Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月07日

家族のみで納骨を行う場合の服装10選|葬式のマナーがわかる本

今回は「家族のみで納骨を行う場合の服装10選|葬式のマナーがわかる本」と題して、「家族のみで納骨を行う場合の服装10選|葬式のマナーがわかる本」についての詳細情報をはじめ、「家族葬時の服装・納骨の方法と参考書籍」についてご紹介します。

家族のみで納骨を行う場合の服装10選|葬式のマナーがわかる本
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

家族のみの納骨式の内容

一般に葬儀が終わった後には必ず「納骨式」が行なわれる流れになります。四十九日や百か日など、法要の際に納骨式を行なう場合が多いですが、最近では無宗教の家族のために改まった納骨式はしないというケースも目立ってきています。「初めて納骨を経験する」という人の場合は、まず納骨の流れと費用について確認する必要があるでしょう。

上記を踏まえた上で家族のみの葬儀の際でも、その服装や納骨方法は通常とほぼ変わりません。

服装はどうすればいい?

家族のみで行なう納骨式の場合の服装についてですが、仏教葬や神道葬やキリスト教葬などをはじめ、特定の宗教に則って行う場合は「一般の葬儀と同じく喪服が基本」となります。この喪服は基本的に「正喪服・準喪服・略喪服」の3種類に分けられ、どの喪服を身に付けるかについては、相談によって取り決めます。

家族のみの納骨式の場合でも、その親族、参列者などの立場と弔事の種類によって変わります。事前に確認しましょう。

家族のみで納骨を行う場合の服装10選

さて、先述では「家族のみで行なう納骨式時の流れと服装」について簡潔にご紹介しましたが、ここからは「家族のみで行なう納骨式での服装」について、その実際の詳細内容をご紹介していきます。納骨式といっても葬儀の一環として認められることになるため、その服装もそれなりに場にふさわしい物が選ばれる必要があります。

上記を踏まえた上で、正式に通用する服装を選びましょう。この場合では、派手な服装は場違いです。

男性編

まず「家族のみで行なう納骨式時」に着用する男性用の喪服についてのご紹介です。男性の場合は黒色のモーニングスーツ・コートが一般的によく見られており、喪服のニュアンスを保たせた色合い・形態・装飾でありつつ、目立ってその場の空気を乱すような服装でない限りは、このようなフォーマルの服装でかまいません。

特に学生の場合は学生服でもかまわず、それほど身構えて服選びをする必要はないでしょう。

1:黒色のモーニングコート

まず先述しました「黒色のモーニングコート」のコーデですが、このファッションであればたいていの葬儀・納骨式時でも「場違いな服装」とはならず、むしろ礼儀を重んじたフォーマルなファッションとして認められます。

特に男性の場合は施主や喪主などの重要な役割を持たされる場合が多いため(長男の役割として)、このような「どこへ出ても失礼のない服装・儀礼を失せない服装」を選んでおく必要があります。

2:ダブルのブラックスーツ

次にこの「ダブルのブラックスーツ」のご紹介ですが、この場合も先述しました「黒色のモーニングコート」のコーデと同じく、「どのような葬儀・納骨式時に着用してもフォーマルファッションとして認められる服装」として選択することができます。

基本的に葬祭におけるファッションの色合い・デザインは「黒色」で余計な飾り気がない服装が好ましくなるため、このような通常の黒無地の拭きそうと織り柄を含ませた物を選びましょう。

3:ストライプ入りのシングルスーツ

次は「ストライプ入りのシングルスーツ」のコーデのご紹介ですが、この場合もまず色合いは「黒色の物」を選んでおき、目立った装飾が付けられていない素地の物を選びましょう。またこの場合のストライプもあまり目立つ柄の物を選ぶのではなく、ストライプの幅が細く刺繍された物が望ましく、できるだけ大人しめのファッションが好まれます。

