Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月25日

仏壇を処分する際の注意事項3つ|処分後の供養方法3つ

仏壇を位牌などを置く物であり、家族が亡くなった場合は家に置く場合が多いです。しかし、さまざまな理由から仏壇を処分する場合もあります。ここでは、仏壇の正しい処分の仕方を紹介しているので、処分の仕方が分からない人は参考にしてください。

仏壇を処分する際の注意事項3つ|処分後の供養方法3つ

仏壇の処分は可能か

仏壇は亡くなった人の遺牌を置く場所であり、法要をする場合はその前にお経を読んでもらいます。そのため、家族で亡くなった人がいる場合は、家の中に仏壇を供える場合が一般的です。しかし、さまざまな理由から仏壇が邪魔になったり、処分する必要が出てきます。

その際に仏壇を処分することが可能なのか分からない人が多くいるのではないでしょか。仏壇は正しい方法を行うことで処分することは可能です。

仏壇を処分する理由とは

仏壇を処分する理由はさまざまあり、もっとも多い理由が家に住む人の全員亡くなってしまい仏壇の管理を行うことが難しいことです。

例えば、実家に住んでいた両親が死んでしまった場合、自立している子供が引き継ぐ場合がありますが、マンションやアパートに住んでいると引き取る場所がないため、処分することも少なくありません。仏壇は和室に似合うデザインになっていることが多く、洋室には合わないことも理由の一つです。

仏壇を処分する際の注意事項3つ

仏壇を処分する際の注意事項3つ|処分後の供養方法3つ
仏壇を処分することは可能ですが、勝手に処分することは正しい処分方法ではありません。仏壇を正しい方法を行わずに処分をしてしまうと仏教に背いてしまいます。

そのため、仏壇を処分する前に正しい処分の仕方を学ぶだけではなく、注意事項も確認しておくことをおすすめします。次、仏壇を処分する際の注意事項3つを詳しく紹介するので参考にしてください。

1:仏壇の処分前にすべきこと

仏壇を処分する前にするべきことがあります。処分する際に最も大切な工程でもあるため、仏壇を処分する際には忘れないように心がけましょう。仏壇を処分する前にすべきことは、自身でできることとできないことがあるため、事前に把握することをおすすめします。

自身でできない方法は住職を呼ぶ必要があるため、事前に連絡を入れておく必要があります。

仏壇を閉じる法要

仏壇を処分する前に閉じる法要を行う必要があります。そのためには住職にお経を読んでもらう必要があるため、上記でも紹介したように事前に連絡入れるようにしましょう。時期によっては住職の予定が詰まっている場合もあるため、すぐに処分することができない場合もあります。

住職に仏壇を閉じる法要を行うためには、お布施やお車代なども必要になるため、事前に金額などの確認をしておきましょう。

処分前のお掃除

仏壇を処分する前に掃除をしない場合がありますが、上記で紹介した法要を行う前に掃除をしておくことをおすすめします。どうせ処分するのだから掃除する必要がないと考えてしまいがちですが、しっかり綺麗にすることをおすすめします。

仏壇の作りは複雑な構造な場合や特別な素材が使われている場合もあり、素人が掃除してしまうと仏壇を傷めてしまう可能性があるため、場合によっては業者を呼ぶことも必要です。

2:仏壇を処分する方法

上記の仏壇を掃除をして仏壇を閉じる法要を行ったら、次は仏壇を処分する工程に移ります。仏壇を処分する方法はいくつかあるため、自身にあった方法を選択することができます。

次に仏壇を処分する方法を3つ紹介しますが、仏壇や仏教にとって最もよい方法から紹介します。しかし、最後に紹介した方法で処分しても全く問題ありません。

お寺に依頼する

仏壇を処分する際の注意事項3つ|処分後の供養方法3つ
仏壇を処分する方法にお寺に依頼する場合があります。最も仏壇の所有者に負担がかからない方法であり、仏教上や良心的にもよい方法です。しかし、お寺に頼む場合は事前にお寺の人にどのくらいお金が必要になるのか確認しておきましょう。

お寺に仏壇の処分を依頼することで、亡くなった故人に対して負い目を感じにくく、故人との関係が深い場合おすすめの方法です。

仏壇店に依頼する

仏壇を処分する際の注意事項3つ|処分後の供養方法3つ
仏壇を処分する際に仏壇店に依頼すること方法があります。仏壇店は仏壇を販売しているだけではなく、仏壇の処分も行っています。仏壇店で仏壇を処分する場合は、宗派など関係なく処分することができ、さまざまな人でも利用することができます。

