Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月06日

お盆にナスとキュウリを飾る意味|ナスとキュウリが表す動物2つ

「お盆の飾りの中には、棒がささったナスとキュウリが1本ずつあるけれど、あれにはどのような意味があるのだろう」と疑問を感じたことはありませんか。本記事では、お盆飾りとして欠かせないナスとキュウリの意味についてご紹介します。

お盆にナスとキュウリを飾る意味|ナスとキュウリが表す動物2つ
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

お盆とは

日本の夏の仏事である「お盆」は、あの世に行ってしまったご先祖様などの故人があの世から現世(この世)へ戻ってくる、里帰りの時期です。お迎えする現世の生者にとっては、ご先祖様をお迎えし、供養をする期間です。

現在は、仏教行事として位置付けられていますが、お盆の習慣は仏教以前の祖霊祭祀から発生している、古い習慣といわれています。正月同様、日本人にはなくてはならない習慣といえます。

お盆の時期

お盆の時期は、地域によって異なります。東京は7月13日~16日がお盆の期間となります。東京以外の多くの地域で、お盆は8月に設定されています。

8月13日~16日がお盆の期間としている地域が多いため、日本全体で「お盆休み」といえば、8月の休暇と認識されています。

お盆の時期が地域によって異なるのは、旧暦から新暦に暦が切り替わった時の各地域の事情によるもので、お盆の習慣も地域によってだいぶ異なります。

お盆の目的や意味

「お盆」は「盂蘭盆会〔うらぼんえ〕」という仏教用語を略した言葉です。「盂蘭盆会」は、サンスクリット語「ウラバンナ」を漢字で音写した言葉です。

「ウラバンナ」には、「逆さ吊り」という意味があります。そのため「盂蘭盆会」は、「逆さまに釣り下げられるような苦しみにあっている人を救う法要」という意味になります。

お盆は、故人の霊が現世に戻ってくるので、その魂を現世に迎えることを目的としています。

お盆の飾りつけ

お盆は盛大に祖先の霊を迎い入れるために、13日の朝には、霊を迎えるための精霊棚(盆棚)を作ります。棚には真菰で編んだゴザを敷き、奥の中央に位牌を安置します。

位牌の前には、ナスとキュウリで作った精霊牛と精霊馬を供えます。ナスが精霊牛でキュウリが精霊馬です。

精霊棚には、お供物も飾ります。お盆期間中、果物やお菓子の盛り合わせを飾る地域もあれば、毎日お菓子の種類を変えながらお供えする地域もあります。

お盆にナスとキュウリを飾る意味

お盆の飾りの中に、ナスとキュウリで作った動物がいます。ナスは牛でキュウリは馬です。それぞれ、お盆に戻ってくる祖先の霊を乗せる動物なので、「精霊牛」「精霊馬」と呼ばれています。

お盆の飾りには、灯りで先祖の霊を迎い入れる盆提灯や、あの世から帰省してきた先祖の霊に奉げるお供物などがありますが、ナスとキュウリの「精霊牛」「精霊馬」の存在が謎です。

ここでは、盆飾りのナスとキュウリの意味をご紹介します。

1:お盆のナスとキュウリの役割

ナスは、そのぼってりしたフォルムから「牛」に見立てられています。キュウリはすっきりした姿から「馬」に見立てられています。それぞれ、祖先の霊を乗せるので、「精霊牛」「精霊馬」と呼ばれています。

祖先の霊はキュウリの精霊馬に乗って、急いで現世にやってきます。そして、あの世に帰るときは、ナスの精霊牛に乗ってゆっくり帰ります。急いで来てゆっくり戻る、というのは、現世にいる者の願いがこもっています。

