Search

検索したいワードを入力してください

2020年10月05日

永代供養の費用の相場|永代供養の費用が決まる要因5つ

初回公開日:2019年03月08日

更新日:2020年10月05日

記載されている内容は2019年03月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

費用や維持管理の問題から、お墓を建てるよりも永代供養を選択する人が増えてきています。この記事では、永代供養がどういうものなのか、なぜ費用がお墓を建てるより安いのかなどについてご紹介します。ぜひご覧いただき、故人を供養する方法について理解を深めてみてください。

永代供養の費用の相場|永代供養の費用が決まる要因5つ
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本有数の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

永代供養の納骨方法3つ

大事な人が亡くなった後には、長い間に渡って、ちゃんとした形で供養したいと考える方は多いでしょう。お墓を建てるのもいいですが、維持管理が大変で放っておくようになっては本末転倒です。

永代供養を選択すると、維持管理は比較的楽にでき、きちんとした形で供養することができます。この記事では、永代供養の費用や納骨方法についてご紹介します。永代供養には、納骨壇型、納骨塔型、合祀型といった三つの納骨方法があります。

永代供養の納骨方法1:納骨壇型

納骨壇型の永代供養は、施設の中で骨壺ごと個別に遺骨を安置します。ロッカー式や仏壇式、自動搬送式など、いろいろな管理の方法があり、管理にかかる手間によって費用は変わってきます。

ロッカー式は10万円くらいから、仏壇式は30万円から、自動搬送式は大規模な設備が必要ですので、50万円以上からと費用が高くなります。同じ地域であれば、個人でお墓を作るよりは費用は安いです。

永代供養の納骨方法2:納骨塔型

納骨塔型の永代供養では、骨壺は個別のまま、塔の内部または下部にまとめて安置します。参拝は納骨塔にすることになり、個別のお骨にお参りすることはできませんが、後からお骨を引き上げることは可能です。

管理の手間がなくなるため、納骨壇型より費用は安くなり、5万円くらいから入ることができます。

永代供養の納骨方法3:合祀型

合祀型の永代供養の場合は、合祀する遺骨をすべて合同の墓所に集めてお祀りします。合祀された方、全員の遺骨が混ざってしまうため、遺骨を返してもらうことはできません。個別の管理が必要ないので、納骨塔よりさらに費用は安くなり、3万円くらいからになります。

永代供養の費用の相場と費用が決まる要因

個人でお墓を持つと費用と管理の手間が大変なので、永代供養を選択するケースが増えています。しかし実際に永代供養を調べてみると、さまざまな方法があり、費用も千差万別です。「永代供養を考えてみたいが、内容と費用がよく分からないので躊躇している」という方も多いのではないでしょうか。

ここからは、かなり幅広く設定されている永代供養の費用は、どんな要因で費用の差が出ているのかを見ていきましょう。

永代供養の費用の相場

個人のお墓が200万円くらいかかるのに比べて、永代供養の費用は100万円以下に抑えられます。お骨を個別に管理する場合は、5万円から100万円くらいかかり、初めから合祀してしまう場合は3万円くらいの費用がかかります。

永代供養の費用の幅はかなり広いですが、費用の違いは、提供される個々のサービス内容によって変わってきます。当たり前ですが、手間をかけるほどに費用は高くなっていきます。

永代供養の費用に影響する要因5選

永代供養の費用は、実際にかかる管理の手間と地代、期間などによって決まってきます。ここでは、永代供養のコストに関わる個々の要因について、もう少し詳しく見てみましょう。

永代供養の費用に影響する要因1:納骨の方法

永代供養の費用に反映されるのは、納骨の方法による管理の手間です。個人の骨壺ごとに管理すれば、手間がかかるので費用は高くなります。合祀してすべてのお骨をまとめてしまえば、個別の管理はなくなるので費用は低く抑えられます。

また、個人ごとに参拝できるような形にすれば、その分コストが上がります。個人のお墓だとかなりのスペースを占有して利用することになりますので、その分かなりの費用を負担しなければなりません。

永代供養の費用に影響する要因2:納骨期間

個別に遺骨を管理する納骨期間によっても、永代供養の費用は変わってきます。永代供養は、三十三回忌か五十回忌の時点で弔い上げを行い、その後に合祀されることになります。その期間が短ければ費用が安くなります。

