Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月24日

仏壇のりんについて知る上での項目10個|購入場所3つ

仏壇のりんについてどのくらい知っていますか。りんを使う機会はあっても、りんについて知っている人は少ないのではないでしょうか。今回はりんについてご紹介します。購入を考えている方にも参考になる記事です。ぜひ読んでみてください。

仏壇のりんについて知る上での項目10個|購入場所3つ
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

仏壇のりんは仏壇を拝むときに鳴らすものではない?

仏壇にあるりんをご存知ですか。ほとんどの方が一度は目にしたり、使ったりしてことがあるのではないでしょうか。仏壇のりんをのどように使っていますか。拝むときにりんを鳴らしてはいないでしょうか。

正式に仏壇のりんは読経の際に鳴らされます。ですから、拝む際に鳴らすことは間違った作法となってしまいます。

そこで、日本人として恥をかかないためにも仏壇のりんについて詳しくご紹介します。

仏壇のりんについて知る上での項目10個紹介

仏壇のりんについて素材や選び方、役目など知っていて損はない10個の項目をご紹介します。仏壇のりんにまつわるエトセトラを分かりやすくコンパクトにまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

1:素材について

現在は仏壇のりんも多くの種類が作られていますが、基本的なりんの素材は金属製です。主に、真鍮と亜鉛を混ぜ合わせた合金で作られています。

合金でできているため、空間に響く綺麗な音色を出すことができます。

2:音色について

仏壇のりんの音色は、名前から想像できるようにリーンと響く美しい音色が出るといわれています。澄んでいて雑音が無く、長く余韻が続き、綺麗に消えていく音色が最も美しいりんの音色だと言われています。

一般的には、銅と錫で作られたりんが美しい音色を出すと言われています。ただし、金属の比率、製造方法でりんの音色も変わってきます。ですから、購入される前には一度りんを鳴らしてみて、自分の耳で確かめるとよいでしょう。

3:座布団について

仏壇のりんは、音を奏でる鈴の部分のところだけを指します。そして、りんだけでは、リーンという美しい音色はなりません。ですから、仏壇のりんと座布団はセットで必要な大切な仏具の1つです。

りんの座布団には、りん台やりんに傷を付けないようにする目的もあると言われています。さらに、りんの座布団は宗派によって違いがあります。浄土真宗本願寺派は6角形の形、真宗大谷派はりんの座布団の代わりに4角形の金輪を使います。

4:役割について

仏壇のりんは、元は禅宗で使われていたと言われています。その役割は、リーンという澄み渡る音で人々の邪気を払うと言われています。

現在は、宗派によってりんの役割も異なっています。供養や祈りを極楽浄土に届けるという役割や、読経の開始と終わりの合図という役割もあります。

ですから、りんを鳴らすときは自身の宗派を確認に宗派に合った使い方を心がけましょう。そして、仏様や御先祖様に想いが届くように心をこめましょう。

5:サイズについて

仏壇のりんのサイズは仏壇に合わせて選ぶとよいと言われています。一般的には、7㎝から15㎝位の<大きさのりんがよいでしょう。

ちょうどいいサイズのりんで、ご先祖さまに対する敬意を払うことができるでしょう。

6:置く場所について

仏壇のりんを置く場所は知っていますか。基本的には経机の上に置きます。

現在は多くの種類の仏壇があり、家具の上に置く仏壇もあります。そのような場合には、経机が引き出しタイプになっているものや、折り畳み式になっている可能性があります。ですから、経机を出してその上に置くのがよいでしょう。

しかし、宗派によってりんの置く場所は異なりますので確認が必要です。

7:鳴らし方について

りんの鳴らし方についてご紹介します。りんはどの場所を鳴らしても同じように美しい音色が出るので、特に鳴らす場所に決まりはないのではないかと考えてはいませんか。

仏壇のりんは必ずりん棒を使って音を鳴らし、りんの縁を叩きます。ただし、一般的にはりんの縁を叩くと言われていますが、宗派によっても異なりりんの縁とは反対のりんの内側を叩く場合もあるので気を付けましょう。

