Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月24日

落慶法要におすすめの服装10選|NGな服装や落慶法要の流れ

お寺の修繕や再建などをした際は、落慶法要を行います。落慶法要に招待された際は、どのような服装で行けば良いのでしょうか。今回は、落慶法要におすすめの服装10選、NGな服装や落慶法要の流れを紹介していきます。ぜひチェックしてみてください。

落慶法要におすすめの服装10選|NGな服装や落慶法要の流れ
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

落慶法要とは

落慶法要(らっけいほうよう)とは、お寺を新築した際や修理が完成した際に行う法要のことです。工事が終わったのち、本山から僧侶や檀家が集まって祝賀法要が行われるのが一般的です。

では、落慶法要に参列する場合はどのような服装で行けば良いのでしょうか。今回は、落慶法要におすすめの服装10選、NGな服装や落慶法要の流れを紹介していきます。まずは以下で落慶法要の流れや服装の決まりについてを見てみましょう。

落慶法要の流れ

落慶法要は、開眼法要や落慶入魂式、落慶入沸式を行うのが一般的です。開眼法要や落慶入魂式とは、本尊に魂を入れる儀式のことです。浄土真宗では落慶入佛式と呼ばれます。

また、稚児行列などを行う場合もあります。稚児行列は、子供たちが伝統衣装を身につけて行列を作って行進することです。子供は神霊が宿るとされていて、落慶法要に限らず大切な役割があると考えられています。

服装の決まりはある?

落慶法要に参列する際の服装は、厳格な決まりはありません。お寺の檀家の人などは紋付袴、モーニングコートなどの正式礼装を着用することが多いです。しかし、そのような立場でない参列者は、礼服が一般的です。

また、いわゆる参観日スタイルのような服装でも問題ないとされています。とはいえ、あまり派手すぎる服装はふさわしくないため、お祝いの席で着る服でも控えめなカラーやデザインを選ぶと良いでしょう。

落慶法要におすすめの服装10選

ここからは、落慶法要におすすめの服装10選を紹介していきます。落慶法要の服装には厳格な決まりはないと説明しましたが、ふさわしい服装で参列するのがマナーです。一般的には礼服やフォーマルウェアで参列することが多いですが、具体的にどのような服装があるのでしょうか。

以下では男女別の落慶法要にふさわしい服装を挙げてみました。ぜひチェックして当日に慌てないようにしましょう。

男性編

落慶法要におすすめの男性の服装は、スーツです。ビジネススーツでも問題ありませんが、落慶法要は祝賀式なので、フォーマルウェアがふさわしいと言えます。

色は黒やグレー、紺色などの落ち着いたものを選ぶのが無難です。しかし、葬儀ではないため、ネクタイは黒以外を選ぶようにしましょう。では、以下で具体的な例を挙げてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

1:ブラックスーツ

落慶法要におすすめの服装の1つ目は、ブラックスーツです。ブラックスーツは、男性の礼服の中でも格式が高めの装いです。何を着ていくか迷ったらブラックスーツを選ぶと間違いないでしょう。

具体的にはシングルやダブルなどがありますが、どちらでも問題ありません。ベストは着用するのが正式なので、同じ布地のベストがあると良いです。ネクタイはグレーや白などが華やかに見えます。また、靴は黒のストレートチップが無難です。

2:ダークスーツ

落慶法要におすすめの服装の2つ目は、ダークスーツです。ダークスーツは黒っぽいスーツのことです。ネイビーのほか、濃いグレーなどもダークスーツとして使用できるのがポイントです。

ただし、フォーマルな装いが適しているため、無地のタイプを選びましょう。シャツは色物を使用しても問題ありませんが、柄物は避けるのが無難です。

3:モーニングコート

落慶法要におすすめの服装の3つ目は、モーニングコートです。モーニングコートは、最も格式の高い男性の正装でです。一般的なスーツとは異なり、ジャケットの前から丸くカットされて尾長になっているのがポイントです。

シャツはウイングカラー、ネクタイは黒とグレーなどの縞柄が定番です。モーニングコートは檀家の人などは選ぶこともありますが、一般的な参列者はここまで格式が高い必要はないでしょう。

4:グレースーツ

落慶法要におすすめの服装の4つ目は、グレースーツです。黒色のスーツ以外にも、グレーのスーツも着用して問題ありません。写真のようにジャケットやスラックス、ベストを同じカラーにしましょう。

