Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月09日

曹洞宗の初盆の流れや精霊棚の飾り方|精霊棚に必要な飾り4つ

曹洞宗にかぎらず初盆では、迎え火を焚いてご先祖の霊をお迎えし、お坊さんによる法要をしていただき、最後にご先祖の霊を送り火を焚いて送り出します。曹洞宗の初盆で準備するものには、迎え火と送り火のおがらやこも、そして精霊棚と精霊馬その他のお飾りを用意します。

曹洞宗の初盆の流れや精霊棚の飾り方|精霊棚に必要な飾り4つ
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

お盆と初盆の違い

お盆と初盆(はつぼん)の違いですが、初盆の方は「親しい人が亡くなって、はじめての盆」であって新盆(にいぼん)とも呼ばれます。四十九日以内に盆が来た場合には、次の年の盆が新盆・初盆となります。

お盆自体の日程に関しては、一般的に8月13日から8月16日の期間になっていますが、東京や一部の地域では7月13日から7月16日の期間になっています。

曹洞宗の初盆の流れ

曹洞宗の初盆の流れや精霊棚の飾り方|精霊棚に必要な飾り4つ
初盆は通常のお盆とは違って、多くの方が集まって法要も行いますから多くの準備が必要になります。事前の手配も必要なので余裕をもって準備をします。最初に行うべきこととして、お仏壇やお墓の掃除とお寺の手配もしなければなりません。

さらに、初盆に集まっていただく方をもてなすための会食の手配をしますが、自宅で行うか他の会場を借りるかを決めます。大筋が決まってから、初盆に参加していただきたい方へ案内状を送ります。

迎え火

曹洞宗の初盆を行う際の流れについてですが、初盆の初日である通常の地域での13日の夕方に迎え火を焚きます。迎え火は故人の霊が自宅に戻ってくるための目印として焚きます。

迎え火とは、焙烙(ほうろく)という素焼きの平皿の上でオガラを載せて燃やすものです。この迎え火を門のところや玄関先で焚いて、故人の霊の目印となり故人の霊をお迎えします。なお、当日には集まった方たちとお墓参りを行っておきます。

お墓参り

お墓参りを行うにあたって、曹洞宗でもお墓の清掃を行います。お墓の掃除は墓所区画の清掃から始め、落ち葉を集め雑草を抜き、玉砂利の汚れを水洗いします。そののちに墓石を清掃しますが、墓石はやわらかいスポンジで水洗いします。

その際、家庭用の洗剤は使いません。洗剤を使うと石材の内に入り石材の変色をおこす場合があるので使わない方がおすすめです。清掃の後に法要の参加者を集めてお墓に線香をあげてお参りをします。

お坊さんによる法要

曹洞宗の初盆では精霊棚を設置するのですが、お坊さんに精霊棚の前でお経を読んでもらうことになります。お坊さんは曹洞宗の檀家さんを一軒ずつ伺って、精霊棚の前でお経を読みます。このように、お坊さんが曹洞宗の檀家を一軒ずつ周って、お盆のお経をあげることを「棚経」といいます。

精霊棚の前でお経をあげることが由来になっています。そして、曹洞宗の法要後、初盆に参加してくださった方たちで会食を行うことになります。

送り火

送り火は、あの世から帰ってきてくださった故人の霊が、迷わずにあの世に帰ることができるよう送り出すために焚きます。通常はお盆期間の最終日かその前の日の15日か16日の夕方や日没後に送り火を焚きます。

送り火を焚く時期は、地域によって違いがありますので、お住まいの地域ではいつかをお寺さん他に確認しておきます。迎え火と同じく門のところや玄関先で焙烙の上でオガラに火をつけて燃やし、故人の霊を送り出します。

曹洞宗の初盆で準備するもの

曹洞宗の初盆で準備するものには、大きく分けて盆棚・精霊棚があり、その棚に必要なものとして精霊馬(しょうりょううま)やお供え物・お供えするお膳があります。

精霊棚は先祖の霊を迎える棚のことで、まこもを敷いた祭壇の四隅に葉の付いた青竹を立てて上部にしめ縄を張ります。精霊馬はお盆の飾りで、一般的には胡瓜とナスで馬と牛を模したもののことです。他に用意するものに、曹洞宗では白提灯や盆提灯(盆灯籠)があります。

