Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月22日

外国人墓地はなぜ観光名所なのか|国内の有名な外国人墓地6選

近年お墓を観光名所と認識する人が増えています。観光の対象となるお墓は主に外国人墓地です。日本で長く暮らし、亡くなった人を埋葬する外国人墓地は日本に複数存在し、その外観は日本のものとは大きく違います。今回は外国人墓地についてご紹介します。

外国人墓地はなぜ観光名所なのか|国内の有名な外国人墓地6選

外国人墓地とは

外国人墓地はなぜ観光名所なのか|国内の有名な外国人墓地6選
外国人墓地とはどのようなものかご存知ですか。外国人墓地とは長い間日本に滞在していて、日本で亡くなった方を埋葬する墓地です。日本人の墓とは違い外国人墓地は形が多種多様です。

日本には戦争により亡くなった外国人を埋葬する軍事墓地もありますが軍事墓地とは別です。今回は外国人墓地が作られた経歴や埋葬されている人、なぜ観光名所になったのかや有名な観光地としての外国人墓地をご紹介します。

どうやって作られた?

外国人墓地が作られるに至った経緯を説明するには江戸時代末期まで遡る必要があります。1853年に黒船の船長として知られるペリーが日本にやってきました。そして黒船の船員が事故で亡くなったためにペリーは江戸幕府にこの船員の埋葬地とともにアメリカ人用の墓地を作ることを要求しました。この要求を受けたのが始まりです。

日本が初めて作った外国人墓地の場所は横浜です。現在ではさまざまな場所に外国人墓地があります。

どんな人が埋葬されている?

外国人墓地にはどのような人が埋葬されているのでしょうか。外国人墓地に埋葬されている人は実に多様です。主にキリスト教を布教した宣教師、外国軍人、日本に駐屯していた外交官や貿易商人、教師など近代化に関係があったり政府との関わりが強かった人が埋葬されています。

また上記の身分の人でなくとも、震災で亡くなった人や長く日本で過ごした人、混血児も埋葬されている場合があります。

観光名所になった理由

墓地が観光の対象になっていることに驚く方もいるでしょうが、近頃外国人墓地が観光名所になっています。外国人墓地が人気な理由は墓地の多様性です。

さまざまな身分や宗教の人が埋葬されていたり、宗教の違いによって色や形が全く違います。一般的に日本人墓地は同じような墓であるため、外国人墓地の多様性に人気があります。

国内の有名な外国人墓地

外国人墓地はなぜ観光名所なのか|国内の有名な外国人墓地6選
さて、ここまで外国人墓地の概要をお伝えしてきました。では外国人墓地は日本のどこにあるのでしょうか。ペリーが幕府と約束したことでできた外国人墓地ですが、現在では実は外国人墓地は横浜以外にもさまざまな場所に存在します。今回は日本で有名な外国人墓地をご紹介します。

横浜

横浜は日本に一番最初にできた外国人墓地です。19世紀から20世紀半ばに約40カ国、約4400人の外国人が埋葬されています。最初に埋葬された人はアメリカ海軍の水兵ロバート・ウィリアムズでペリー率いる黒船の船員でした。

3月から12月までの土、日曜日と祝日が公開日です。横浜には4ヶ所の外国人墓地が存在し、さらに外国人墓地資料館もあります。その資料館では埋葬者の業績を紹介する資料を展示しています。

神戸

神戸市立外国人墓地は六甲山の再度公園内にあり、約14ヘクタールという広大な広さになっています。緑豊かな木々の中にあり、神戸市立外国人墓地は神戸の歴史とともに歩んできました。61カ国、2600人の外国人が埋葬されています。主に日本の文化に深く関わった著名人が葬られています。

公開日は毎年4 月から11月の第4日曜日です。無料で観光できますが事前申込が必要であり募集人数も限られているので注意してください。

東京

東京にも外国人墓地があります。青山霊園の中の青山墓地と多磨霊園正門付近の外人墓地区間が東京の外国人墓地です。1877年に築地居留地などに住む外国人専用の墓地を青山墓地に設けることが決まり、最初の埋葬が1880年に行われました。

青山墓地には幕末から明治期にかけて我が国の教育や工学などさまざまな分野の基礎をつくり、日本の近代化に大きく貢献された人々が埋葬されています。また、その家族も埋葬されています。

函館

函館の外国人墓地は、函館市船見町にある墓地です。ペリー提督が来航した時に水兵2名が死亡し、その二人を埋葬したのがきっかけです。函館は国際貿易港として開港し、たくさんの外国人が来航した函館の外国人墓地は海の近くに位置しており、墓地から綺麗な景色を楽しむことができます。

函館外国人墓地はプロテスタント墓地、カソリック墓地、ロシア人墓地、中国人墓地の4つの外国人墓地が国籍や宗教ごとに分けられています。

長崎

外国人墓地はなぜ観光名所なのか|国内の有名な外国人墓地6選
長崎も函館と同じく昔から外国との貿易で栄えた港を有することで有名です。そんな長崎には有名な外国人墓地が2つあります。坂本国際墓地と大浦国際墓地です。坂本国際墓地は1888年に開設し、日本人を含む14カ国の325人が埋葬されており、埋葬者の人数は長崎の外国人墓地で1番規模が大きいです。