ナスは「精霊牛」

ナスの精霊牛は「ゆっくり帰る乗り物」という意味もありますが、「お土産をたくさん持っていける乗り物」という意味もあります。

お盆飾りに、ナスの精霊牛とキュウリの精霊馬を飾るときに、ナスとキュウリの位置をどうすべきか、すぐにわかるという人は少ないでしょう。

祖先の霊を迎い入れるときは、キュウリの精霊馬と一緒に位牌の方に頭を向けて飾ります。送る時期には、位牌にお尻が向くようにナスとキュウリの向きを変えます。

キュウリは「精霊馬」

キュウリは長細い形状から、馬に見立てられており、祖先の霊にとっては「精霊馬」の役目を果たしてくれます。

お盆で現世へと里帰りする際の乗り物なので、祖先が早く帰ってこれるように、あの世に戻る際の乗り物であるナスの精霊牛よりも、気持ち早めに作るようにしましょう。

地域によっては、精霊馬・牛とは別に、あの世と現世を行き来するための乗り物として、車や電車などの現代的な乗り物を飾り付けるところもあります。

2:なぜナスとキュウリなの?

祖先の乗り物としての精霊牛や精霊馬を、なぜナスとキュウリで作るようになったのか、特に深い理由はありません。

お盆の時期にある夏野菜で、昔から手に入りやすかったというのが通説です。ナスとキュウリは夏野菜として、お盆の時期にはもっとも流通している野菜といえます。

精霊牛・馬としては、全国的にナスとキュウリが定着していますが、お供物としてその地の名産の農作物を定番としてお供えする地域もあります。

3:精霊牛と精霊馬の作り方

ここでは、定番のナスとキュウリを使った精霊牛・精霊馬の作り方をご紹介します。

同じ作り方で、定番のナス・キュウリから外れて、ピーマンやオレンジ、さつまいもなど、自分の目に入った野菜で精霊牛や精霊馬を作ってみている人も見受けられます。

定番にとらわれず、いろいろな野菜で精霊牛や精霊馬を作ってみて、遊び心のあるお盆を過ごしてみても、悪くはありません。

ナスの精霊牛の作り方

精霊牛はナスで作ります。ぼってりとまるまる太ったナスを用意します。まずは、以下の材料を集めましょう。

【精霊牛の材料】
・ナス:1個(太目で少し曲がった形状のものがベスト)
・割り箸:1膳
・とうもろこしのひげ(地方によっては使わない)

【作り方】
①割り箸を半分に折り、4本の「足」を用意します
②ナスに割り箸を足になるよう差します。少し外向きに斜めに差してバランスをとります
③お尻にもろこしのひげを差して完成

キュウリの精霊馬の作り方

精霊馬はキュウリで作ります。まっすぐなものではなく、少しそった形のキュウリの方が馬に見えます。

【精霊馬の材料】
・キュウリ:1個(そった形状のものがベスト)
・割り箸:1膳
・とうもろこしのひげ(地方によっては使わない)

【作り方】
①割り箸を半分に折り、4本の「足」を用意します
②キュウリの馬の胴に見える部分に割り箸を差します。自立するよう、バランス見ながら差していきます
③お尻にもろこしのひげを差して完成

4:精霊牛と精霊馬の置き方

精霊牛と精霊馬の置き方については、お盆の時期が来るたびに迷っている人も多いでしょう。

精霊棚の中心に対して右に置くのか、左に置くのか、一緒に置くのか、別々に置くのか、配置には悩むポイントがたくさんあります。

地域や宗派によっても違いはありますが、一般的には左右・中心といった置き場所については決まりはありません。

迎えるときは内向き、送るときは外向きに飾るということだけ、守るようにしましょう。

毎年の盆飾りとして準備しておきたい人におすすめ

ナスとキュウリを使って、毎年盆飾りとしての精霊牛と精霊馬を作るのが面倒だという人や、もっときちんとした飾りとして準備しておきたいという人には、本商品がおすすめです。

真菰(まこも)を材料として作られている、精霊牛と精霊馬のセットです。乾燥剤も付属しており、使い捨てではなく、きちんと保管して毎年飾ることができます。

お盆の期間が終わっても、精霊牛と精霊馬の処分をする必要がない点でもおすすめです。

軽いのでお馬さんの方が単体で若干安定性がなく、少し寄りかかる形で飾りました。これはこれでOK!です。また乾燥剤を付けていただいているので、キッチリ保管に努めたいと思います。

