Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月24日

お盆に使うのしのマナー|表書きや水引など7つのマナーを解説

お盆に使うのしのマナーについてご存知でしょうか。お盆ではのしを使う場面が多々あります。そのため、お盆で使うのしや、香典、水引きなどのマナーを正しく理解しておくことがおすすめです。今回はお盆で使われるのしのマナーについてご紹介します。参考にしてみてください。

お盆に使うのしのマナー|表書きや水引など7つのマナーを解説
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

お盆とは

お盆とは、先祖の精霊があの世から現世へと帰ってくる期間の事を言います。一般的にはお盆の時期になるとお墓参りをしたり、精霊棚を飾り付けたりすることで、先祖の精霊を迎え入れることができるようにし、先祖の精霊を供養するという目的を持っています。

お盆の時期にはお盆休みなどがもらえる事もあり、実家などに帰省される方も多いのではないでしょうか。今回はお盆の手土産につける「のし」についてのマナーもご紹介します。

お盆の目的

お盆には2つの目的があるといわれています。ひとつはご先祖さまがあの世から現世へと帰ってくるため、ご先祖さまの精霊を供養するためというものになります。もう一つは収穫した農作物などに対して、その時期の収穫を祝うためでもありました。

しかし、暦などが改変されたことによって、そのような収穫を祝うといった伝統的な目的が失われてしまったのでしょう。お盆の目的はもともと暦にも関係すること覚えておきましょう。

お盆の時期

お盆の時期とは一般的には8月13日から8月16日までとされています。東京の一部では旧暦の7月15日を中日とした7月13日から7月16日までをお盆期間とすることもありますが、宗教や地域などによってもお盆の時期は異なりますので気をつけなければいけません。

お盆休みは全国的に8月13日前あたりからになり、8月16日まで休日となっている方も多いでしょう。手土産とお供え物につける「のし」は別物になります。

お盆のお供えの意味

お供え物は仏壇などに供える物の事をいいます。お供え物をすることで、ご先祖さまの精霊に対する感謝の気持ちをつたえるという意味があります。一般的にはお盆の時期には殺生をしてはいけないとされていますので、魚や肉などをお供え物として使ってはいけません。

帰省先に手土産を持参する場合、お供え物とは別のものを用意する必要があります。手土産にのしをつける場合は蝶結び、お供え物の場合は不祝儀用ののしにしましょう。

お盆に使うのしのマナー

お盆にのしを使う場面はさまざまありますので、どのような場合にのしを使うのか考えてみましょう。のしの使い方を間違えると、大変失礼にあたりますので気をつけてください。

お盆では一般的にのしを使うものは、お盆で帰省した際の手土産も含まれています。手土産の場合、お盆であっても白黒の結び切りののしを使うことはありません。のしをつけたい場合は蝶結びののしを使いましょう。手土産にはのしをつけない事もおすすめです。

1:お盆でのしを使う場面

お盆でのしを使う場面を考えてみましょう。お盆でのしを使う場面にはどのようなものがあるのか考えたことがあるでしょうか。のしはお盆ではよく使われています。お供え物として精霊棚の周りに供える場合にも、一般的にはのしをつける必要があるでしょう。

他にものしを使う場面はあります。項目に分けて、どのような場合でのしを使うのかをご紹介しますので、正しくのし紙を使うためにぜひ参考にしてみてください。

香典を渡すとき

お盆の時期で香典を渡す場面でのしを使うことが考えられます。お盆の時期には初盆などで自宅法要を執り行う場合があり、そのような場合にはのし紙がついている香典を準備しなければいけません。

初盆などの場合は、遺族だけではなく親族や故人と親しかった友人や知人なども招いていますので、それぞれのし紙のついた香典を用意する必要があるでしょう。そのような場合ののし紙付きの香典では白黒の水引きがついている袋を選びます。

お供え物を渡すとき

お盆で帰省する際に、手土産の他にお供え物をもっていく方も少なくありませんが、お供え物にはのし紙をつけて渡すことがマナーです。初盆などで自宅法要を執り行う場合弐もお供え物を持参する方も多く、そのようなお供え物にはのし紙で包無必要がありますので、失礼のないようにしてください。

お供え物の代わりにお金をお供えするおいう方もいらっしゃいます。お金をお供え物として 渡す場合でものし紙に包んで渡す事がマナーです。

2:使う墨の種類

お盆でお供え物をする時にはのし紙を付ける必要がありますが、そのようなのし紙にはどのような墨を使って書けばよいのか迷ってしまうという方もいらっしゃるでしょう。お供え物などののし紙の場合、薄墨ではなく濃い墨で書いても良いことになっています。

お葬式などの際には薄墨を使うことが一般的ですが、お盆の場合にはそのような決まりはありません。お供え物を購入する際にお店で印刷してくれる場合もあります。

3:表書きの書き方

お盆で渡す香典やお供え物などのしの表書きはどのようにしたらよいのか考えてみましょう。お供え物や香典に必要な不祝儀用ののし紙には、一般的なマナーがあります。のし紙の描き方のマナーを知ることで、故人や故人の遺族などに失礼のないようにすることができます。

正しい表書きの書き方は宗教によっても違いがありますので気をつけなければいけません。書き方の違いがないように宗教の確認もしておくと良いでしょう。

仏教の場合

仏教の場合、故人の四九日が過ぎているか過ぎていないかによって書き方が変わってきますので、日付の確認をきちんとおこないましょう。仏教の場合には四九日よりも前になる場合には、故人がまだ霊の状態であるとし、「御霊前」と書くことになっています。四九日を過ぎている場合には「御仏前」と書くようにしましょう。