これは女性の場合も同じで、特に金色や赤色など、原色に近い色彩は避ける必要があります。

女性編

次に「家族のみで行なう納骨式時」に着用する女性用の喪服についてのご紹介です。女性の場合も黒色のモーニングスーツ・コートが一般的によく見られており、喪服のニュアンスを保たせた色合い・形態・装飾をはじめ、目立ってその場の空気を乱すような服装でない限りは、このようなフォーマルの服装でかまいません。

特に女学生の場合でも学生服は認められ、柔らかいニュアンスの服装でもかまいません。

4:黒色のアンサンブル

まず女性の喪服の典型として多く見られるのがこの「黒色のアンサンブル」のコーデです。アンサンブルの利点としては「目立ったデザインや色合いをひけらかした装飾がないこと」がピックアップされやすく、その点においてフォーマルなファッションとしてどのような場面でもふさわしい服装となります。

基本的にシックな服装でまとめられた物であればOKで、あまり派手な光沢が付けられたファッションは避ける必要があります。

5:シックな色合いのワンピース

次に「シックな色合いでまとめられたワンピース」のコーデのご紹介です。家族のみで行なう葬儀・納骨式の場合でも、やはり服装選びの基準は目立つ視点が当てられやすいため、ワンピースなどの日常から着用する服装の場合でも「シックで落ち着いたファッション」が必要になるでしょう。

家族のみの納骨式の場合はそれほど服装に気遣う必要はないですが、それでもあまりに場違いな服装をしていては常識を疑われるので注意しましょう。

6:無地に近い着物

次に、家族のみで行なう納骨式の場面で割合よく見られるこの「無地に近い着物コーデ」のご紹介です。無地の着物というのは白色の着物を指すのではなく、柄やデザインがほとんど装飾・刺繍されていない素地の着物を指します。

着物というのは基本的に納骨式でもよく見られる服装となるため、家族のみで行なう納骨式の場合でもまったく取り乱した服装にはなりません。そのため着物の着用は非常に多く、無難なセンスと言えるでしょう。

7:紺色のスーツ

次に冠婚葬祭でも非常に多く採用されているこの「紺色のスーツ・コーデ」のご紹介です。紺色のスーツというのは一般的に認められるフォーマルスーツの中でも特に多い色合いとなり、特に家族のみで行なう納骨式の場合でも通常からその着用が目立って見られることも多くあります。

納骨式の際には黒色か紺色の服が選ばれることが多いため、この紺色の着物なども視野に入れておきましょう。また絵柄なども紺色であれば目立ちません。

子供編

次に「家族のみで行なう納骨式時」に着用する子供用の喪服についてのご紹介です。子供の場合も黒色の服装が一般的によく見られており、喪服のニュアンスを保たせた色合い・形態・装飾をはじめ、目立ってその場の空気を乱すような服装でない限りは、このようなフォーマルの服装がこの場合の着用服となります。

特に小学生の場合では学生服をそのまま着用する場合が多く認められ、その場合は服選びをする必要はありません。

8:学校の制服

これは基本的に「制服を着用させている学校に通学している子供」に限った場合になりますが、学校が規定している制服がある場合は、その制服を喪服の代わりとしてかまいません。特に子供の場合は制服がフォーマルな服装となるため、わざわざフォーマルな服装としてスーツやコートを購入することは不要です。

家族のみで行なう納骨式の場合はなおさら学生服の着用は認められ、服選びの時間を短縮することができます。

9:黒色の子供用スーツ

先述から引き続く内容になりますが、もし学校で規定されている制服がない場合には、やはり喪服としてふさわしいフォーマルな服装を用意することが望ましくなります。

この場合は「子供用のスーツ・コート」などがフォーマルな服装となり、その上で「黒色の服装・ファッションコーデ」に配慮したファッション選びをするとよいでしょう。

家族のみで行なう納骨式の場合はそれほど注意する必要はないですが、基本的なセンスは必要です。

10:女学生用の黒色のワンピース

次に女子用の喪服のご紹介ですが、この場合でも学校が制服を規定していない際には、女子用の黒色のファッションが多くの場面で認められます。家族のみで行なう納骨式の場合は特にファッションそれぞれにこだわりを見せる必要はないですが、それでも黒色の素地でまとめるという工夫はやはり必要になるでしょう。