出典: http://amzn.asia/d/iHx2GnP |

精霊牛と精霊馬の処分方法

ナスの精霊牛に乗って、ご先祖様があの世に戻られたら、精霊牛と精霊馬は処分します。昔は「自然に返す」という処分が簡単にできましたが、最近は事情によってできない場合も多く見られます。

精霊牛と精霊馬もほかの盆飾りと一緒に処分しますが、処分の仕方は地域や自治体の決まりで処分の仕方に制限があったりします。

自宅付近でも可能な処分方法を選択して、精霊牛と精霊馬を粗末にすることがないよう、きちんと処分しましょう。

1:川や海に流す

地域によっては、「精霊流し」として、川や海に精霊牛と精霊馬を流す風習があります。精霊飾りとともに、去っていく祖先の霊を見送るという意味もある一種の儀式です。

最近では、川や海にモノを流すことを禁止されることも多く、精霊流しさえも禁止されている地域もあります。

精霊流しを禁止されている地域に住んでいる場合は、ほかの処分の仕方を考える必要があります。

2:燃やす

自宅の庭などで燃やすという処分の仕方もあります。「燃やす」という行為も、自治体によっては完全に禁止されていることも多いので、地域の決まりをきちんと調べておく必要があります。

有害物質が含まれていなければ燃やして良いとされる地域でも、ゴミと一緒に精霊牛や精霊馬を燃やすのは罰当たりです。麦わらや稲わらなどと一緒に焚き上げましょう。

3:土に埋める

精霊牛と精霊馬は、ナスとキュウリという野菜と、割り箸、もろこしのひげといった、土にかえる素材で作られています。

土に埋めるという形で処分すれば、長い年月の間に、自然と土にかえります。庭のある家に住んでいれば、どこの地域でも可能な処分方法といえます。

4:お寺で盆飾りと一緒に処分してもらう

お寺では、盆飾りの焚き上げを行ってくれるところもあります。こうしたお寺へ、盆飾りと一緒に持参して、焚き上げてもらうというのも、精霊牛と精霊馬の処分として適しています。

「お焚き上げ」は、お坊さんがお経をあげながら行ってくれるので、盆飾りとしても最後に供養を受けて終わることができます。

5:白い紙に清め塩と一緒にくるんで捨てる

川や海に流すこともできないし、自宅で焚き上げるのも不可能、家に庭もなく、お寺のお焚き上げとは日程が合わない、という人も、現代の日本では少なくはありません。

古来より行われてきた処分方法が不可能になったという人は、少々粗末な扱いだと感じながらも家庭ごみとして処分することになります。

家庭ごみとして処分する場合も、ポイっと捨てるのではなく、半紙などの白い紙に清めの塩と一緒に包んだ上で、処分しましょう。

食べるのはNG?

「精霊牛や精霊馬に使ったナスとキュウリを盆明けに食べて処分する」のは、処分の仕方としては相応しくないとされています。

明確な理由があるわけではありませんが、精霊の乗り物を食べてしまうという行為が不謹慎に感じられるためだと考えられます。

食べ物を粗末に扱いたくないという考え方もありますが、精霊の牛や馬を奪ってナスやキュウリとして扱うことこそ、失礼な扱いだということになります。

ナスとキュウリの精霊馬でご先祖様をお迎えしよう

お盆は、日ごろ現世にいる子孫を見守ってくれている祖先の霊をお迎えし、現世でもてなす期間です。

祖先の霊があの世とこの世を行き来するために使う精霊牛と精霊馬は、祖先が生きた時代と同じナスとキュウリを使って、心をこめて作り上げましょう。

祖先の霊には、ゆっくりとこの世への里帰りを楽しんでいってもらいましょう。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

Related