Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月06日

お盆の服装とは|初盆や通常の場合など3つのパターンを解説

冠婚葬祭のマナーは地域や家庭で異なるものです。そこであなたは「お盆」にふさわしい服装をご存知でしょうか。お盆でも、服装のマナーは男女や年代でも異なります。今回は新盆や法事のある場合なども含めて、状況別・年代別・男女別にお盆の服装を解説します。

お盆の服装とは|初盆や通常の場合など3つのパターンを解説
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

お盆とは

「お盆」というと、親族が集まってのお墓参りがメインの年間行事、というイメージを持つ人が多いでしょう。もともとお盆は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」という仏事が起源と言われています。

お盆は、7月13日から7月16日に行われた行事「盂蘭盆会」が、先祖霊を供養する行事になったものです。

元来、盂蘭盆会は「餓鬼道」に落ちた霊を供養する行事でした。それがやがて先祖や父母を偲ぶ行事になり、民間に普及したと言われています。

初盆・新盆と通常のお盆の違い

よく初盆・新盆という言葉を耳にします。地域によって呼び方は変わりますが、「はつぼん」「にいぼん」と読むことが多いです。

初盆・新盆はどちらも同じく、亡くなった人が「四十九日」を過ぎて初めて迎えるお盆のことを指します。

例えば同年の6月に亡くなった場合、翌月の7月(地域によっては8月)では、まだ四十九日を迎えていません。その人の初盆は四十九日の後、翌年の7月または8月になります。