ネクタイはネイビーや濃いグレーを合わせると締まって見えます。また、シャツはストライプ柄のほか、無地の白色などでも問題ありません。

5:ジャケットスタイル

落慶法要におすすめの服装の5つ目は、ジャケットスタイルです。スーツではかしこまり過ぎると感じるなら、ジャケットスタイルでも良いでしょう。ただし、写真のようにネクタイをするのは忘れないのがポイントです。

女性編

落慶法要におすすめの女性の服装は、フォーマルウェアのワンピースやアンサンブルです。女性も男性と同じく、フォーマルウェアを身につけるのが一般的です。葬儀ではないため、喪服を着るのはマナー違反です。

女性のフォーマルウェアはさまざまなタイプがありますが、セットアップタイプやアンサンブル、ワンピースなどどれでも構いません。色はベージュや薄いピンク、グレーなど、明るめでも良いでしょう。

6:プリーツカットソー

落慶法要におすすめの服装の6つ目は、プリーツカットソーです。プリーツタイプは上品なイメージがあるため、祝賀儀式にぴったりです。写真は黒色ですが、ビジュー付きなので華やかに見えるのがポイントです。

7:和装

落慶法要におすすめの服装の7つ目は、和装です。落慶法要は何度とない法要なので、雰囲気を十分に味わえる着物を選ぶのも1つの選択肢と言えます。

和装は品がある色を選ぶのがポイントです。慶事用のタイプを選び、祝賀儀式にふさわしい華やかなものがおすすめです。

8:ツイードワンピース

落慶法要におすすめの服装の8つ目は、ツイードワンピースです。フォーマルタイプのワンピースは儀式にはぴったりの装いです。写真のように上品なグレーやベージュなどのカラーを選ぶのがポイントです。

9:セットアップ

落慶法要におすすめの服装の9つ目は、セットアップです。セットアップは上品に見えるため、1つ持っておくと便利です。落慶法要にはもちろん、子供の式典や顔合わせなどのシーンでも使用できます。

10:フォーマルスーツ

落慶法要におすすめの服装の10個目は、フォーマルスーツです。何を着ていくか迷ってしまったら、フォーマルタイプのスーツがおすすめです。デザインが豊富なので、お好みに合わせて選べるのがポイントです。

スーツのマナーをもっと知りたい人におすすめ

スーツのマナーをもっと知りたい人におすすめなのは、「今さら聞けない服装のマナー」という本です。この本では、結婚式や結婚パーティー、葬式などのシーンごとに適切なスーツの選び方を紹介しています。

また、クールビズや出張などにおすすめのスーツも紹介しています。TPOに合わせた服装選びが苦手な人は、ぜひチェックしてみてください。

落慶法要に適していない服装

ここからは、落慶法要に適していない服装を紹介していきます。いくら厳格な決まりがないとはいえ、どのような服装でも良いわけではありません。落慶法要は寺社の盛大な祝賀儀式なので、お坊さんや檀家の人から見て不快にな服装でないことが最低条件です。

では、どのような服装が落慶法要に適していないのでしょうか。以下で詳しく説明しますので、ぜひチェックして恥をかかないようにしましょう。

カジュアル

落慶法要に適していない服装の1つ目は、カジュアルな服装です。カジュアルウェアでも品のあるタイプもありますが、落慶法要にはフォーマルを選ぶのが無難です。チェック柄やアニマル柄などは選ばず、ワントーンや無地に近いタイプがふさわしいでしょう。

また、ダメージの入ったデニムや奇抜なカラーは儀式には不向きです。夏の場合も、肌の露出はできるだけ控えるなど、配慮をすることも大切です。

ラフ

落慶法要に適していない服装の2つ目は、ラフな服装です。落慶法要は儀式なので、フォーマルな服装が適しています。ジーンズやTシャツなどのラフな服装はふさわしくありません。

また、事情がない限り、スニーカーやサンダルを履くのも避けるのが無難です。動きやすさや着心地よりも、その場にふさわしい服装を選ぶのがポイントです。

落慶法要にふさわしい服装を選ぼう

今回は、落慶法要におすすめの服装10選、NGな服装や落慶法要の流れを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。落慶法要は寺社の祝賀儀式なので、相応の服装を選ぶことが大切です。紹介したことを踏まえ、落慶法要にふさわしい服装を選ぶようにしましょう。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

Related