Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月24日

通夜における挨拶の例文6つ|挨拶の際の注意点4つ

人が亡くなると遺族によって通夜が行われます。通夜には故人を見送るためにさまざまな所縁ある人が訪れます。喪主となった遺族は、来賓客にねぎらいの挨拶をして回る必要があります。通夜ではどのような挨拶が必要なのかを詳しく解説します。

通夜における挨拶の例文6つ|挨拶の際の注意点4つ
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

通夜における挨拶の例文は必要か

通夜には生前故人と所縁のあるあるさまざまな人々が訪れます。基本的に、通夜では親類や近所の人など普段から故人を付き合いのある人々が訪れますが、最近は時間の制約があり本葬に参加できない人も通夜に訪れます。喪主はこれらの来賓に挨拶をしなければなりません。

しかし、挨拶と言っても通夜は特別な場なので、どのような挨拶をしたら良いか分からない人が多いのが実情です。そのため、通夜のあいさつの例文が必要になります。

通夜の挨拶例文の役割

通夜は本葬と同じく故人を見送るために行う儀式の一環です。儀式にはそれぞれ決まりがあるように、通夜の挨拶にも決まりがあります。人の死は普段の生活では身近なことではなく、通夜の挨拶に決まりごとがあっても一般人には理解できません。

そのため、通夜で使う挨拶の例文を事前に用意しておくことで、滞りなく故人を送るセレモニーが行えます。喪主はその例文に従い、故人の故事を当て嵌めれば立派な挨拶文ができます。

通夜の挨拶例文は暗記すべきか

通夜での挨拶は、メモした挨拶例文を見ながら行っても問題ありません。大切なのは参加者に感謝の気持ちを表し、通夜を滞りなく進行させることです。

通夜での挨拶は通夜のさまざまなシュチュエーションに合わせておこなわれ、それぞれ挨拶する内容が異なります。暗唱できればそれに越したことはありません。しかし、普段慣れない文章を、しかも故人が亡くなった悲しみの中で挨拶例文を全て暗記するのは不可能です。

通夜における挨拶の例文6つ

通夜も本葬と同じように儀式の流れがあり、その節目ごとに挨拶をしなければなりません。通夜の進行の節目は主に6つあり、その節目に合わせて挨拶が変わります。

挨拶例文は葬儀社が持っているので、通夜の前に事前に打ち合わせをして用意します。どのような場面で、どのような挨拶をするのか、例文を挙げてご説明します。

1:僧侶への挨拶例

お通夜では故人のために菩提寺の僧侶に枕勤めをお願いします。僧侶に依頼する際の挨拶例文は

「お世話になっております。〇〇の〇〇でございます。さきほど〇〇が亡くなり、自宅に戻りました。枕経をお願いしたいのですがご都合はよろしいでしょうか」

また僧侶を出迎えのときは「本日はお忙しいところ、ご足労いただき誠にありがとうございます。何分不慣れでございますので、ご指導のほどお願い申し上げます。」と述べます。

2:開式の際の挨拶例

喪主は通夜に集まってもらった弔問客に向け開式の挨拶を行います。 通夜の弔問客は忙しい中集まってくれているので、できるだけ手短に行います。 開式の例文としては

「本日はお忙しいところ、〇〇のためにお集まりいただき、誠にありがとうございます。故人もさぞかし喜んでいることと存じます。〇〇は某日某時に息を引き取りました。大変安らかな最後でございました。」

3:閉式の際の挨拶例

通夜の閉式では弔問客にお礼と、通夜振る舞い、葬儀の予定を知らせます。 閉会の際の例文は

「本日はご多忙の中、故人のために通夜のご焼香を賜りまして、誠にありがとうございました。個人も皆さまに暖かく見守られ、大変喜んでいると存じます。つきましては別室に粗茶をご用意しておりますので、どうぞお召し上がりください。明日の葬儀は某時より〇〇で執り行う予定です。今後とも皆様のご支援のほどお願い申し上げます。」

4:振る舞いの開式の際の挨拶例

通夜における挨拶の例文6つ|挨拶の際の注意点4つ
通夜振る舞いは故人と最後の食事を共にする意味があります。 通夜振る舞いの挨拶例文は、

「本日はご多忙の中、○○へ丁寧なお悔やみをいただき誠にありがとうございました。また、〇〇の存命中のご厚情に対し、厚く御礼申し上げます。ささやかな食事ではございますが故人の供養のためにお召し上がりいただき、故人の思い出話などお聞かせいただければ幸いに存じます。本日は誠にありがとうございました。」