お盆の時期

お盆の起源である「盂蘭盆会」は7月13日から16日に行われる行事でした。ただしこれは旧暦にあたるため、現代で「お盆休み」という場合は8月になります。

お盆は地域によって7月に行う所と8月に行う所があり、8月の場合は8月13日から16日の間にお盆行事を行います。

一般的に、東京をはじめとした関東の一部地域では7月にお盆を行うことが多く、その他の地域では8月に行うことが多いです。

沖縄のお盆

沖縄のお盆は旧暦の7月13日から15日までの三日間で、初日の「ウンケー」中日の「ナカビ」最終日の「ウークイ」がありそれぞれにしきたりがあります。

ウンケーでは仏壇をきれいにしてお供えをし、ナカビにはお中元を届け、ウークイには重箱料理を親族で囲み、賑やかに行います。

沖縄のお盆では、お供え物の内容や料理も細かく決まっています。またお盆は旧暦で行うため、現代のカレンダーとは日程が大きくずれる年もあります。

初盆・新盆のお盆にふさわしい服装

初盆・新盆を迎える家庭では、自宅やお寺などで法要を行うことがあります。そのため服装も法要にふさわしいものが無難でしょう。

初盆・新盆の法要に招かれた場合、招かれた側はブラックスーツやワンピースなどの略喪服、法要のない場合は地味な色のスーツやワンピースを着用します。

親族だけの法要とはいえ、施主側は喪服で対応します。それに応えるように、招かれた側もきれいめの服装にするのが無難です。

1:迎える側の服装は喪服

初盆・新盆に法事を行う場合、自宅にお坊さんを招くか、お寺やホールなどでお盆の法要を行うことが多いでしょう。そのため一般的には喪服が無難です。

男性の場合はブラックフォーマルに黒いネクタイ、女性も黒のワンピースやアンサンブルなどを着用します。

新盆・初盆は暑い時期に行うこともあり、特に女性や子どもは、気温に合わせて脱ぎ着できる服装がいいでしょう。親族間で話し合って、服装を合わせておくと楽です。

男性の場合

初盆・新盆の法要の場合、一般的に施主は喪服で対応します。ただ近年は真夏日が多く、熱中症などのリスクもあるため、夏用の喪服にするとといいでしょう。

夏に喪服を着る場合は、ワイシャツは半袖でも構いませんが、法要の間はジャケット・ネクタイ着用がマナーです。

また夏用の喪服は裏地がないことが多いので、ワキなどに汗がにじむことがあります。汗取りパッドがついていたり、速乾性のあるインナーを着るといいでしょう。

女性の場合

初盆・新盆の法要に参列者を招く場合、招く側の女性も喪服を着ます。女性の場合は夏用のワンピースなどが涼しく着られるでしょう。

暑さ対策でワンピースを選ぶ時は七分袖にするか、法要が終わってから脱ぎ着できるようなアンサンブルにするといいでしょう。

ストッキングは夏場でも黒で、肌が透けすぎないのものを使用しましょう。弔事用の黒い扇子は持参しても構いませんが、法要の間には使わないようにします。

学生の場合

一般的に、お盆期間中は学校も夏休みでしょう。そのため制服にするか、私服にするか迷うことがありますが、制服がある場合は制服で参列しましょう。

制服がない場合は、黒・紺・グレーといった色のワンピースやズボン、成人前の大学生などであればスーツを着用します。

靴や靴下、ネクタイなど小物のマナーは大人と同じように、無地で飾りのないものにしましょう。もちろんアニマル柄など「殺生」をイメージするものもNGです。

子供・乳幼児の場合

小学生以下の子や、ダークカラーの服が少ない乳幼児の場合でも、服装はなるべくフォーマルウェアに近い格好をさせましょう。

子供や乳幼児の服装は、白・黒・紺・グレーの無地でキャラクターなどがついていない、ワンピースやズボン、ベビーウェアなどにします。

赤ちゃんの場合は白いベビーウェアや、なければレース地などの涼しいおくるみで隠してもいいでしょう。また、子供のネクタイは無理につけなくても構いません。

2:招かれた側の服装は略喪服

初盆・新盆の法要に招かれた場合、一般的には服装は略喪服で構いません。ただし略喪服と喪服には違いがあるので、不安な場合は親族などに確認しておくといいでしょう。

略喪服とは「礼服でない地味な服装」を指し、黒・紺・グレーなど地味目な色・デザインのスーツやワンピースが一般的です。

略喪服といっても、お盆の法要にはポロシャツなどのカジュアルすぎる服装、露出の多い服装、サンダルやハイヒールは避けましょう。

男性の場合

お盆の法要に招かれた場合、「平服でけっこうです」などと言われたら、略喪服で行くのが無難です。男性の場合は地味目な色のスーツが一般的です。

男性は法要でジャケットを脱げないため、見た目の涼しさを考えて、黒よりも紺やグレーのスーツやジャケットがいいでしょう。

またクールビズ用のワイシャツは、ボタンダウンや織柄入りなど、ジャケットなしで着るカジュアルなものが多いため、できるだけ避けるのが無難です。

女性の場合

お盆の法要に招かれた場合、女性の服装は男性よりもバリエーションがあります。とはいえ、基本的な服装のマナーは喪服とそう変わりありません。

女性の略喪服は、黒・紺・グレーなど地味な色のワンピースやアンサンブル、スーツなどで、黒または肌色のストッキングをはきます。

法要では座ったり立ち上がる機会も多いため、スカート丈は座った時にひざが見えない長さにしましょう。半袖の場合はジャケットを着るようにします。

学生の場合

学生でお盆の法要に招かれた場合、略喪服でも制服が無難です。ただし親族だけの法要や、現地に泊まるなどする場合は、制服でなくても構いません。

お盆の法要に私服で参列する場合は、白のシャツに黒・紺・グレーなど地味な色のズボンやスカート、ジャケットを着用しましょう。

また、デニム地などのカジュアルな素材・デザインの服は避けましょう。髪飾りやバッグなどの小物類も派手なものは避け、シンプルなものにします。

子供・乳幼児の場合

お盆の法要に小学生以下の子や乳幼児を連れて行く場合、一般的には黒・紺・グレーなどのワンピースやズボンですが、乳幼児には白やパステルカラーでも大丈夫です。

乳幼児は、暑さや着なれない服の感触などでぐずることがあるため、お盆には脱ぎ着しやすい、涼しい素材の服を選ぶといいでしょう。

具体的には肌触りのいいガーゼやコットン生地のワンピース、半ズボンでも問題ありません。ただしキャラクターものは控えましょう。

初盆・新盆の後の通常のお盆の服装

初盆・新盆を過ぎて、翌年以降のお盆では法要をすることが少なくなります。親族で集まっても、お墓参りやお仏壇に手を合わせる程度でしょう。

