Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月18日

男女の夏用の喪服の選び方|ヘアスタイルのマナー3つ

暑い夏にお葬式に参列して大変な思いをしたという方もおられることでしょう。夏のお葬式には、夏用の涼しい喪服で参列したいところです。この記事では、男女別に夏用の喪服の選び方についてご紹介していますので、ぜひ参考になさってみてください。

男女の夏用の喪服の選び方|ヘアスタイルのマナー3つ
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

夏用の喪服とは

肌が汗ばむ暑い季節にお葬式がある時には、普通の喪服ではなく夏用の喪服を着て参列しましょう。

最近では夏用の喪服として、例えば風通しがよいクール素材を使用したものや、自宅の洗濯機で洗濯できるものなどが各メーカー・ブランドから出ています。

夏にお葬式がある時に備えて、あらかじめ夏用の喪服を用意しておくと万が一の時に困ることがなく、便利です。

夏用の喪服は必要か?

そもそも、夏用にわざわざ別途喪服を用意しておく必要はあるのでしょうか。結論から言うと、秋冬用の喪服を着て暑い季節にお葬式に参列すると暑苦しく大変な思いをしてしまいますので、そうならないためにも夏用の喪服は必要だと言えるでしょう。

また、お葬式自体が夏以外にあったとしても、四十九日などを夏に行う場合もありますので、そんな時のために大人の嗜みとして夏用の喪服を一着はもっておきたいところです。

これで解決!夏用の喪服の選び方男女別

以上では、夏用の喪服の基本情報について見てきました。それでは、夏用の喪服として具体的にどのようなものを選べばよいのでしょうか。

ここからは、男女別に夏用の喪服の選び方をご紹介していきます。喪服を購入される際に、ぜひ参考になさってみてください。

男性の夏用の喪服の選び方

まずは、男性の夏用の喪服の選び方からチェックしていきましょう。一般的に、男性の夏用の喪服は秋冬のそれと比べて生地が薄く、風通しがよくなっています。

また、重さもなく軽やかな着心地であるということも夏用の喪服の特徴です。夏と言えどもお葬式の際にはジャケットの着用が必須ですので、暑い中着ていても苦にならない着心地の喪服を選びましょう。

1:裏地のない夏用スーツを選ぶ

男性の夏用の喪服の選び方としてまず挙げられるのが、裏地のない夏用のスーツを選ぶということです。

最近では各スーツブランドから裏地がついておらず、風を通して汗や蒸れを防いでくれるタイプの夏用スーツが出ていますので、そのようなものを夏用の喪服として選ぶとよいでしょう。

なお、当然ではありますが、お色は必ず黒を選びましょう。

2:夏用の弔事用ネクタイを選ぶ

夏用の弔事用ネクタイを選ぶということも、男性の夏用の喪服の選び方のポイントの一つとして挙げられるでしょう。

最近ではクールビズが社会に定着し、夏はノーネクタイで過ごす男性も増えてきましたが、お葬式はフォーマルな服装が必須ですので夏用の弔事用ネクタイをつけていきましょう。

ちなみに、このように夏と言えどもネクタイとジャケットは必須ですが、下に着るシャツに関しては半袖でもOKです。

3:冬用の喪服を選んで着てもOK

男性の夏用の喪服の選び方として、冬用の喪服を選んで購入してももちろんOKです。

お葬式に参列する際に大切なのはご遺族や他の参列者の方に失礼のないようなフォーマルな服装であるということですので、自分が暑さに耐えられるのであれば、冬用の喪服を着て行っても問題ありません。

ジャケットとパンツは冬用の喪服にして、下に着るシャツを半袖にすれば暑さがましになります。

女性の夏用の喪服の選び方

ここからは、女性の夏用の喪服の選び方について見ていきましょう。女性の場合は男性と違ってブラックフォーマルスーツの着用が必須ではなく、きちんとして見える上品でシンプルなデザインの黒の洋服で参列してもOKです。

いずれにせよ、夏は汗をかきやすいので、自宅で手軽に洗濯できる素材のものを夏用の喪服として選ぶと便利でしょう。

1:喪服用ワンピースのみでのOK

女性の夏用の喪服の選び方としてまず挙げられるのが、喪服用のワンピースを一枚で着るということです。

女性の場合、男性と違ってジャケットの着用は必須ではありませんので、冬用の喪服のワンピースだけを着用しても問題ありません。

ただし、夏であっても肌の露出は控えるべきですので、腕は5分袖ほどのものを選び、半袖は避けましょう。また、正座をしても太ももが見えない丈の長さのワンピースにすることも大切です。

2:裏地ナシのジャケットを選ぶ

裏地なしのジャケットを着用するということも、女性の夏用の喪服の選び方の一つとして挙げられるでしょう。

裏地なしのジャケットを選べば汗ばむ暑い季節でも快適に過ごすことができますし、汗が蒸れて臭いが気になってしまうという事態も防ぐことができます。

また、夏用に作られた七分袖のジャケットをチョイスするのもおすすめです。

3:背抜きジャケットを着る

背抜きジャケットを選ぶということも、女性の夏用の喪服の選び方の一つとして挙げられるでしょう。

途中まで裏地がついている背抜きジャケットならば、裏地なしのジャケットよりもフォーマル感が出ますし、夏だけではなく春や秋のお葬式や法事に着まわすこともできます。

夏の喪服などお葬式のマナーが学べる本はこちら

「お葬式にどんな服装で行けばいいの?」「お葬式でどのようにふるまえばいいの?」という疑問を解消してくれるおすすめの本として、「急なお葬式で困らない本」をご紹介します。

参列者として知っておくべき基本的なお葬式のマナーから、意外と知らないマナーまでわかりやすく解説してくれている一冊です。

また、葬儀を執り行う側のマナーについても説明してくれているので、一冊手元にあると何かと心強いでしょう。

お葬式でのおすすめヘアスタイル3選

以上では、夏用の喪服の選び方のポイントについてご紹介してきました。お葬式に参列する際にはきちんとした喪服を着て行くということも大切ですが、とりわけ女性の場合にはフォーマルで清潔感のあるヘアスタイルで行くということも同様に大切です。

ここからは、お葬式でのおすすめのヘアスタイルを3つピックアップしてご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

1:シニヨン

お葬式におすすめのヘアスタイルとしてまず挙げられるのが、シニヨンスタイルです。髪の毛の長い女性はダウンスタイルで参列するのはマナーとしてNGですので、すっきりとして見える上品でシンプルなシニヨンスタイルにするとよいでしょう。

また、基本的にヘアアクセサリーは使わないほうが無難ですが、ヘアネットを使ってシニヨンを作るのはOKです。

2:シンプルまとめ髪

シンプルなまとめ髪も、お葬式におすすめのヘアスタイルの一つとして挙げられるでしょう。後れ毛を作ると不潔でだらしない印象になってしまいますので、櫛と整髪料を使ってシンプルでありながらもきちんとした印象のまとめ髪にするのがおすすめです。

また、高い位置でアレンジをすると結婚式のような華やかな印象になってしまいがちですので、低めの位置でアレンジをしましょう。

3:ハーフアップ

ハーフアップも、お葬式におすすめのヘアスタイルの一つです。シニヨンなどにアレンジしにくいミディアムヘアの女性の場合には、黒いヘアゴムを使って控えめで上品な印象のハーフアップにアレンジするとよいでしょう。

夏用の喪服の選び方を知ろう!

今回は夏用の喪服について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。暑い季節のお葬式に参列することを想定して、夏用の喪服の選び方を知り、購入しておいてはいかがでしょうか。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

Related