特に無難な服装としてあげられるのがこのワンピースで、女子学生らしいファッションセンスもその中に盛り込めます。

葬式のマナーがわかる本

さて、先述では「家族のみで行なう納骨式時に選ぶべきファッション」についてご紹介してきましたが、ここからは「葬式のマナーがわかる本」のご紹介と題して、葬儀、お通夜、納骨などのそれぞれの場面に際した適切な服装が掲載されている書籍のご紹介をしていきます。

葬儀や納骨式というのは、たとえ家族のみで行なう場合でも正式な文化的風習となるため、そのマナーはしっかり理解する必要があります。

1:急なお葬式で困らない本

まず『急なお葬式で困らない本』という、葬祭において必要な一般常識が掲載されている書籍のご紹介です。本書では葬儀の執り行い方からそれまでの経過をはじめ、葬儀・納骨に関するきわめて基本的なマナーについて紹介されています。

いざと言う場合に困らないようあらかじめ「正しい葬儀・納骨に際する知識・服装」をインプットさせることを目的として、誰にとっても必要な情報満載の1冊となるでしょう。初心者にはベターです。

2:身近な人が亡くなった後の手続のすべて

次に『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』という書籍のご紹介ですが、本書でも葬祭における基本的な服装の知識が満載であり、特に「初めて葬祭に際する人にとっては欠かせない1冊」としてご紹介される書籍となるでしょう。

特に「家族のみで行なう納骨式の場合の基本的な知識・マナー」をはじめ、葬祭における一切の重要事項の紹介がなされているため、初めから終わりまでの基本的な知識を習得することができるでしょう。

もっと複雑な内容かと思っていましたが、実際読んでみると非情に解り易く素人の私にも充分理解できました。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E8%BA%AB%E8%BF%91%E3%81%AA%E4%B... |

3:はじめてのお葬式

次にこの『はじめてのお葬式』という書籍のご紹介です。この1冊はそのタイトルどおりに「初めて葬祭諸事・納骨式に際する人」にとっておすすめの1冊とされており、特に葬儀が執り行われるまでにしなければならない連絡の手順やその内容、また実際にそれぞれの式が行われていく際の基本知識が盛り込まれた書籍です。

ご紹介する3冊の中でも特におすすめで、この1冊から葬儀・納骨に関する服装の知識をストックしましょう。

母が急変し、5か月の入院期を経て私が初めての喪主を務めました。
お葬式は目をそらしたくなる事柄ですが、避けてはとおれない事。
動揺している時に活字はとても頭に入らず、「まんが」なのでラクに読み進める事ができました。
私自身、一番納得したのは「事前準備」。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%81%BE%E3%82%93%E3%81%8C%E3%8... |

家族のみで納骨を行う場合も服装はきちんと選ぼう

今回は「家族のみで納骨を行う場合の服装10選|葬式のマナーがわかる本」と題して、「家族のみで納骨を行う場合の服装10選|葬式のマナーがわかる本」についての詳細情報をはじめ、「家族葬時の服装・納骨の方法と参考書籍」についてご紹介しました。

家族のみで行なう納骨・葬儀の服装を考慮する場合、それぞれの式に関する基本的な知識を踏まえることが大切で、そのために多くの「わかりやすい参考書」を見ておきましょう。

家族のみで行なう納骨を知るための情報収集

先述では「家族のみで行なう納骨での服装」についてメインにご紹介してきましたが、何事でも初めて行なう物事についてはそれに対する「予備知識」が必要であり、またその新しい物事への心の準備が必要になります。

そうした準備をスムーズにし終えておき、いざと言うときに困らないようにするためにも、葬儀や納骨時の服装に関する情報確認を事前にしておくことが大切になります。

Related