Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月25日

直葬をする場合の服装10選|直葬にふさわしくない服装

葬儀をできるだけ小規模にしたいと考える人が増えています。そんな人に人気なのが、「直葬」です。では、直葬はどのような服装で行けば良いのでしょうか。今回は、直葬をする場合の服装10選やふさわしくない服装を紹介します。ぜひチェックしてマナーを守りましょう。

直葬をする場合の服装10選|直葬にふさわしくない服装
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

直葬とは

直葬をする場合の服装10選|直葬にふさわしくない服装
直葬とは、お通夜や告別式をせず、小規模で行う葬儀のことです。最近は無宗教の人も増えてきていて、葬儀の形にこだわらない場合も多いです。また、葬儀の予算を極力抑えたいという人も多いため、直葬を選ぶ人が多いと言われています。

今回は、直葬をする場合の服装10選や直葬にふさわしくない服装を紹介していきます。まずは、以下で直葬の流れや費用についてまとめましたので、ぜひチェックしてみてください。

流れ

直葬の流れは、遺体安置後に出棺し、葬儀場で火葬を行います。一般的な葬儀では1日目にお通夜を、2日目に告別式、火葬を行うことが多いです。直葬ではお通夜と告別式を行なわず、そのまま火葬をするということになります。

ただし、遺体は24時間は安置するという法律があります。そのため、亡くなってからすぐに火葬することはできません。また、プランによっては火葬の際に読経や焼香をする場合もあります。

かかる費用の相場

直葬は一般的な葬儀に比べて費用を抑えられるのが魅力の1つです。一般的な葬儀では、お通夜や告別式などを含め、120万円ほどかかります。しかし、直葬の相場は、20〜30万円前後と言われています。

差額はおよそ100万円とかなり節約になるため、費用を抑えたい人にぴったりです。中には10万円ほどのプランもありますが、必要な物品などが含まれず、追加料金が発生することも考えられるため、注意しましょう。

直葬をする場合の服装10選

ここからは、直葬をする場合の服装10選を紹介していきます。直葬は一般的な葬儀とは異なり、身内や親しい人だけで行うことが多いです。そのため、マナーについてはおろそかになりがちという側面があります。

しかし、直葬は故人とお別れする大切な儀式のため、マナーを守って行いましょう。以下では、服装についてのマナーのほか、具体的な服装例を挙げてみました。ぜひチェックして恥をかかないよう、参考にしてみてください。

男性編

直葬の場合の男性の服装は、黒色のスーツや喪服が一般的です。これは一般的なお通夜や告別式と同じマナーなので、黒いネクタイや白いシャツを着用すれば問題ありません。

身内だけで行う直葬の場合は、そこまで厳格に決まりを守る必要はありません。しかし、故人を弔う気持ちを服装で表すことは大切です。柄物のシャツや派手なベルト、光沢のある靴などは避けるのが無難です。喪服を持っていない場合は暗めの服装を選びましょう。

1:準礼装

直葬をする場合の服装の1つ目は、準礼装です。お通夜や葬儀などでは一般的なブラックスーツなどの準礼装を着用するのが無難でしょう。黒色のジャケットとズボン、ネクタイが基本で、白無地のシャツを着用するのがマナーです。

靴は光沢のないタイプのものを選ぶようにしてください。また、アクセサリーは外し、シャツは全てのボタンを締め、ネクタイも着用するのが礼儀です。一般的な喪服で臨みたいときは、準礼装がおすすめです。

2:ダークスーツ

直葬をする場合の服装の2つ目は、ダークスーツです。ブラックスーツと混同してしまう人も多いですが、ダークスーツとブラックスーツは厳密には異なります。ブラックスーツもダークスーツも黒無地のスーツですが、ブラックスーツは生地が厚く、濃い黒色をしているのが特徴です。

一方、ダークスーツは黒以外に濃紺や濃グレーのものも指します。また、ビジネススーツでもあるため、ビジネスシーンや結婚式などでも着られます。

3:紋付袴

直葬をする場合の服装の3つ目は、紋付袴です。男性の正式礼装と言えば紋付袴を思い浮かべる人も多いでしょう。直葬の場合でも紋付袴を着用して問題ありませんが、喪主や年長者が着用するのが通例です。

また、紋付羽織袴が正喪服とされていますが、そこまで格式が高いものを着用しないならば、地味目の色の着物に羽織を合わせても良いでしょう。黒が基本ですが、濃紺やグレーでも問題ないとされています。

4:モーニングコート

直葬をする場合の服装の4つ目は、モーニングコートです。モーニングコートも紋付羽織袴のように正式礼装なので、格式の高い装いです。参列する全員が着用する必要はなく、喪主などが必要であれば用意するという認識で良いでしょう。

モーニングコートは結婚式で着用するものと考える人が多いですが、弔事の際の正式洋装でもあります。弔事では、カフス、ネクタイ、靴下などは必ず黒で統一するのがマナーです。

5:カジュアル

直葬をする場合の服装の5つ目は、カジュアルです。直葬は一般的な葬儀と比べて小規模です。また、参列者も近親者のみという場合が多いため、喪服を着用しない人もいると言われています。そのため、カジュアルな服装を選んでも問題ないでしょう。

写真のように黒や地味な色を選び、ジャケットを羽織るなどしてきちんとした装いにするのがおすすめです。故人を弔う気持ちを示せるよう、だらしない服装は避けるのが無難です。

