりする場合に使用されます。

このハンカチを選ぶ際に大事な点は、「黒色や白色の物」を選ぶことで、派手な色合い・原色の物は避けましょう。

49日法要にふさわしい服装を知ろう

今回は「49日法要にふさわしい服装|3つの格式の喪服の使い分けを解説」と題して、「49日法要にふさわしい服装・基本の喪服・服装の3パターンの解説」についての詳細情報をはじめ、「49日の服装の主な喪服のパターン」をご紹介しました。

49日法要というのは基本的に「仏教・法要における正式な儀式」となるため、宗教色が似ているとは言え神道の式典とはその内容が違います。詳細な違いをしっかり確認しましょう。

Related