8:鳴らす回数について

りんの鳴らし方についてはご紹介しましたが、りんの鳴らす回数はご存知でしょうか。りんは、読経の際に鳴らすものであるとご紹介しました。読経の始めに2回、途中に1回、終わりに3回という鳴らし方や読経の始めに2回、途中に2回、終わりに3回という鳴らし方が一般的だと言われています。

しかし、りんの鳴らし方は宗派によって異なることはもちろん、同じ宗派でもお寺によっても異なることがあります。

9:意味について

りんの意味についてご紹介します。読経の際に鳴らされる仏壇のりんの意味は、読経の音程とリズムを合わせるためだと言われています。

仏壇のりんの音色は、ドレミの音階でいうレの音程が基準になっています。りんの音を聞いて、自然と読経の音程を合わせることができます。さらに、りんを鳴らすことで読経の速度も合わせることができます。

10:お手入れについて

仏壇のりんはどうやってお手入れしたらいいのか分からずに困っている方が多いのではないでしょうか。りんのお手入れ方法は、基本的には乾拭きがよいと言われています。

りんを気付付けないためにも、乾いた柔らかいタオルや布で優しくほこりを拭うだけでよいと言われています。りんが変色してきてしまったら、りん専用のクリーナーを使って優しくお手入れします。ここで、家庭用の洗剤などを使用しないように気を付けましょう。

りんをもっと知るためにおすすめな本

仏壇のりんについてはもちろん仏壇・仏具について広く詳しく知ることができる便利な1冊です。お寺やお先祖様の前で恥をかかないためや、間違った行いで失礼なことをしないためにも、1家に1冊あっても損はない、とても便利な本です。

もっと仏壇のりんについて、仏壇について知識を深めたいという方はぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

仏壇のりんの購入場所3つ紹介

仏壇のりんはどこで買えるのかご存知でしょうか。また、仏壇のりんを購入する時に、きちんと仏具専門店で買うことがよいのか、それともホームセンターで買えるのか、通販で良いりんは売っていないのか、悩むことはありませんか。

今回は、仏壇のりんを購入する際におすすめな仏具専門店たホームセンターと通信販売についてご紹介します。おすすめ購入場所をご紹介します。ぜひ仏壇のりんを購入する際の参考にしてください。

1:仏具専門店

仏壇のりんの購入場所におすすめの仏具専門店は「金剛堂」です。仏具専門店の「金剛堂」は全国に45店舗もある大きな仏具専門店です。ですから、あなたのお住いの近くにも店舗が見つかることでしょう。

さらに、大きな仏具専門店だからこそ仏具に関する情報も多くあり、プロフェッショナルなスタッフが多いです。どのような仏壇のりんを購入したら良いのか悩んでいても、スタッフが親身に丁寧に説明してくれますから安心できます。

2:ホームセンター

ホームセンターで仏壇のりんを購入することができるのだろうかと疑問に思う方が多いでしょう。ホームセンターと名前を聞くと、園芸品やDIY用の工具などのイメージが強いですが、一部のホームセンターでは仏具も販売しています。仏壇のりんの購入場所におすすめなのは「コメリ」です。

「コメリ」は仏具の商品数が多くあり、ホームページから商品を注文し店頭で受け取ることもできるので、確実に仏具を購入することができます。

3:通信販売

近くに仏具を販売しているお店が見つからない場合や、じっくり調べて購入したい時には通信販売がおすすめです。そこで、仏壇のりんのおすすめの購入場所は「大越仏壇」のオンラインショップです。

「大越仏具店」のオンラインショップは販売しているりんの種類が多くさらに、りんの音色を実際に聞いて選ぶことができるからです。通信販売で購入すると、実際に見ることができませんが音を聞くことができるので安心して購入できます。

仏壇のりんについて詳しくなりましょう

りんについて知ることができましたか。仏壇のりんを見ること、または使う機会はあってもりんについて知る機会は少ないのではないでしょうか。りんについてもっと知り、ご先祖様の前やお寺で恥ずかしい思いをしないようにしましょう。

そして、りんについて知ることはもちろん大切ですが、1番大切なのはご先祖様や仏様への気持ちです。忘れないようにしましょう。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

Related