通常のお盆、もしくは法要を行わない場合は、訪問する側・される側ともに服装は普段着が一般的です。

ただし、お墓参りやお寺に行く場合は、タンクトップやショートパンツなど露出の多い服、サンダル履きなどは控えるのがマナーです。

3:お墓参の服装は一般的に普段着でOK

お盆のお墓参りに行く場合、服装は一般的に普段着で構いません。お墓の掃除やお供え物の片付けなどもあるため、作業の邪魔にならない服装がいいでしょう。

一般的に、墓地は市街地から離れた所にあることが多いため、虫刺されなどを防ぐ意味でも露出の多い服装は避けた方が無難です。

普段着といっても、あまり派手なデザインや色の服はお墓参りにふさわしくありません。半袖でも構いませんが、シンプルな服装がいいでしょう。

男性の場合

お墓参りに行く場合は、服装もカジュアルな普段着で構いません。ポロシャツやジーパンも清潔感のあるものなら大丈夫です。

避けた方が無難なのは、ハーフパンツ・サンダル・ダメージジーンズ・Tシャツ・アロハシャツなど派手な色柄もの、清潔感のない服装です。

ただしTシャツは、上にジャケットを着るなら問題ありません。また帽子をかぶっても構いませんが、墓前に手を合わせる時には脱ぐようにしましょう。

女性の場合

お盆のお墓参りでは、時には「嫁」の立場としてお墓の掃除をすることもあるでしょう。そのため服装には清潔感に加え、動きやすさも重要です。

女性の場合は、キャミソールなど露出の多い服装、大柄プリントや原色など派手なデザインを避け、清潔感のある服装をします。

具体的には、足さばきの楽な無地のフレアスカート、シャツにパンツスタイルも大丈夫です。高すぎるヒールも避けた方がいいでしょう。

子供の場合

お盆のお墓参りに子供を連れて行く場合、それほど服装にこだわることはありません。とはいえ、長時間外にいることを考えた服装も大切です。

特に小さな子の場合、お墓参りの間に走り出すことを想定して、履きなれた靴を履かせるようにするといいでしょう。

その他は大人と同じように、原色や派手過ぎる服などを避けるといいでしょう。また直射日光が当たることを考えて、帽子をかぶらせても構いません。

初盆・新盆に必要な持ち物7つ

四十九日の忌明け後に、故人がはじめて迎える初盆・新盆では、親族を招いてお盆の法要を行うことも多いでしょう。そこで必要になるものがあります。

お盆には法要の香典・御提灯料・お仏壇へのお供えのほか、お墓参り用のお供え物、仏花・お線香・ロウソクやマッチ類を持参しましょう。

またお墓参りをする場合には、墓地によっては桶などがない所もあります。お墓をきれいにするためにも、バケツや掃除用具があると便利です。

1:香典

初盆・新盆では法要を行うことが多いため、香典が必要です。法要を行わない場合でも、お仏壇に手を合わせることから香典を渡すのがマナーです。

お盆の香典の相場は、故人との関係や渡す人の年代によっても異なりますが、一般的には5,000円から1万円前後と言われています。

ただし香典の額は法要の規模によっても異なるため、法要の後に会食をする場合などは、食事代を足した金額を包むといいでしょう。

2:御提灯料

初盆・新盆を迎える家庭では「白提灯」という無地の白い提灯を掲げることがあります。これは初めて里帰りする故人が、道に迷わないための灯りとも言われています。

白提灯はその家庭で用意することが多いため、現代では「御提灯料」として現物のかわりにお金を包むのが一般的です。

御提灯代の相場は故人との関係によって異なります。近い親戚であれば1万円から2万円程度、友人知人や遠い親戚なら5,000円が平均的な金額です。

3:お供え物

お盆のお墓参りの場合、お供え物は地域や家庭によって多少異なります。一般的には果物やお菓子、ビールやジュースなどをお供えします。

お仏壇のお供えを持参する場合は、乾麺・果物・水ようかん・菓子折りなど、日持ちがして小分けにできるものを贈りましょう。

お供えを贈る際には、3,000円から5,000円程度が相場と言われています。またお墓参り・お仏壇ともに、肉や魚など生ものは缶詰でも避けた方がいいでしょう。

4:墓参り用の仏花

お墓参りにはお供え物と一緒に、お花もお供えします。お供えの仏花は菊やユリ、グラジオラスなど夏の花もいいでしょう。ただしトゲのあるものは避けます。

すでに仏花がお供えしてある場合は、傷んでいるものを除いて、空いたスペースに持参したお花を足すようにします。

お盆のお墓参りは、ひろくご先祖様にお参りするため、仏花の色は特に気にする必要はありません。故人の好きなものをお供えしてもいいでしょう。

5:線香

お線香やお供えの花など、「香り」は仏様の食べ物だと言われています。そのため、お盆のお墓参りでもお線香を持参しましょう。

お線香のあげ方は、宗派や家庭によって多少異なりますが、寝かせる場合の向きには特に決まりがありません。

あげ方が分からない場合は、周りの人を真似するか、その家の人に確認するといいでしょう。どの場合も共通してマナー違反なのは、息を吹きかけてお線香の火を消すことです。

6:ロウソクやマッチ

お盆のお墓参りではロウソクやお線香をお供えするため、ロウソクはもちろん、火をつけるためのマッチやライターなどが必要です。

最近では「お盆セット」などと称して、ロウソク・お線香・ライターなどがセットになったものがホームセンターなどで売られています。

ロウソクやお線香は、お参りが終わった後は火を消すようにしましょう。その際は手であおいだり、水をかけて消すのがマナーです。

7:お墓の掃除道具

お墓参りの作法として、まず最初にお墓の掃除をします。具体的にはお墓についた泥汚れをとり、周囲の雑草やゴミを拾い、お供えやお花を新しく交換します。

お墓の掃除には、バケツ・ほうき・ちりとり・雑巾2、3枚・スポンジ・古い歯ブラシ・ゴミ袋数枚・古新聞などがあると便利です。

墓石は日光や雨水にさらされているため、案外傷みやすいです。そのため雑巾で水拭きしたあと、乾拭きするといいでしょう。

お盆にふさわしい服装を知ろう

ここまでお盆の服装を、初盆・新盆の法要やお墓参りなどの状況別、男女別などで解説してきました。お盆は親族が集まるため、その家や地域の慣習に合わせた服装が無難です。

お盆の服装で不安なことがあれば、法要を行う親族や、一家の年長者にアドバイスを聞くのがいちばんです。

何より大切なのは「その家のご先祖様を気持ちよくお迎えすること」。この機会に服装のマナーと、お迎えの作法を確認してみましょう。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

Related