仏壇を処分する理由の中に、新しい仏壇に変える場合があり、そのような場合は仏壇店を利用すれば手軽に新しい仏壇に変えることができ、古い仏壇を処分することもできます。

粗大ゴミとして処分する

仏壇を粗大ごみとして処分できることを知らない人も多くいるのではないでしょうか。仏壇を粗大ゴミで処分してしまうことは不誠実なイメージがありますが、上記で紹介した仏壇を処分する前に行うことをしていれば問題ありません。

粗大ごみとして処分する場合は、地域によって値段が変わりますがお金が必要になります。しかし、お寺や仏壇店で処分するよりも安く処分することができます。

3:位牌の取り扱い

仏壇を処分する際の注意事項3つ|処分後の供養方法3つ
仏壇の中に置かれている位牌ですが、仏壇を処分する際にどのように扱えばよいのか分からない人も多くいるのではないでしょうか。仏壇を処分する際の位牌の取り扱い方法は、捨てる場合と残す場合があります。

位牌の大きさは仏壇に比べてかなり小さいため、残していても邪魔になることはないので残す場合が多いですが、関係が薄い場合は捨ててしまう場合もあります。

位牌を残す場合

位牌を残す場合は、手元に残す場合もありますが、お寺に預かってもらう方法もあります。後者の方法は永代供養と呼ばれ、長い期間預かったのちお寺が処分してくれるシステムです。最近では永代供養を利用する場合が多いです。

永代と言われていますが、永遠に位牌を預かってくれるわけではなく、ある期間がくるとお寺が処分してくれます。お寺によって預かる期間が異なるため、事前に確認しておきましょう。

位牌を処分する場合

位牌をすぐに処分する場合は、お寺に頼んで魂抜きを行う必要があります。位牌には亡くなった人の魂が込められていると考えているため、魂抜きをせずに処分してしまうとバチが当たってしまいます。そのため、必ず処分する前に魂抜きを行ってもらいましょう。

魂抜きが完了したらお焚き上げをして、位牌を完全に処分します。この一連の工程は全てお寺でするため、位牌を持っていった後は任せるようにしましょう。

仏壇について詳しく知ることができる本

仏壇について詳しく説明できない方やどのような種類があるのか知らない人も多くいるのではないでしょうか。仏壇に対するさまざまな疑問がこの一冊を読むだけで解決することができます。

仏壇の取り扱いにはさまざまなルールがあるため、仏壇を処分したいと考えている人や仏壇を購入しようと考えている人におすすめの一冊です。

個人的には知りたい事は網羅されていました。
祀り方を深く学びたいと思われる方もいると思いますが、ちょっと気になる・ちゃんとやりたいレベルであれば、この本に書いてある事で十分だと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%82%AB%E3%8... |

仏壇を処分した後の供養方法3つ

仏壇を処分する際の注意事項3つ|処分後の供養方法3つ
仏壇を処分した後も供養を続けることが亡くなった人に対するマナーでもあります。そのため、仏壇を処分したからといって供養をしなくてもよいというわけではありません。仏壇を処分した後の供養の仕方はさまざまあるため、行いやすい方法で供養することをおすすめします。

次に、仏壇を処分した後の供養の仕方を3つ紹介するので参考にしてください。

1:遺影・位牌を置く

仏壇を処分した時に遺影や位牌を残す場合もあります。遺影や位牌が手元にある場合は、完全にしまいこまずにどこかに置いておくことをおすすめします。そうすることでいつでも手軽に供養することができます。

2:お墓参り

亡くなった人を供養する方法で一番主流なのが、お墓参りをすることです。日本の風習であり、毎年お盆や年末にお墓参りをする場合が多いです。仏壇がない場合でもお墓がある場合はお墓に赴き、供養することをおすすめします。

しかし、お墓が近くにない場合や高齢者の方は手軽にお墓参りをすることも難しいです。そのため、最近ではさまざまな形のお墓が存在しており、お墓参りもしやすいです。

3:法要

法要は住職にお経を読んでもらう必要があるため、あらかじめお寺に連絡を入れておくことが必要です。また、お金も必要になるため、手軽に利用することができない方法でもあります。

仏壇を正しく処分して供養を続けましょう

仏壇を処分する際の注意事項3つ|処分後の供養方法3つ
仏壇を処分することはまったく問題ない行為ですが、正しい工程を行って処分する必要があります。そのため、仏壇を処分しようか悩んでいる人はまず、どのように仏壇を処分するのかが正しいか把握しておくことをおすすめします。

事前に仏壇の処分方法を把握しておくことで、処分する方法を選べれるだけではなく、間違った処分方法を行わずにすみます。

Related