Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月18日

弔辞の書き方について6つ|弔辞を読む際のマナー3つ

弔辞の書き方を正しくご存知でしょうか。今回は弔辞の書き方について、弔辞の書き方初心者さんでも分かるように詳しくご紹介していきます。弔辞は実は書き方さえわかれば、故人との思い出やお悔やみの気持ちをあらわせるステキな「手紙」です。

弔辞の書き方について6つ|弔辞を読む際のマナー3つ
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

弔辞の書き方とは

みなさんは「弔辞」の書き方を正しく捉えられているでしょうか。今回は「弔辞」の書き方について詳しくご紹介していきます。

「弔辞」の書き方は、一度覚えてしまえばとても便利です。依頼された時にもスムースに「弔辞」を書くことができるようになるでしょう。「弔辞」の書き方は実はとても簡単です。

最後まで読めば、「弔辞」の書き方をマスターできます。

弔辞とは

「弔辞」の書き方をご紹介するまえに、「弔辞」とはいったいどのようなアイテムなのかをご紹介していきましょう。

「弔辞」とは、故人との最後のお別れをする言葉のことです。告別式やお通夜などで読めれることが多いです。「弔辞」の書き方に決まった形はなくて、故人の魂に語りかけるような口語で書かれていると、とても優しい穏やかな「弔辞」の書き方になります。

誰に頼むのか

つづきましては、「弔辞」を誰に依頼するのかということについてご紹介していきましょう。

「弔辞」は、故人と親しかった方に依頼することが一般的な風習となっています。故人との思い出がある方に、その思い出をおもいだしながら故人の魂に語りかけてもらい、参列者とともに穏やかで優しい時間を共有します。

ゆかりのあるかたに依頼しましょう。

弔辞の時間

つづきましては、「弔辞」の時間についてのご紹介です。

「弔辞」の時間は、おおよそ3分間から5分間が適切とされています。長過ぎてもいけませんが、短過ぎても行けません。5分間は、おおよそ原稿用紙3枚程度です。

参列者もしっかりと聞き入ってくれ、故人の人柄を思い出しながら悼むことができるので、ぜひ作成の目安にしてください。

弔辞の書き方について知っておきたい6つのこと

それでは、さっそく今回のメインのご紹介をしていきましょう。今回のメインは、「弔辞」の書き方について知っておきたい6つのことです。

「弔辞」の書き方は自由ですが、盛り込んでおくとまとまりが良くなったり、スムースに書けたりするベースのような物があります。今回はそのベースを6つの構成に分けて、「弔辞」の書き方初心者さんでも分かりやすくご紹介します。

1:始めに哀悼の意を表現する

知っておくと便利な「弔辞」の書き方その1は、「始めに哀悼の意を表現する」です。

まずは礼儀として、哀悼の意を表現して始めます。なぜこんなにも早い別れなのかや、突然過ぎる逝去を悼みましょう。

このとき注意したいのが、「死」という言葉を使わないことです。あまりにも直接的すぎてご遺族のお気持ちに寄り添っていないことが理由です。

2:故人の人柄について述べる

知っておくと便利な「弔辞」の書き方その2は、「故人の人柄について述べる」です。

口語で構いませんので、故人がどのような人柄だったかをまとめましょう。

故人の人柄で救われた所や、尊敬していた所、ジョークに出きるのであれば悪いクセなども盛り込んで、参列者やご遺族が故人をリアルに思い出せるような「弔辞」にしましょう。

3:残されたものの決意を述べる

知っておくと便利な「弔辞」の書き方その3は、「残されたものの決意を述べる」です。

「弔辞」はただ故人との別れを悲しんでいるだけではありません。残されたものたちの、これからの人生への決意を述べて故人に安心して旅立ってもらうという役目ももっています。

「弔辞」を暗いものとして捉えていたら、決意を述べられなくなってしまいます。

4:忌み言葉に気をつける

知っておくと便利な「弔辞」の書き方その4は、「忌み言葉に気をつける」です。

「忌み言葉」とは、忌みはばかって使うことを避けられている言葉のことです。

不幸がまた訪れることを嫌って「ますます」や「たびたび」など繰り返す言葉は使ってはいけません。インターネット上に「忌み言葉チェッカー」もあるので、活用してみてください。

5:友人にあてた弔辞の書き方

知っておくと便利な「弔辞」の書き方その5は、「友人にあてた弔辞の書き方」です。

友人にあてての「弔辞」は、口語で語りかけるようにしましょう。思い出をふんだんに盛り込んで、参列者の中にいる故人の面影を鮮明にさせましょう。

友人なので、「早すぎる」という故人の死をいさめるような言葉も使って構いません。「また天国で会おう」など最後の約束の言葉をかけましょう。

6:上司にあてた弔辞の書き方

知っておくと便利な「弔辞」の書き方その6は、「上司にあてた弔辞の書き方」です。

上司にあてた「弔辞」は、上司の功績をかならず入れこみましょう。社内でどれほど重要な人物だったかや、お仕事での功績をお話しして、ご遺族の知らない故人の一面をご紹介しましょう。

そうすることによって、ご遺族も「会社でもこんなに人望があったのだな」と懐かしんでくれるでしょう。

弔辞を読む際に知っておきたいマナー

それでは、つづきまして「弔辞」を読む際に知っておきたいマナーについてのご紹介をしていきましょう。

「弔辞」を読むには、マナーが必要です。どれだけ感動的な「弔辞」だったとしても、マナーがなっていなかったら台なしです。しっかりと最低限のマナーをまなんで、完璧な「弔辞」を目指してください。

今回は「弔辞」のマナーを3つご紹介していきます。

1:礼

「弔辞」を読むときに知っておきたいマナーその1は、「礼」です。

「弔辞」を読むときには、礼をするタイミングがあります。名前を呼ばれて席を立ち、祭壇の前にきたらご遺族に軽く一礼し、遺影に向かって深く一礼します。

また、読み終えた時にも礼をしなくてはいけません。先に遺影に一礼した後に、ご遺族に一礼しましょう。礼をする場面は大きく分けてこの2つとなります。

2:弔辞を読むとき

「弔辞」を読むときに知っておきたいマナーその2は、「弔辞を読むとき」です。

両手に弔辞のつつみをを持って右手で開き弔辞を取り出します。一度「弔辞」を包みの下に重ねて持って、開いた包みを右手でたたみましょう。包み紙は、「弔辞」の下に重ね持って読みます。イスなどに置いても大丈夫です。

口調は、故人に語りかけるようにゆっくりと穏やかなものにしましょう。

3:弔辞を読み終わったら

「弔辞」を読むときに知っておきたいマナーその3は、「弔辞を読み終わったら」です。

読み終わったら、持ってきた時のように上包みに「弔辞」を戻し、表書きを霊前に向けて卓上に置いて遺影に一礼したあと、僧侶と遺族席に一礼して席に戻りましょう。

「弔辞」は持って帰ってもかまいません。

弔辞の書き方を知って思いを伝えよう

いかがでしたでしょうか。弔辞の書き方について詳しくご紹介してまいりました。弔辞の書き方について、知識は深まったでしょうか。

弔辞は、畏まっているだけではなくって、みなさんのお悔やみの気持ちを故人に届けてくれる、ステキなアイテムです。ぜひ弔辞の書き方を知って、遺族と故人にその思いを伝えてください。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

Related