初めから合祀する場合には、個別に遺骨を管理する期間がまったく無いということになりますので、その分費用はかなり安くなっています。

永代供養の費用に影響する要因3:納骨されるスペースの広さ

納骨されるスペースの広さも、永代供養の費用に反映されます。骨壺ごとに個別管理をする場合は、最低でも骨壺が置けるだけのスペースを確保しなければなりません。

仏壇型であれば、位牌やお供え物を置くスペースが必要ですので、さらに広いスペースが必要です。合祀の場合は、お骨が物理的に入るスペースだけで済むので、その分費用が低く抑えられます。

永代供養の費用に影響する要因4:墓石の大きさ

個人のお墓だと墓石を用意しなければいけませんが、永代供養の場合は個別に墓石を用意する必要がないので、その分の費用はかかりません。納骨塔や納骨堂の費用は、一緒に入る方全員で負担することになるため、一人当たりの費用は安くなります。

合祀の場合は、個人の名前がお墓に記されることはありませんが、合祀されている方の名前を書いた銘板などが用意されますので、どこに入ったか分からなくなるという心配はありません。

永代供養の費用に影響する要因5:お墓の土地代

個人のお墓だと、お墓の1エリア分を個人で用意しなければいけませんので、費用はその分かかってしまいます。地域にもよりますが、個人墓を建てる場合は、土地代だけで200万円を超えてしまうケースもあります。

永代供養の場合は、合祀された全員で納骨塔や納骨堂の設置エリアの費用を負担するため、一人当たりの費用は安くなります。

お墓に関する知識全般を知りたい方に

「ネットではわからないお墓問題の片づけ方」は、お墓問題全般に関して、基本的なことから説明してくれる本です。「菩提寺がそもそもない」「近くに自分の家の属している宗派のお寺がない」「特定の宗派を信仰していない」など、現代のさまざまな事情に応じたお祀りに関する知識を教えてくれます。

もちろん個人のお墓だけでなく永代供養についても紹介されていますので、自分の希望に応じたお祀りの方法を比較検討することができます。

永代供養のお寺を選ぶポイント3つ

永代供養を検討したい方も、実際にお寺を選ぶときにどうすればよいか、分からない方も多いでしょう。呼び方が同じでも、お寺によって実施されるサービスには違いがありますから、永代供養で提供されるサービスについて、何を比較すればよいか、何に注意すべきなのかを知っておく必要があります。

ここからは、永代供養をしてくれるお寺を探すときに、どうすれば自分のニーズに合ったサービスを見つけられるかをご紹介します。

永代供養のお寺を選ぶポイント1:インターネットで探す

永代供養をしてくれるお寺を探して、実際にお寺を見て回るのは時間も費用もかかります。永代供養の現実的な費用の相場を知る意味でも、まずはインターネットで探してみましょう。

永代供養のサービス比較サイトもありますので、まずはそれを見て、永代供養のサービス内容と、自分の希望するサービスの費用の相場がどれくらいになるのかを把握しておきましょう。

永代供養のお寺を選ぶポイント2:身近な人の口コミを参考にする

インターネットで大まかなサービスは分かりますが、実際の永代供養の内容については、把握しにくいです。身近でお葬式を経験されている方がいたら、その方のお墓の準備や永代供養などを決定した際の体験を聞いてみると、とても参考になります。

その方が満足されている点はもちろん、細かい不満などがあれば、それも聞いておくと実際に選ぶときに役に立ちます。

永代供養のお寺を選ぶポイント3:交通の便が良いお寺を探す

永代供養をしてくれるお寺を選ぶときに、費用を最優先して考えてしまうと、あとあと苦労する場合もあります。費用が安いからといって、交通の便が悪いところを選んでしまうと、だんだんお参りするのが億劫になってしまいます。

せっかくお祀りするのですから、季節ごとに楽しくお参りできるように、交通の便が良いお寺を選ぶのがです。

永代供養の費用の相場を知り安心して利用する

お墓に替わる、きちんとした供養の方法して、永代供養についてご紹介してきました。ご紹介してきたように、一言で永代供養といっても、さまざまな方法があり、費用もそれぞれの要因によって異なります。

自分が希望する永代供養がどの方法に合うのかをよく検討し、亡くなった方に安心してもらえる形で供養していけるようにしましょう。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本有数の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

Related