Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月06日

お盆飾りセットの飾り方|5つの宗派ごとに飾り方を解説

お盆飾りは、先祖様を迎え入れて供養します。お盆飾りを盆棚に飾る期間は、年に一回です。7月、8月の13日~16日ごろ。宗派や地域別で飾り方が違います。お盆飾りに、精霊馬などを紹介しています。お盆飾りで大切なことは、ご先祖様をもてなす気配りが伝統に存在しています。

お盆飾りセットの飾り方|5つの宗派ごとに飾り方を解説
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

お盆飾りセットとは

お盆飾りのセット準備時期は、お盆8月13日~8月16日です。故人さま・先祖さまの霊が自宅に戻ってくる期間は、お仏壇の中ををきれいに掃除して、供養する準備をします。お盆飾りも、丁寧に飾る所もあります。

そうめんや昆布は、細く長く幸せに過ごせるようにという意味で、縁起物として飾られます。素麺を食べると熱病にかからないという言い伝えがあります。昆布は、よろ昆布(喜ぶ)喜びを表し、昔からおめでたい食べ物とされています。

お盆飾りの役割

お盆飾りの役割は、里帰りするご先祖様をおもてなしするために手厚く供養するのが昔からの習わしです。故人となられてから初めて迎えるお盆を初盆(新盆)といいます。お盆は年に一度、故人の霊が家に帰ってくると言われています。

食料不足でたくさんのお供え物ができなかった頃に、ホオズキの鮮やかな赤い実が、お供え物の不足を補う役割もしていました。東京浅草寺で、7月9・10日に行われる「ほおづき市」が有名です。

便利なお盆飾りセット

お盆飾りセットは、仏壇仏具を取り扱っているいくつかのメーカーから販売されています。お盆飾りに必要な物がセットに入っています。まこものゴザや精霊馬、竹かごがあります。お盆飾りセットは、どの地域でも使える基本的な6点セットも販売されています。

さらに単品で購入されるセット品に、盆提灯をオススメします。吊るす形式の盆提灯は、岐阜ちょうちん提灯(壺形)、三脚形式、最近ではマンション用の製品もあります。

お盆飾りセットに含まれるお盆用品と意味

お盆飾りセットに、精霊棚をつくるためのまこも縄は、縄付きで簡単に鬼灯ができます。ホオズキの鮮やかな朱色が美しく、まこも縄付きでとてもきれいで可愛い飾りです。縄目にホオズキや昆布、わかめ、稲穂などを挟み、盆棚の掛け渡しにして吊りさげます。

ホオズキ飾りは正面につるしたり、盆飾りの四隅に竹を立てて縄でつないで、四方に張り巡らせるように飾ります。ホオズキは、赤い灯火や提灯に見立てて飾られ濃淡もきれいです。

1:精霊箸

精霊箸(しょうりょうばし)は、調理した精進料理をお供えする際に使います。箸先にはスリット加工が施されて食べ物が滑りにくいお箸です。中国産でサイズは、大人も使える長さ21cm、素材・材質は、天然竹(ウレタン塗装)です。

竹籠を使い、お菓子や果物を中に入れて、お供えします。

2:精霊馬と精霊牛

精霊馬(しょうりょううま)は、ご先祖様を乗せて送り迎えをする乗り物という意味が込められています。お盆の際は、ご先祖様は行き返りには馬に乗り牛に荷を引かせての送り迎え用です。行きは馬、帰りは牛に乗ります。景色を見ながらゆっくりと帰っていただくための牛です。

精霊馬は、粗末に扱わずに手を合わせてから塩を振りかけて供養を行います。家庭用のゴミとして処分します。

3:まこもござ

真菰(まこも)は稲の一種でお盆飾りセットとして仏壇の前に置く飾りです。編んで作られた敷物を盆棚に敷き、季節の食材や故人の好物をお供えします。まこもは薬用成分を含む植物で、病気を治し、邪気を払うと言われております。