5:振る舞いの閉式の際の挨拶例

通夜振る舞いはしめりがちにならないよう、1時間程度で閉会します 例文として

「本日はお忙しい中、故人のためにご弔問をいただき深く感謝いたします。お陰さまで無事通夜の儀を済ませられました。皆さまにはゆっくりしていただきたい所ですが、ご都合のある方もいらっしゃるかとおもいますので、本日はこの辺でお開きにさせていただきます。どうぞお気をつけてお帰りください。本日は誠にありがとうございました。」

6:振る舞いの後の挨拶例

通夜振る舞いでは、枕勤めをしてしていただいた僧侶も同伴してもらいます。 最後に僧侶にお礼としてお布施をお渡しします。その時の挨拶例文は

「本日はお忙しいところ、故人のために懇ろにお勤めをしていただき、誠にありがとうございました。お陰さまで無事通夜の儀を執り行うことができました。どうぞお納めください。」

喪主がなすべき全てのお勤めが網羅されているガイドブック

喪主の勤めは突然やってきて、そして誰でもその可能性があります。故人を無事に見送るため、喪主がなすべきことは多くあります。もちろん葬儀社に全て任せて良いのですが、やはり喪主となるからには立派に葬儀を執り行う必要があるでしょう。

この本には喪主がすることが網羅され、しかも90分程度で理解できる内容にまとまっています。 単行本サイズなので葬儀で使っても重宝します。1家に1冊は準備しておきたいガイド本です。

通夜における挨拶の際の注意点4つ

通夜の挨拶は、葬儀社が用意している例文に、故人の情報や喪主の立場に合わせて内容を当てはめていけば、恥かしくない挨拶文ができるようになっています。

しかし、例文があったとしても注意すべき点が4つあります。 例文をもとに挨拶の文章を作る際にどのような点に注意しなければならないのか、詳しくお話します。

1:声の出し方・話し方

お通夜での挨拶や故人への想いや、弔問客へ感謝の気持ちを伝える大切な礼儀です。普段の挨拶とは異なり、慣れない言葉使いや、大勢の前での挨拶で緊張してしまうことは仕方がありません。

しかし、例文が書かれたメモを見ながら挨拶しても良いからといって、棒読みになるようなことはやめましょう。 感謝の意を込めながら、丁寧におだやかに声を出してください。 厳かな席なので、大声を張り上げるのはNGです。

2:お辞儀のタイミング・姿勢

お辞儀は挨拶文を読み上げる前後に行います。通夜で行うお辞儀は深々と頭を下げる最敬礼で行います。頭から腰まで一直線になるように背筋を伸ばし、腰らから45度の角度で状態を倒します。

男性であれば両脇を締め腕をまっすぐに伸ばして礼をします。女性であれば、右手で左手を抑えるようにして前に重ねてお辞儀をします。

3:NGワード

通夜や葬儀では使ってはいけないNGワードが存在します。 忌み言葉と呼ばれるもので、これを使うと失礼になります。

「重ね重ね」「再三」「くれぐれも」「しばしば」「また」など、二度三度を意味する言葉は、不幸が重なることを意味するのでNGです。また「死ぬ」「九」「四」などは、「死」や「苦しむ」を連想させるためNGワードになります。

4:挨拶の長さ

通夜の挨拶は短すぎても、長すぎてもいけません。 長すぎると仰々しくなり、短過ぎると失礼になります。 挨拶は基本的には簡潔にまとめます。時間とすれば3分くらいが適当です。用意する挨拶文も、各挨拶で400字詰め原稿用紙1枚分くらいがよいでしょう。

通夜における挨拶の例文を理解しましょう

お通夜ではさまざまな場で喪主が僧侶や弔問客に挨拶を行います。お通夜や葬儀は決まった形式があり、挨拶の内容も決まっています。普段あまり使わないないようなので、葬儀社が挨拶例文を用意しています。

例文に故人の情報や、喪主の立場に従って例文に情報を当てはめれば、立派な挨拶ができるようになります。

挨拶例文を活用し、故人の冥福のために立派な通夜や葬儀を執り行ってください。

Related