Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月14日

共同墓地のメリットとデメリット8つ|共同墓地の費用相場

「そろそろお墓を探しをしなくては」と考える人は多いでしょう。最近注目を浴びている共同墓地を知っていますか。そこで今回は、共同墓地について調べてました。共同墓地のメッリトやデメリット、合わせて共同墓地の費用の相場を紹介しますで、今後の参考にしてみて下さい。

共同墓地のメリットとデメリット8つ|共同墓地の費用相場
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

共同墓地とは何か

そもそも共同墓地とは一体何なののでしょうか。共同墓地とは、個人のお墓ではなく、カロートがあり、そこに共同で遺骨を納骨して、供養する新しいタイプのお墓といいます。

最近では、費用も安く、永代供養してくれるところもあり注目を集めています。ただし、全ての共同墓地で永代供養してくれるわけではありません。

ちなみにカロートとは、納骨のスペースのことで、つまり供養塔や石碑のなどの下に広い地下のスペースのことです。

一般のお墓との違い

共同墓地のメリットとデメリット8つ|共同墓地の費用相場
一般的なお墓と比べて明らかに違うことがあります。大きく違う所は、永久に供養をしてくれるか、どうかとなります。基本的にどこの墓地でも永久に供養はして頂けます。ただ、遺骨をどこの場所に置くかということです。

全ての共同墓地では、遺骨を永久に供養してくれるわけではありません。33回忌、50回忌などの一定の期間が過ぎると、他の場所に移動し、他の方の遺骨と一緒に祀られることになります。

永代供養との違い

永代供養とは、遺族や子孫に代わり霊園や寺院などが遺骨を管理・供養することです。共同墓地は別名「永代供養墓」と呼ばれ一般的に馴染みがあるでしょう。

永代供養墓は地域の住人が管理をし、その住人(構成員)が使用できます。一方現代の共同墓地は地域の住人ではなく、お寺やNPO 法人が有しており、そのほとんどがお墓参りに来る人はいません。ですので、僧侶や管理者が永久に供養します。

共同墓地のメリットとデメリット8つ

皆さんは共同墓地を考えたことはあるでしょうか。当然、考えている人もいることでしょう。確かに共同墓地と言うのは便利な部分もあります。しかし、1人世帯が多くなった現在では、供養をして貰ったり、無縁墓にならないためにも誰かと共同墓地の購入を考えた方がいいでしょう。

そのためには、今元気なうちに共同墓地を考えておかなくてはいけません。それにはメリットやデメリットも頭に入れておきましょう。

メリット1:費用が安い

共同墓地のメリット1は「費用が安い」です。普段お墓は個人や家族で購入をする場合、地域にもより多少のかたよりはあります。それでも、約100万~200万の間と考えたほうがいいでしょう。それには年間管理費などが含まれます。

でも、共同墓地は複数の人と入ることにより、個人に掛かる費用は約5万~100万未満です。複数で入ることにより管理費がなくなります。地域にも寄りますが共同墓地は負担が減るのがメリットです。

メリット2:無縁墓にならない

共同墓地のメリット2は「無縁墓にならない」です。お墓と言うのは個人よりは共同墓地にしたほうが無縁墓地にならなくて済みます。

その理由は、お墓はお寺が管理してるところが多く、綺麗な環境いれたり、共同墓地なので、誰かの親族さんなどがお花を代えてくれると言うこともしてくれるでしょう

メリット3:交通の便がいいところにある

共同墓地のメリット3は「交通の便がいいところにある」です。比較的、共同墓地というのは交通の便がいい条件の場所にあります。

駅から行ける場所や車できても、きちんと駐車場が完備されていて誰もが供養にきやすいのが共同墓地の魅力です。家族や親族なども通える場所にあるというのは最大のメリットともいえるでしょう。足が悪い人でも、気軽に行くことができます。

メリット4:後を継ぐ人がいなくてもいい

共同墓地のメリット4は「後を継ぐ人がいなくてもいい」です。例えお子さんなど後を継いでくれる人がいなくても共同墓地は安心といえます。そして、お子さんがいても離れて住んでいればお墓を管理できなくなってしまうのは同然のことでしょう。

共同墓地は常に誰かが管理してみてくれるので、自分にもしものことがあったらその後お墓がどうなるのか、と心配をしなくてもいいです。

デメリット1:家族でない人と共同になる

共同墓地のデメリット1は「家族でない人と共同になる」です。共同墓地は家族の人と入るわけではないということ考えておきましょう。先祖代々のお墓ではなく、全くの面識もない人と一緒になり、自分だけのお墓ではなく供養も色いろなが訪れるということが共同になるということです。

デメリット2:個別の法要は行われない

共同墓地のデメリット2は「個別の法要は行われない」です。共同墓地というのは、個人のお墓ではないのでお寺が管理して、家族ではない人と一緒に入るので、お盆などと言ったときには一斉に法要がおこなわれます。ただし、少し例がもあり、家族が個別でと申し出たときは、特別にしてくれる所もあるといえるでしょう。原則として個別の法要はありません。

デメリット3:ゆっくりと語り合う時間がとれない

共同墓地のデメリット3は「ゆっくりと語り合う時間がとれない」です。共同墓地というのは納骨堂が一緒なので、これから先の打ち合わせや納骨している人と話すことはできないと考えたほうがいいでしょう。