ご先祖様を清浄な場所にお迎えするために、まこもの敷物があります。お釈迦様が、まこもで編んだ病床に病人を寝かせ治療したと言う仏話があります。古事記、日本書紀にも登場する植物です。

4:ローソク灯

お盆に提灯を飾る習慣は、先祖や故人の霊への案内役とお盆の供養です。精霊棚の両脇に、盆提灯を飾る風習は、ロウソクの大量生産が可能になった江戸時代以後です。

先祖の霊を生家へ導く「迎え火」「送り火」と呼ばれる風習にかわって、提灯を飾る風習が生まれました。現代では、白紋天用の電池ローソク(LED)セットでも代用できます。

安全のためにお提灯には電池灯を使うご家庭も増えています。

5:お供え生花

御供え生花は、お盆棚の上を彩るお清めの意味があります。ご先祖様だけでなく生きている人々の心も清められるため飾られています。季節のお花は、百合、菊、スプレー菊、スプレーカーネーション、グリーンです。切花栄養剤、お手入れのしおりがセットされます。

発送される商品の色・形態は、多少写真と異なる場合がございますが、季節により花材の内容が変更されます。桔梗・撫子・山百合・萩・鬼灯・女郎花など秋の花が主です。

6:丸供物台(お盆用お供え皿)

盆棚(精霊棚)にお供えするときに丸供物台(お盆用お供え皿)を使います。お盆やお彼岸、法事でお供え物(お菓子や果物など)に最適なお盆用品です。

素材は、落ち着いた上品な色合いです。机や仏壇にも合います。背が低くて、安定感があり使いやすいです。仏壇の場所に合わせて、一個でも二個でも用いられています。

7:法要灯

法要灯は、精霊棚(お盆棚)・祭壇・仏壇に適したコンパクト霊前灯です。火や灯りは、我々を正しい道へと導いて下さる御仏の慈悲です。御仏前に法要灯の灯りは、御仏の知恵に導かれて成仏できるといわれています。

お手入れの際は、お仏壇ふきクロス(大判サイズ)をおすすめします。お仏壇のホコリ取りや金具磨、お墓の水アカ・コケ取りに利用できます。水だけで洗剤はいりません。軽く湿らせて使用します。仕上げは乾拭きです。

8:食品おはぎ

お盆では、おはぎをお供え物とする習慣があります。仏壇用に置くためにお皿(しろ)に盛りつけて故人をしのぎます。「魔除け」の効果があると言われ、材料のあずき色から赤い色は邪気を払う力があるということが由来です。

おはぎの材料であるもち米は、五穀豊穣(ごこくほうじょう)という祈願が込められています。農作物が豊作になりますように祈願をします。小豆は、特別な日にふるまう意味もあります。

お盆飾りセットの飾り方

お盆飾りセットで一番大事なのは、ご先祖さまの行き帰りに乗る牛馬です。地域により複数飾ったり、牛か馬のどちらかを飾る場合もあります。お盆飾りセットはお盆時期に使用しますので普段はコンパクト収納できるものが好まれます。

花立てやお供え物台は、通常時のお仏壇のお飾りセットに使用できます。ご先祖様への感謝とおもてなしの心使いは、お盆飾りセットの習慣を子供・孫などに我が家の伝統を教えていくきっかけになります。

1:浄土宗の場合

この日のために、特別に用意するものはありません。お盆セットに追善供養を目的とした送り火、迎え火、お盆棚は必要ありません。お仏壇は、普段の法事(年忌法要)と同じようなお盆飾りセットの飾り方をします。

お寺さま用に、和ろうそく(色は白が多い)を用意します。他の宗派の家から嫁いでこられたお嫁さんは、浄土宗のお盆セットがあっさりしているので驚きます。

2:曹洞宗の場合

精霊馬を夏野菜で作り方ます。きゅうり(馬)1本、なす(牛)1本、割箸2膳または、つま楊枝8本を用意します。小さい野菜はつま楊枝、大きい野菜は、割箸を使うと便利です。割箸は長いので半分使います。割箸を割って半分に切ると馬と牛の足8本分です。

