Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月18日

盆花におすすめの花8選|盆花にふさわしい花の色・買える場所

盆棚にご先祖様をお供えするお花、盆花というものを知っていますか。本記事では盆花におすすめの花8選、盆花にふさわしい花の色・買える場所について紹介していきます。盆花には向いている花とそうではない花があるのでしっかりと把握しておきましょう。

盆花におすすめの花8選|盆花にふさわしい花の色・買える場所

盆花とは

盆花におすすめの花8選|盆花にふさわしい花の色・買える場所
本記事では盆花におすすめの花8選、盆花にふさわしい花の色・買える場所について紹介していきます。

盆花は盆棚にお供えするお花のことを意味します。盆棚とはお盆に、ご先祖の霊を迎えるための供物を飾る棚です。盆花には生花と造花とがあり、ご先祖様がそこに宿るともいわれています。

盆花というと、「お盆にお供えする花のことかな」と考えてしまう方もいますが意味として異なるので注意しましょう。

どこで買える?

盆花はどこで購入できるのか、普段花を買わない人にとっては困ってしまう問題でしょう。盆花は、花屋さんで売られています。予算などを伝えると盆花に向いている花で用意してくれるでしょう。

楽天やAmazonなどネットショッピングでも盆花を購入することが可能です。ネットショッピングであれば、自分の仏壇、盆棚に合った盆花がないか時間を気にせずじっくりと選ぶことができるでしょう。

盆花におすすめの花8選

盆花におすすめの花8選|盆花にふさわしい花の色・買える場所
お盆花には花の指定などははっきりとした決まりはありません。しかし向いている花というものは存在します。では、実際どんな花が盆花に向いているといわれているのでしょうか。

次は盆花におすすめの花8選、菊・百合・リンドウ・カーネーション・トルコキキョウ・キンセンカ・ミソハギ・グラジオラスを紹介していきます。お盆は来客がある時期でもあるので恥ずかしくないように向いている花を盆花として飾りましょう。

花1:菊

盆花におすすめの花8選|盆花にふさわしい花の色・買える場所
盆花におすすめの花、1つ目は「菊(きく)」です。菊はお盆と言わず弔事によく用いられるお花なので、盆花でも菊を選んでおけば間違いありません。

菊は切り花にしても長持ちするところや、邪気を払うといわれていたため、古くから仏花として用いられてきました。

菊の花言葉は「高貴」「高尚」「高潔」「清浄」「真実の愛」、色や種類も豊富なので、赤以外選べば盆花として役割を果たしてくれるでしょう。

花2:百合

盆花におすすめの花8選|盆花にふさわしい花の色・買える場所
盆花におすすめの花、2つ目は「百合(ゆり)」です。百合は白やピンク、黄色などの香りの強い大ぶりの花を咲かせます。百合の花ことばは「純粋」「無垢」「威厳」です。

百合は気品があり優雅な姿が人目を引くので結婚式や花束にも使われます。年配の人にも評判が良く、盆花ではメインの花として飾るのにおすすめでしょう。特にカサブランカといわれる品種は盆花に向いているといわれています。

花3:リンドウ

盆花におすすめの花、3つ目は「りんどう」です。リンドウの色は紫、青、白があります。青も白も盆花として使用できますが、高貴な人が身に着ける色といわれる紫のリンドウが盆花にはおすすめです。紫色を選ぶことでご先祖様を敬う気持ちを形にできるでしょう。

花言葉には「勝利」「正義感」「誠実」「あなたの悲しみに寄り添う」「寂しい愛情」があります。

花4:カーネーション

盆花におすすめの花8選|盆花にふさわしい花の色・買える場所
盆花におすすめの花、4つ目は「カーネーション」です。母の日の象徴という印象強いカーネーションですが、盆花としてもおすすめです。

白いカーネーションは亡くなった母親のために添える花として有名です。白のカーネーションの花言葉は「尊敬」「純粋な愛」「私の愛は生きています」という意味があります。

カーネーションは赤のイメージがありますが、盆花として赤という色を用いるのは厳禁なので注意しましょう。

花5:トルコキキョウ

盆花におすすめの花、5つ目は「トルコキキョウ」です。優雅で気品に溢れるトルコキキョウは、先祖を迎えるのに欠かせない盆花として人気があります。バラのようにエレガントなので飾るだけで華やかになるでしょう。