大浦国際墓地は1861年に開設し、1888年に閉鎖した墓地で12カ国208人が埋葬されています。

那覇

沖縄にも外国人墓地があります。那覇市の泊港北岸近くに位置する泊外人墓地です。泊外人墓地は布教や貿易で沖縄を訪れ、沖縄で亡くなった方を埋葬している墓地です。かつてはウランダー墓と呼ばれていました。中国、イギリス、アメリカなど6カ国の22人が埋葬されています。

この墓地で最も古いのは中国人で1718年に埋葬されました。また、墓地であるだけでなく、1853年にペリー提督が琉球に上陸したことでも有名です。

世界の有名なお墓の観光名所

外国人墓地はなぜ観光名所なのか|国内の有名な外国人墓地6選
さて、ここまで日本国内で観光名所として有名な外国人墓地をご紹介してきました。外国人墓地は海外に行かなくともさまざまな国のお墓を見ることができ、その国の文化や風習を感じ取ることができます。しかし、直接海外に行き、一般の人や著名な人物の墓を観光するのも良いでしょう。

海外は日本とは埋葬方法や墓地・霊園の景観が大きく違います。そんな世界の有名なお墓の観光名所を5つご紹介します。

1:ギザの大ピラミッド(エジプト)

外国人墓地はなぜ観光名所なのか|国内の有名な外国人墓地6選
まず一発目は誰もが知っているエジプトの三大ピラミッドのうちの一つ、ギザの大ピラミッドです。ギザのピラミッドは別名クフ王のピラミッドとしても知られています。

紀元前5世紀にギリシャの歴史家が「クフ王のピラミッド」として報告していますが、この時にはすでに建設から2000年以上も経過していたらしく、その圧倒的な歴史の長さで有名です。

旅行先としても人気なため、ぜひ一度目にしてください。

2:タージ・マハル(インド)

外国人墓地はなぜ観光名所なのか|国内の有名な外国人墓地6選
タージ・マハルはインドを代表するとても有名な建造物です。タージマハルの外観はとても美しく、まるで宮殿のようですが実はタージマハルはお墓です。ムガル帝国の第5代皇帝シャー・ジャハーンが、1631年に死去した妃ムムターズ・マハルのために建設されたお墓です。

タージマハルの作りはイスラーム文化のもので、正面から見ると左右対称です。庭園から見るタージマハルの幻想的な姿にきっと圧倒されるでしょう。

3:ネムルト山(トルコ)

外国人墓地はなぜ観光名所なのか|国内の有名な外国人墓地6選
続いてのお墓はトルコにあるネムルト山です。ネムルト山は紀元前62年にコンマゲネ王国のアンティオコス1世が建造したとされています。しかし、現代の技術を持ってしてもその埋葬施設が分かっておらず、宗教上の儀式を実行する場として利用されていたとする説と王様が埋葬されるための場所であるとする説の二つの説があります。

さまざまな人の顔や動物の巨大な像が複数並んでおり、それらを観光するだけでもとても面白いです。

4:秦始皇兵馬俑博物館(中国)

外国人墓地はなぜ観光名所なのか|国内の有名な外国人墓地6選
秦始皇兵馬俑博物館はこれまで紹介してきたお墓とは違い、兵馬俑のためのお墓です。兵馬俑とは秦の始皇帝が死後の自分を守るために等身大の兵馬を作らせたもので、兵士の種類はさまざまです。

1974年に発見された秦始皇兵馬俑博物館にはおよそ8000もの兵馬俑の軍団が眠っていました。整然と隊列を組んで、兵馬俑は秦の始皇帝の絶大な権力を象徴しているものだと言えるでしょう。

5:スコーグスシルコゴーテン(スウェーデン)

外国人墓地はなぜ観光名所なのか|国内の有名な外国人墓地6選
スコーグスシルコゴーデンは北欧の近代建築に大きな影響を与えた二人の若い建築士に設計され、新しい墓地の設計コンペ「ストックホルム南墓地コンペティション」の結果として生まれました。

敷地面積がとても広く、徒歩で一周するだけで1時間はかかると言われております。墓地内には約10万の墓があります。また、20世紀以降初の建築作品としてユネスコ世界遺産に登録されたことでも有名です。

外国人墓地について知ろう

外国人墓地はなぜ観光名所なのか|国内の有名な外国人墓地6選
さて、いろいろな外国人墓地や海外のお墓を見てきましたが、いかがでしたでしょうか。お墓は国の文化や風習、宗教によってそれぞれの特徴があります。つまりお墓を観光することは埋蔵されている人についてや宗教を学ぶことにつながります。ぜひ一度観光してみてください。

Related