きゅうり(馬)なす(牛)に割箸、つま楊をさして足を作ります。うまく立てば完成です。

3:真言宗の場合

お盆飾りセットの飾り方は、お盆特有の多くの飾りつけをします。仏壇の手前に小さなテーブルを用意して、中央正面にお供え物を置きます。飾りつけ方は、こもを敷き、精霊馬や水の子、果物を並べます。ご位牌は仏壇から取り出して、仏壇の正面中央に置きます。

正しいしきたりは、手作りの精進料理でご仏壇に一汁五菜のお膳をお供えします。お膳料理はご先祖様が食べるため、お箸もご先祖様が取りやすいお仏壇の方に置きます。

4:浄土真宗の場合

特別な飾りはしませんが、精霊棚(しょうりょうだな)を作ったり、送り火、迎え火は行わないことを原則とします。配置は五具足(ごぐそく)を置き、花瓶2・香炉1・ローソク立て2の仏具です。

お仏壇小さい場合は、三具足(みつぐそく)花瓶1・香炉1・ローソク立て1の仏具セットを置きます。仏飯器は、重要でご飯を盛ってお供えします。

打ち敷は(白・金・青系の色)が使われ、赤などの派手さは、7回忌以降の法事で使用されます。

5:日蓮宗の場合

精霊棚(小机)を作ります。仏壇を利用する場合と、仏壇を閉じて別の場所に精霊棚を作る場合があります。飾り方は、仏壇の前に精霊棚(小机)を置きますが、小机には真菰(まこも)や荒筵(あらむしろ)御座(敷物)を使います。

精霊馬を飾ります。きゅうり(馬)は精霊が駆け足で急いで帰ってこられるように、なす(牛)は逆にゆっくり帰って行けるようにという意味です。精霊棚のお飾りを済ませてから、お墓参りに出かけます。

お盆百科

ご紹介する「お盆百科」は、お盆・初盆を迎える方にお勧めの小冊子です。お盆の由来、お盆棚の作り型、提灯の飾り方、迎え火と送り火の方法などを、必要な知識を得る好評単行本です。

お盆棚に鬼灯(ほおづき)や、ナスの牛、キュウリの馬を飾る由来を紹介された入門書です。

お盆飾りセットを飾る時期

飾りはご先祖様を迎え入れて供養するためのもので、地域や宗派によって具体的に飾る期間が決まっています。8月13日~16日に飾りを盆棚へ飾ります。そして、地域や宗派を問わず行われる迎え盆と送り盆が存在します。

迎え盆はご先祖様をこの世へ迎え入れる期間で8月13日に行います。送り盆はご先祖様をあの世へ送り届けるための期間で8月16日に行われます。

13日の迎え盆、15日のお盆、そして16日の送り盆です。

お盆飾りセットを飾る期間

お盆飾りセットを飾る期間は、7月13日・8月1日・8月13日と地域によります。お盆棚には迎え盆前日8月12日夕方~翌朝に飾ります。迎え盆前日8月12日にお供え物やお線香、お花の必要な物を準備しておきます。当日はスムーズに飾れるようにしておきます。

提灯は、お盆期間が7月地域では7月上旬、8月地域では8月上旬から飾りセットします。お供えは、主にご先祖様がよく食べていたり好きな果物・野菜をお供えします。

お盆飾りセットを正しく飾ろう

夏が旬となっている果物や野菜には「百味五果」(ひゃくみごか)の意味があります。精霊棚には「百味五果」新鮮な野菜、果物にご馳走などをお供えします。 五果は瓜、茄子、麺、饅、餅の五種類で、 百味とは、いろんな種類のたくさんのおいしいものという意味です。

団子、ぼた餅、そうめんなどをお供えしましょう。お供えるものは、主にご先祖様がよく食べていたり、好きな果物・野菜をお供えします。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

Related