トルコキキョウはとても長持ちする花であるという点でも盆花に適しています。花言葉は「思いやり」「清々しい美しさ」「優美」、凛として爽やかな印象を与えてくれるでしょう。

花6:キンセンカ

盆花におすすめの花、6つ目は「キンセンカ」です。キンセンカの花言葉は「慈愛」「別れの悲しみ」「悲嘆」「寂しさ」です。

キンセンカは菊科の花で鮮やかで大振りなため、盆花や仏花では大輪菊のかわりにメインで使われることもあります。色は黄色を選びましょう。開花時期も長く、生命力も強い華やかな花なので盆花としておすすめです。

花7:ミソハギ

盆花におすすめの花、7つ目は「ミソハギ」です。ミソハギは、穢れや邪気を祓うという効果があるといわれ、古くから体の汚れを祓う禊(みそぎ)に用いられてきました。別名「精霊花」「仏様花」と呼ばれています。

花自体は紫色で小さく、主張が控えめな盆花を探している方におすすめです。ミソハギの花言葉は「悲哀」「慈悲」「純真な愛情」、咲いている期間が7月から8月の終わりごろまで長く、盆花におすすめです。

花8:グラジオラス

盆花におすすめの花8選|盆花にふさわしい花の色・買える場所
盆花におすすめの花、8つ目は「グラジオラス」です。鮮やかな色の房状の花を咲かす、夏に強い華やかな花です。水揚げが良いので、供えてからも長く美しい花を咲かせてくれます。

花言葉は「密会」「用心」「楽しい思い出」、菊など他の花と合わせるとゴージャス感が出るでしょう。花の色は多彩で、白・ピンク・黄色・オレンジ・赤などがあります。赤は盆花としてNGなので選ばないようにしましょう。

盆花にふさわしい花の色

盆花におすすめの花8選|盆花にふさわしい花の色・買える場所
最後に盆花にふさわしい花の色を紹介します。盆花には花の色も向いているものがあるので安易に故人が好きだった花の色を飾ってしまうのはやめましょう。

地方、地域によっては自由度が高いところもありますが、一般的にどのような色の花が盆花に向いているのかチェックしておくことは大切です。

盆花として最適な色の一つが白です。白いカーネーションは亡くなった母親のために添える花といわれています。

初盆において白は重要な色となります。初盆には白提灯を飾る習わしがあるように盆花も、初盆を迎える場合は白でまとめるのが好ましいとされています。

白は仏教を象徴する仏旗で用いられている一色であり如来の仏歯の色を表します。また、清らかな心で諸々の悪業や煩悩の苦しみを清める、清浄を表す色ともいわれています。

仏教では高位の僧の袈裟の色、魔除けの色、風水なら神秘や気品の色である紫も盆花としてふさわしい色です。

聖徳太子が定めた朝廷の冠位十二階制度において紫は最高位を示す色といわれたり、中国の紫禁城など、紫が使われているものは高貴な色として知られています。

徳の高い色なので盆花として紫を入れると敬意を示す気持ちが形になるでしょう。白・紫・黄色の3色をメインに作ると上品で華やかな盆花を作ることができます。

ピンク

ピンクの和名は桃色です。桃は日本では魔除けの力を持つといわれることから、桃の節句では女児の健やかな成長を祈る風習になりました。桃色は若く健康的な女性を連想させます。

盆花の差し色にピンクの花をいれると華やかな印象になります。注意点としては、ピンクはめでたい色でもあるので悲しみがくれない七回忌までは盆花には控えたほうが良いでしょう。

黄色

仏花と言えば黄色の菊を思い浮かべる方がほとんどではないでしょうか。盆花として使われる色に多いのが黄色であり、菊の黄色は人気があります。明るいカラーなので飾るだけで上品で華やかな印象になるでしょう。

黄色は仏教では、如来の身体の色であり、確固とした揺るぎない性質、豊かな姿、金剛(こんごう)を表すといわれています。

盆花にふさわしい花を用意しよう

盆花におすすめの花8選|盆花にふさわしい花の色・買える場所
盆花におすすめの花8選、盆花にふさわしい花の色・買える場所について紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

盆花は明確な決まりというものはありませんが、ある程度向いている花というものは存在します。

できるだけ人目の気になるお盆の盆花では、向いていない花は避けておいたほうが無難です。盆花として飾る花は、盆花におすすめの花・盆花にふさわしい花の色などを参考にしてみてください。

Related