Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月21日

お盆の花のおすすめ8選|お盆の花を選ぶポイント4つ

ここではお盆の花についてみていきます。お盆のお花としておすすめのお花や、適切なお花の色や形や本数なども説明しますのでぜひご覧ください。お盆は亡くなった方をお迎えする大切な習慣ですので、お花を含めて準備をきちんとするようにしましょう。

お盆の花のおすすめ8選|お盆の花を選ぶポイント4つ
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

お盆の花とは

お盆とは、先祖や亡くなった人たちが浄土から地上に戻ってくるのをお迎えし、先祖の精霊を供養をする期間のことをいいます。お盆の時期は、正確にいうと、地方によって多少ずれがありますが、だいたい8月15日あたりといわれています。

ここではお盆のお花についてみていきます。お盆には、お花を用意して、ご先祖様を気持ちよくお迎えしましょう。

お盆の花のおすすめ8選

まずは、お盆におすすめのお花を8つ見ていきましょう。お盆の花の上手な選び方は、故人が好きだったお花を中心に選ぶのが良いでしょう。生前と同じようにして好きだったお花をお供えしてお迎えするのが最適です。

また、造花でも構いません。お盆の時期は暑さが厳しく、生花だとせっかくお供えしたお花がすぐにだめになってしまいますが造花ならばその心配がありません。

花1:百合

お盆の花のおすすめ8選|お盆の花を選ぶポイント4つ
百合は、お祝い事でもプレゼントされることが多いですが、お盆の花としてもおすすめです。1本だけでも華やかな雰囲気になりますが、花束にするととても高貴で高級なイメージになります。

注意点としては、百合は地方によってはお盆の花としては避けられている場合があるので前もって確認することが必要です。

花2:菊

お盆の花のおすすめ8選|お盆の花を選ぶポイント4つ
菊は、日本古来からたくさんの人々に親しまれてきた花です。そして、お盆の花としてお供の定番といえるでしょう。菊には、邪気を払うという言い伝えがあります。花言葉は、誠実、真実、愛情などがあります。

菊は他の花に比べれば、少し地味なイメージになりますが、お盆の花に1本でも入れれば、落ち着いた雰囲気になります。また菊の花は、花びらがちりにくく長持ちすることも知られています。

花3:カーネーション

お盆の花のおすすめ8選|お盆の花を選ぶポイント4つ
カーネーションというと、母の日のお花というイメージがありますが、お盆の花としても十分通用します。特に白いカーネーションは、花言葉が、私の愛情は生き続けていますというものなので、亡くなった方へのお供えにも最適です。また尊敬という花言葉もあるので、尊敬している方へのお供えとしても大変おすすめです。

赤いカーネーションも、白のカーネーションの落ち着いたイメージに対して華やかなイメージになるので素敵です。

花4:リンドウ

お盆の花のおすすめ8選|お盆の花を選ぶポイント4つ
リンドウは、青紫色のきれいなお花です。花言葉は、あなたの悲しみに寄り添います、誠実な気持ちなどがあります。亡くなった方への強い思いを感じさせてくれるので、お盆の花として最適です。

リンドウの青紫色は、とても映える色なので、ピンクなどの淡い色合いのお花の中に入れるとアクセントになってくれます。

花5:ケイトウ

お盆の花のおすすめ8選|お盆の花を選ぶポイント4つ
ケイトウは、真っ赤なお花が大変印象的です。赤い部分がにわとりのとさか部分ににているので鶏頭と名前が付けられました。真っ赤はお花は、仏壇に彩を与えてくれるのでお盆の花としておすすめです。またドライフラワーにも向いているお花なので、いつまでも飾っておくことがでときます。

色褪せない愛情という花言葉のように、華やかな色をいつまでも保ち続けてくれる素敵なお半です。

花6:グラジオス

お盆の花のおすすめ8選|お盆の花を選ぶポイント4つ
グラジオスは、とても大きな花をさかせてくれます。花の色は、赤、白、黄色などがあります。高級感があり華やかなイメージのお花です。お盆のお花としても、グラジオスを1本入れることで、ぐっと高貴な雰囲気になるのでおすすめです。楽しい思い出という花言葉とともに、グラジオスで、ご先祖様をお迎えしましょう。

花7:トルコキキョウ

お盆の花のおすすめ8選|お盆の花を選ぶポイント4つ
トルコキキョウも、お盆の花としておすすめです。それ以外にも、日常から冠婚葬祭まで、幅広いシーンで活躍してくれるお花です。色や形も豊富にあるので、選ぶのに迷ってしまいそうですが、大きく華やかで日持ちも良く、お供えの花に最適です。

暑さが続くお盆に、涼しげに咲くトルコキキョウは、気持ちを和ませてくれるお花でもあります。

花8:アイリス

アイリスは、紫の美しい花です。派手すぎず、地味過ぎない上品なお花なので、お盆の花にぴったりです。花言葉は、希望、信じる心です。

紫色は、ピンクや白といった淡い色とも、赤や青などの濃いめの色とも相性が良いので、花束の中に一輪のアイリスを入れてあげると良いでしょう。

お盆の花を選ぶポイント4つ

ここからは、お盆の花を選ぶポイントを詳しくいていきましょう。まずは、何をおいても亡くなった方が好きだったお花を入れてあげることが大切です。生前大好きだったお花を供えることで、故人にとっても喜ばしいことでしょう。

そこに、いろいろなお花をプラスしてお供えするのがおすすめです。素敵なお盆のお花を作って、お盆を迎えましょう。以下で、お花の色や、本数、花言葉、花のサイズなどについてご説明します。

1:色

お盆の花の色合いはとても大事です。白、赤、黄、紫、ピンクを中心に選ぶのがおすすめです。お盆の花としては少し派手ではないか、と考えがちですが、適度に華やかな雰囲気することも大事なポイントです。

2:本数

お供えするときの本数ですが、奇数とするのが一般的です。慶事には奇数が縁起が良いとされているからです。左右にお供えするので、2束で1対で用意しましょう。

おすすめの本数は、3本、5本、7本くらいでしょう。形は菱形に整えてお供えすると、とてもきれいに見えます。

3:花言葉

お盆の花は、花言葉から選ぶのも良いでしょう。そうすることで、故人への思いが伝わります。先ほど挙げたおすすめの花の他にも、素敵な言葉があるお花があります。スプレーマムというお花です。スプレーマムの花言葉は、あなたをこころから愛しています、清らかな愛などがあり、故人に捧げるお盆の花にぴったりです。

4:花のサイズ

お盆の花のサイズは、大きすぎず小さすぎないくらいが良いでしょう。仏壇のサイズを考えて、バランスの良い大きさにしましょう。またお供えするお花の値段の相場は、約1000円~2000円くらいといわれていますので、予算に合わせて適切な大きさお花を選ぶのが大事なポイントです。

適切なお盆の花を選ぼう

ここまで、お盆の花についてみてきました。お盆は、亡くなった方をお迎えする大事な習慣です。故人の好きだったお花を中心にして素敵なお花をつくりましょう。

また造花でももちろん大丈夫なのですが、造花にする場合は、花の上の部分に重心がかかりすぎて、バランスがとれずに傾いたり倒れたりすることがありますので工夫して飾るようにしましょう。

生花を飾った場合には、毎日お花のお手入れを欠かさずに行いましょう。

Related