女性編

女性の場合の直葬の服装は、黒色のワンピースや喪服が一般的です。男性と同じように、一般的なお通夜や告別式に参列する時と同じ服装を選ぶのが無難です。

しかし、限られた身内だけの場合は必ずしも厳格な喪服でなくても問題ありません。暗めの色を選び、ファーや皮などを使用しない服装を選びましょう。また、派手すぎるアクセサリーは避けた方が良いです。身内だけとはいえ、故人を哀悼する気持ちを示すのがマナーです。

6:和装

直葬をする場合の服装の6つ目は和装です。女性の場合も、葬儀では和装を着用することがあります。ただし、喪主の配偶者や年長者の場合に限ることがほとんどです。

直葬の場合も和装を選んでも問題ありませんが、格式の高い染め抜き五つ紋付の着物は一般参列者は選ばないのが通例です。次に格式が高いのは寒色系の無地で1つか3つの家紋が入ったタイプです。どちらの場合も帯は黒無地で、髪飾りや帯留めはつけないのがマナーです。

7:正式礼装

直葬をする場合の服装の7つ目は、正式礼装です。正式礼装とは、もっとも格式が高い服装という意味です。上記で和装について説明しましたが、洋装の正式礼装は、シルクやウールのワンピース、またはスーツが一般的です。

ただし、正式礼装を着用するのは喪主や遺族、親族の一部だけです。一般的には三等親までが着用するものとされています。

8:略礼服

直葬をする場合の服装の8つ目は略礼服です。略礼装とは準礼装よりも格下の服装です。黒やグレー、濃紺などのスーツ、アンサンブル、ワンピースなどが一般的です。また、無地が無難ですが、チェックやストライプなども目立たなければ良いとされています。

ただし、直葬は故人を弔う儀式なので、できるだけ地味なタイプを選ぶようにしましょう。バッグは布製、または光沢のないものを、靴は皮などの光沢のないタイプが適しています。

9:パンツスーツ

直葬をする場合の服装の9つ目は、パンツスーツです。女性の喪服と言えばスカートタイプのスーツやワンピースが多いですが、直葬ではパンツスーツでも問題ありません。ビジネス用のパンツスーツでも問題ありませんが、黒や濃紺、濃いグレーなどを選ぶのが無難です。

ただし、参列者が近親者だけでない場合、パンツスーツは避けるべきという意見もあります。限られた身内だけの葬儀の場合に限って選ぶようにしましょう。

10:黒ワンピース

直葬をする場合の服装の10個目は、黒ワンピースです。喪服が用意できない場合は、黒色のワンピースを着用しても良いでしょう。ただし、カジュアルすぎるワンピースは直葬にふさわしくありません。飾りがついていない、もしくは目立たないタイプを選ぶのが無難です。

形は肌の露出が少なく、レースなどが多すぎないものが良いです。また、スカート丈は膝下、もしくは膝丈くらいが適しています。

直葬のマナーを知りたい人におすすめ

直葬のマナーを知りたい人におすすめなのは、「小さな葬式と墓じまい」という本です。この本は、直葬のほか、家族葬や一日葬など、小規模な葬儀の内容やマナーを説明しています。

また、お墓の建て方や納骨についての解説もしているため、身近な人が亡くなってからやることを学べるところもポイントです。

直葬にふさわしくない服装

直葬をする場合の服装10選|直葬にふさわしくない服装
ここからは、直葬にふさわしくない服装を紹介していきます。先にも説明したように、直葬は身内や限られた人だけで行うことが多い葬儀です。そのため、服装の決まりを厳格に守らなくても良いという意見も多いです。

ただし、喪服がない場合も暗めの服装を選び、故人を弔う気持ちを服装で示すようにしましょう。以下では、具体的に直葬にふさわしくない服装例を挙げてみました。これらのマナーは最低限守り、直葬に臨みましょう。

アクセサリーをつける

直葬にふさわしくない服装の1つ目は、アクセサリーをつけることです。葬儀ではアクセサリーを外すのがマナーとされているため、直葬においても同じです。

特に和装の場合は結婚指輪以外のアクセサリーをつけないのが通例なので、注意しましょう。洋装の場合は真珠を選び、金色の金具のアクセサリーはつけないのが一般的です。また、二連のネックレスは不幸が重なるという意味に繋がるとされるため、一連のものを選ぶのが無難です。

派手な服

直葬にふさわしくない服装の2つ目は、派手な服です。直葬は故人を弔う儀式なので、ふさわしい服装を選ぶことが大切です。たとえ身内だけだとしても、派手な服装を選ぶのはマナー違反です。

基本的に喪服を選べば問題ないですが、手持ちにない場合はわざわざ用意しなくても良いでしょう。ただし、黒や紺、グレーなどの色を選び、スーツやシンプルなワンピースが一般的です。

柄物の服

直葬にふさわしくない服装の3つ目は、柄物の服です。喪服は柄のない白無地のシャツや黒色のスーツ、ネクタイ、ワンピースなどが基本です。これに則って、直葬の場合も柄物の服を選ばないのが通例です。

どうしても柄物の服しか用意できない場合は、極力目立たないものを選びましょう。ただし、色は黒やグレー、紺色など地味なものを選ぶのが無難です。アニマル柄やブランドのロゴなどが大きく入った服はふさわしくありません。

直葬にふさわしい服装を選ぼう

今回は、直葬をする場合の服装10選や直葬にふさわしくない服装について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。紹介したことを踏まえ、直葬にふさわしい服装を選びましょう。

Related