1:迎え火と送り火の薪

迎え火と送り火の薪は、燃えやすい材料が多く使われます。昔は家の門のところや道の角で皮をむいた麻の茎(おがら)を積み重ねて燃やしていました。

しかし、今は火災の原因になることを恐れて、焙烙の上で焚いていますし、これを行わないで盆提灯を電灯で灯すことや装飾だけで迎え火としています。

薪を使うときは、燃えやすいヤニが含まれている黒松が使われる場合があります。送り火は迎え火と同じく門前でオガラを焚きます。

2:白提灯

白提灯は絵柄の入っていない白い提灯のことで、軒先に吊るして使います。家のつくりによっては玄関の中や、仏壇の側に飾るという場合があります。曹洞宗の初盆のときは、初めて帰ってくる故人の霊が迷わずに家に帰れるように目印として白提灯を吊るします。

この白提灯は盆提灯と違って、1つだけ用意すれば構いません。白提灯には紋様の入っていないものと入っているものがあり、初盆では紋様が入っている白紋天提灯を用います。

3:お布施

お盆のときにお坊さんにお渡しするお布施は。一般的には気持ちで良いとされ5000円程度と言われています。初盆の場合は、通常のお盆よりも丁寧に供養するために特別に法要をしてもらうために多く包みます。曹洞宗のお坊さんに精霊棚の前で読経をあげてもらいます。

曹洞宗の棚経が終わったら、お坊さんも含めて出席者を精進料理でもてなすのが基本ですが、お坊さんがもてなしを辞退した場合は、お布施に加えて御膳料を包みます。

精霊棚の飾りと飾り方

精霊棚は、お盆の間に祖先をお迎えするための棚で、盆棚(ぼんだな)とも呼ばれます。精霊棚は初盆だけでなく毎年お盆に用意していましたが、最近では初盆のみ準備して、その後は簡単に済ませる家が多くなっています。

昔は特別に精霊棚を作りましたが、今は仏壇の前に小机や台を置き、まこものゴザを敷いて精霊棚とします。その上に飾り物を乗せていきます。そして、棚の上には精霊馬やお供え物・お供えするお膳を乗せて飾ります。

1:こも

こもは白い布状にまこもを荒く織って作られたむしろのことです。精霊棚には、まこもで編んだむしろを棚にテーブルクロスのように敷いておきます。この由来は、お釈迦さまが病人をまこもの敷きものに寝かせて、治療したことからといわれています。

さらに、このまこもで作ったむしろの上に、精霊馬やお供え物・お供えするお膳を載せて精霊棚を飾り付けます。なお、植物のまこもとは、薬用成分を含むイネ科の多年草のことです。

2:おがら

迎え火と送り火に焚かれるのが、皮をむいた麻の茎(おがら)で、ご先祖の霊を家にお迎えする目印として使われます。そして、逆に家にお迎えしたご先祖の霊を、あの世に送り返してあげるために、お盆最後の日の夕方に再びおがらを焚いて送り火とします。

直接地面でおがらを焚かないで、焙烙(ほうろく)という素焼きの皿型の容器におがらを折って積み重ねて燃やします。迎え火と送り火に使うので、事前に入手しておきます。

3:精霊馬

曹洞宗に限らず精霊棚には、精霊馬という胡瓜の馬とナスの牛を一対お供えします。旬の野菜を使うために、地域によってはナスと胡瓜以外の野菜を使用します。

精霊馬は、御先祖様の乗り物として、本来は迎え火の時に門前に用意して、迎え火を焚いたのちには精霊棚まで持ってきてお供えします。送り火の時に再び精霊馬を門前に出します。割り箸やおがらを適度な長さに切って、胡瓜やナスに四つ足として刺して作ります。

4:盆提灯

盆提灯もお盆のために用意しますが、お盆で使う盆提灯は初盆では必ず白い色の提灯を用意します。曹洞宗では白い色は不浄や清廉を意味していて、初めてお帰りになる先祖の霊を迎えるのにふさわしいためと言われています。