デメリット4:掃除がざつ

共同墓地のデメリット4は「掃除がざつ」です。少し掃除がざつになってしまうこともあります。

個人のお墓ならお子さんや身内の人がきて掃除をします。でも共同墓地は家族以外の人も供養をする場所なので、少し汚れてきたらお寺の人が軽く掃除をしてくれる程度なので、ざつになってしまうということも覚えておいたほうがいいです。それだけ多くの方が祀られてるので、全てにまで目が行き届かないというこになります。

共同墓地の費用相場

共同墓地での異様の相場はどうなっているのでしょうか。早速みてみましょう。

共同墓地で係る費用が大きくわけて2つあり、墓地を使用する「使用料」と、その管理をお願いする「管理費」が必要となります。

また、場所によっては、使用料と管理費を併せて「永代供養料」として納めるところもあります。いろいろなサービスをする墓地もあるので。予算に合わせて選びましょう。

使用料の相場

使用料の相場はいくらになるのでしょう。その前にそもそも使用料とは何ですか。使用料とは共同墓地を使用するための費用です。共同墓地は大きく分けて3つ母体が管理しています。

1.公営の共同墓地
2.民営の共同墓地
3.寺院の共同墓地
になります。運営、管理している場所によって金額が異なります。

公営の共同墓地

公営の共同墓地の場合び費用は数万円~お願いすることができます。費用を安くすませることができるのが最大のメリットと言えます。費用を抑えたいと言う方にはありがたいことです。

こちらの使用料金を支払いする場合、ほとんどが一括となる所が多いので、個々でその点も確認するとよいでしょう。

民営の共同墓地

共同墓地のメリットとデメリット8つ|共同墓地の費用相場
民営の場合はどうでしょうか。民営の場合は、公営の共同墓地より費用が高くなります。しかし。その分ご遺族へ向けた行き届いたサービスをしてくれるところが多くあります。

公営ではない、民営ならではサービスとなります。費用は高くなりますが、そのようなサービスを求める方におすすめとなります。

サービスの内容は、場所によりことなります。いろいろなサービスがあるので1社ではなく、何社か話を聞くことをおすすめします。

寺院の共同墓地

寺院の場合の費用は高いいったイメージがありますが、共同墓地ということで費用を抑えているといった寺院もあるでしょう。

正直な所寺院の費用は、分かりにくいところがあります。寺院によってかなりことなるので、「○○万円です」とはっきりいえません。

寺院によっては開示されていないところが多くありますので、ここで確認することおすすめします。

管理費用の相場

管理費の相場はいくらになるのでしょうか。そもそも管理費用とは、お墓を管理するために必要な費用なことです。

管理費用も使用料同じように「公営の共同墓地」「民営の共同墓地」「寺院の共同墓地」の3つに分かれているので、それぞれを見て行くことにしましょう。

公営の共同墓地

公営の共同墓地の管理費用は、地域によよって費用は異なるので確認が必要です。公営の共同墓地の大体の相場は、年間で数千円くらいからの所もあれば、使用料や管理費と区別されないで、永代供養料としてまとめられるところもあります。その場合の永代供養料としての費用は、数万円を納めることとなります。

使用料と同じで、支払いの方法は一括で支払うところが多くあります。なので、探すときには頭に入れておくといいです。

民営の共同墓地

共同墓地のメリットとデメリット8つ|共同墓地の費用相場
民営の共同墓地の費用は、公営より費用が割り高になり、数万円~10万円以上です。営と民営の費用の差は、サービスの内容やプランによって異なります。

民営の場合、公営と違い各社、心のこもったサービス内容とプランを用意しています。
あなたがどのようにしたいかで、費用は大きく変わってくるでしょう。

費用やサービスの内容、プランを詳しく知りたい方は、個々での確認をお願いします。きっと素敵なところが見つかります。

寺院の共同墓地

寺院の共同墓地の管理費長は、数万円程度からです。寺院によって大きく費用の差があります。数万円程度から色々と設定されています。特に寺院の多くの場合は、使用料と管理費との区別設定されていないので、全ての費用を永代供養料として納めることが多いです。

寺院は宗派問わず申し込むことができ、永代供養して頂けるのが魅了くの一つとなっています。また、いろいろなプランもあるので、確認してみましょう。

こんな人に共同墓地はおすすめ

以下の項目に何個あなたの考えは当てはなりますか。こんな方には共同墓地はおすすめです。

・お墓にかける費用は少しでも安く抑えたい
・金額面での心配、不安がる

・今後お墓参りやお墓を守ってくれる人がいないので心配
・子供や親族にお墓を守るなどの負担をかけたくない
・個人でのお墓は望まないが、お参りをする場所は欲しい

2つ以上チェックが付く方は、共同墓地はおすすめとなりますので、せひ検討してみて下さい。

メリットデメリットを知り共同墓地を検討しよう

共同墓地のメリットとデメリット、共同墓地の費用相場について紹介してきました。「お墓を探さなくては」と一言にいってもいろいろとあります。どれが良くて、どれが悪いとは一概にいうことはできません。

しかし、メリットとデメリットを知っているだけで、お墓を選ぶ判断基準の幅は広がります。
あなたのライフスタイルにあった、お墓を探すことが一番良いです。メリットとデメリットを知りより良いお墓選びを検討しましょう。

Related