同じ仏教であっても、浄土真宗の場合には「御仏前」と書くことが一般的となっていますので気をつけてください。

神道の場合

神道の場合にはさまざまな書き方がある事を覚えなければいけません。神道の場合「御霊前」とのし紙に書くほか、五十日祭と呼ばれる神道の法事法要の後の場合には「御神前」と書きます。

お供え物の代わりにお金などをお供え物とする場合には「御供物料」や「御玉串料」などと書くこともありますので事前に確認しておくことがおすすめです。お供え物に対しては「御供」、もしくは「奉納」「奉献」などといった言葉を使います。

4:名前の書き方

表書きの名前の書き方も迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。表書きの名前はフルネームで書くことが一般的です。会社や知人などの間で連名で渡すといった場合には、3人以内であればのし紙の右側から、立場が上の方の名前を書いていくようにします。

4人よりも多くなってしまうという場合には香典の中に内訳や名前を記載した紙を入れておく必要がありますので注意してください。マナーとして覚えておきましょう。

5:水引の色

香典につけるのし紙の他に大切な水引きも必要な飾りのひとつとなっています。水引きは一般的に文房具屋さんなどでも購入することができ、めにしたことがある方も少なくないでしょう。市販の香典袋には水引きが印刷されているものがありますが、地域や宗教などによって色が違う場合があります。

地域で使われている水引きの違いを知って、正しく選ぶようにしましょう。水引きの色にはどのような意味があるのかもご紹介します。

関東など東日本

関東や東日本では一般的な水引きでもある黒と白の水引きが使われています。黒と白の水引きは結び切りの形をしているのが一般的です。結び切りの形には不祝儀の場合、繰り返すことがないようにとの気持ちが込められているとされていますので、結び切りの水切りを使いましょう。

神式の場合には黒白や総銀の水引きを使い、形も結び切りとなっていますので注意してください。

関西や北陸

京都よりも西の地方においては黄色と白色を使った水引きが使われていることもあります。黄色と白色の水引きは四十九日などの法要の際に使われることがあるため、親戚などの法要に参列する場合には確認しておくことが大切です。

関西の場合には黄色と白色の水引きではなく黒と白の水引きでも問題ない地域もありますので、年長者の意見などを参考にして、どちらの水引きを使えば失礼に当たらないかを考えておいてください。

お土産の場合

お盆の帰省にともなって手土産をもっていく場合、手土産にものしや水引きをつける場合があります。手土産の場合、お供え物とは違いますので紅白ののしや水切りを使うようにしましょう。

お寺に対して手土産をもっていく場合でも、あいさつ参りの手土産やお布施には喜びや感謝の気持ちを表すように紅白のものを選ぶようにすることが大切です。紅白でもよい場合と、黒白のように決まっているものがあるという事を覚えましょう。

6:水引の結い方

水引きの結び方にはさまざまな種類がありますが、慶事と弔事では結び方に大きな違いがありますので、間違わないように注意しましょう。弔事の場合、一般的には結び切りと呼ばれる結び方やあわじ結びと呼ばれる結び方をもちいます。

結び切りとあわじ結びは、何度も続くことがないようにという意味が込められていますが、これはあわじ結びや結び切りが簡単にほどくことができないことからそのような意味を持たれているのでしょう。

7:のしの掛け方

のし紙のかけ方について考えてみましょう。のし紙のかけ方には二種類あり、内のしと呼ばれるものと外のしと呼ばれるものになります。のし紙自体はお供え物を購入する際にお店で用意してくれるますので、店員さんに確認しておきましょう。デパートなどでは基本的にのし紙が用意されているところも多いです。

内のしと外のしの違いですが、内のしはお返しなどの場合に使うことが多く、お供え物の場合は外のしを利用するようにします。

お盆について深く知りたいという方におすすめの本

お盆を迎える方に、お盆について深く知りたいという方におすすめの本をご紹介します。お盆を迎える際に、よくわからないということがある場合に読んでいただきたい一冊です。お盆に必要なことに関する知識がたくさん詰まっていてコンパクトにまとめられた本ですので、読みやすくなっています。

お盆の由来や盆棚の作り方、盆提灯の飾り方なども再確認したいという方にもおすすめですので、ぜひ一度読んでみてください。

通仏教的な内容ですが、特殊な解釈をする真宗のことにも触れており、入門書としては丁度いいと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E7%9B%86%E7%99%BE%E7%A... |

お盆のお供えにおすすめの品物

お盆でお供え物をする場合にはどのようなものを選んだらよいのか考えてみましょう。お盆のお供え物で最も一般的なアイテムは「菓子折り」になります。その他にも「お酒」や「フルーツ」「お線香」などをお供え物として選んでも良いでしょう。

食品を選ぶ際の注意点

基本的には、お盆のお供え物に故人の好きだったものを包むことがおすすめですが、選んではいけないものもありますので気をつけましょう。お盆では基本的に殺生をしてはいけない期間とされていますので、魚や肉などといったものをお供え物として持っていくことはマナー違反になります。

お盆に使うのしのマナーを知ろう

お盆で使うのし紙のマナーなどについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。お盆で使われているのし紙のマナーを正しく理解し、相手に失礼のないように対応する必要があります。恥をかかないようにお盆のマナーを頭に入れておくことがおすすめです。

Related