お盆に飾るお盆提灯は、お盆に先祖の霊が迷わず家に帰ってこられるように目印となります。あの世から迷わず故人の霊が帰ってこられるように、そしてあの世に戻っていく道を照らすように、盆提灯を設置します。

丸ビニールの白無地盆提灯を紹介します

丸ビニール提灯で、直径が240mm×H350mm(つるの先からリングまで)あります。白の無地の提灯なので幅広く使うことができます。重さも130gと軽い製品です。

曹洞宗の初盆のお供え物

曹洞宗の初盆の流れや精霊棚の飾り方|精霊棚に必要な飾り4つ
曹洞宗の初盆のお供え物には、初めて帰ってくるご先祖さまの霊をもてなす役割を持っています。そのために精霊棚の上にお供え物を置きます。

精霊棚の大きさが小さくて、お供え物をすべて精霊棚の上にお供えすることができない場合は、精霊棚に置いた位牌から見える位置にお供え物を置きます。

このときお供えするお膳は、曹洞宗でも基本的に精進料理のお膳です。ほかにも曹洞宗では、お盆の間には旬の果物をお供えします。

1:御膳

お盆では、ご先祖様の霊は一年ぶりにわが家に帰ることになりますし、新盆の場合は特に久しぶりに亡くなった方がわが家で食事をします。正しいしきたりでは、手作りの精進料理を作りご仏壇に一汁五菜のお膳をお供えすることになっています。

一汁五菜のお膳とは、お汁と5種類のおかずで作られたお膳です。そして精進料理なので動物性のたんぱく質やにおいの強い食材は使わずに作ります。白いご飯を合わせてお膳としてお供えします。

2:野菜や果物

曹洞宗の初盆の流れや精霊棚の飾り方|精霊棚に必要な飾り4つ
季節の野菜や果物、そして故人が好きだったお菓子をお盆にお供えします。お盆用に販売されているセットものもありますが、必ずお供えしなければならない果物というものはありません。

故人の好みも考えながら、自分で選び購入することをおすすめします。購入した果物やお菓子は、買ってきた容器から取り出して、お皿に盛り付けるのが正しい方法です。曹洞宗の精霊棚が狭い場合はお皿を省略し、そのまま果物他を置いても構いません。

3:団子

曹洞宗の初盆の流れや精霊棚の飾り方|精霊棚に必要な飾り4つ
曹洞宗のお盆では、団子をお供えする風習があり、団子の種類としては白玉団子、みたらし団子、あんこの団子などがあります。昔は迎え火をするお盆の初日、2日目と3日目、送り火をする最終日には、毎日異なる団子をお供えする決まりがありました。

しかし、毎日違う団子を準備するのは大変なため、最近は簡略化して白玉団子だけを通しでお供え物とすることが多くなっています。白玉団子なら白玉粉を使い簡単に手作りできます。

4:水の子

曹洞宗の初盆の流れや精霊棚の飾り方|精霊棚に必要な飾り4つ
水の子(みずのこ)は、お米、ナス、胡瓜を使って作るお供え物で、曹洞宗のお盆でも、水の子を手作りしてお供えします。水の子はご先祖様の霊だけでなく、この世に帰ってくるすべての霊に食べてもらうためにお供えします。

水の子の作り方は、まずお米をといで洗い、次に胡瓜とナスを小さな四角形に切ります。続いて平たいお皿に、蓮の葉または里芋の葉を敷いて、その上にお米、胡瓜、ナスを盛り付けて完成です。

曹洞宗の初盆の準備をしっかりしよう

曹洞宗の初盆の流れや精霊棚の飾り方|精霊棚に必要な飾り4つ
一般的なお盆には、家族もしくは親戚が集まる大きな行事という認識があります。親族が実家に集りお墓に行って、果物やお菓子と線香を供えてご先祖様に祈りを捧げます。

しかし、初盆は親族が集まるのは通常のお盆と変わりませんが、それに加えて故人とゆかりのあった方々にも来ていただき、盛大に供養を行う点が違います。事前準備は一般的なお盆と比べてとても多くなっていて、用意しなければならないことがたくさんあります。

Related