Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月09日

納骨堂の費用に関する基礎知識5つ|追加の費用3つ

皆さんは、「納骨堂」について詳しくご存知でしょうか。この記事では、「納骨堂」の費用についてをご紹介していきます。「納骨堂」を選ぼうと思っている方や、お墓の準備が難しい都心にお住いの方は、この記事で「納骨堂」の費用について知りましょう。

納骨堂の費用に関する基礎知識5つ|追加の費用3つ
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

納骨堂の費用とは

皆さんは、「納骨堂」というものをご存知でしょうか。「納骨堂」とは、骨壺に入っている遺骨を骨壺のまま納めている建物のことです。

「納骨堂」にはさまざまなタイプがあり、土地やタイプによってかかってくる費用も異なってきます。この記事で「納骨堂」の費用についてを詳しく知って、将来の参考にしてみましょう。

納骨堂とは

そもそも「納骨堂」とは、個人や家族などの単位で遺骨を収納しておくことができる場所で、主に屋内に存在します。

お墓は遺骨を土に還しますが、「納骨堂」は遺骨をマンション型のスペースに収納しておきます。「納骨堂」はお墓を建てることが難しい家庭や、自分に合ったスタイルのお墓を求めている方にベストマッチする新しいタイプのお墓です。

納骨堂のメリット

「納骨堂」には、いくつかのメリットがあります。「納骨堂」は、お墓を建てるわけではないので、手軽に遺骨を預けておくことができます。

都心にお住いの方は、一からお墓を建てることが困難な場合があります。さらに都心にお住いでない方も、お墓を建てた後にお墓の面倒を見る親族がいない家庭も、現在では珍しくありません。

「納骨堂」は上記のような心配はなく、安心して遺骨を預けておけます。

納骨堂の費用に関する基礎知識5つ

ここでは、「納骨堂」の費用に関する基礎知識をお伝えしておきます。

将来「納骨堂」を考えている方や、まだ「納骨堂」にするか従来と同じようなお墓にするか悩んでいる方は、この基礎知識をぜひご活用ください。

1:相場

「納骨堂」の金額の相場がいくらなのか、ご紹介いたします。「納骨堂」の金額は、少なくても約100,000円の費用がかかります。

「納骨堂」には、1人用のものと家族用のものにわかれています。「納骨堂」は豪華な装飾などを必要としない場合は、1人用のものでも家族用のものでも、お墓を1から建てるよりはかなり安価な金額で整えることができます。

1:一人用

「納骨堂」には一人用のものがあり、約100,000円の費用がかかります。

一人用の「納骨堂」は、独身の方や家族がいない・または家族の人数が少ない方に大変人気が高いです。一人用の「納骨堂」は、ロッカータイプのものや仏壇タイプの「納骨堂」があります。

機械で自動に搬送されるタイプの「納骨堂」も存在します。

2:家族用

「納骨堂」には家族用のものがあり、約1,000,000円の費用がかかります。

家族用の「納骨堂」は大体約1,000,000円前後の費用がかかりますが、お墓は建てるのに数百万円前後費用がかかるので、費用的な面から「納骨堂」を選ぶ方が今では多くなってきています。

お墓は一度建ててしまうと、残された遺族や子孫が面倒を見ることになりますので、「納骨堂」を選ぶことを視野に入れてみましょう。

2:内訳

「納骨堂」の費用の内訳は、主に管理費と永代供養費にあります。

「納骨堂」は、選んだ場所などによって費用が異なってきますが、管理費や永代供養費は必ずと言っていい程払わなければなりません。

1:永代供養費

「納骨堂」の永代供養費は、年間で約10,000円程度です。「納骨堂」の永代供養費は年間で考えて約10,000円ですが、33回忌まできちんと供養をしていただくことを考えると、約330,000円になります。

永代供養は読経が主に行われますが、宗派やお寺によってお経の種類や頻度はさまざまです。「納骨堂」に決める時には、永代供養にいくら費用がかかるのかをきちんと把握しておきましょう。

2:納骨法要

「納骨堂」での納骨法要にかかる金額は、約30,000円から50,000円程度が必要になります。

開眼供養を希望する場合は、約100,000円程度かかってきます。こちらの金額は「納骨堂」によりますので、必ずしも大きい値段にならない可能性がありますが、事前に調べておくと安心です。

3:刻字料

「納骨堂」でかかる刻字料は、約30,000円です。「納骨堂」の刻字料は、約30,000円と聞くとあまり高い金額ではない印象を受けますが、戒名を付けるとなると値段が変わってきます。

戒名を付ける場合は、約100,000円程度から1,000,000円ほどかかる可能性があるので注意が必要です。

礼服をお探しの方はこちら

ブラックフォーマルをお持ちでない方はいらっしゃいませんか。「納骨堂」に行く際も、喪服やブラックフォーマルが必要な場合があります。「marguerite m433ブラックフォーマル レディース喪服7点セット 」は、必要な物が全て揃っています。

バッグ・ネックレス・イヤリング・ふくさ・ハンカチ・数珠・折畳トートと必要な物が揃っているこの商品で、フォーマル用品を家庭に備えておきましょう。

納骨堂における追加の費用3つ

ここでは、「納骨堂」を利用する際にかかる追加の費用についてをご紹介いたします。

「納骨堂」では追加の費用として、法要やお布施、法要の際に必要になってくる会場費がかかる場合があります。

「納骨堂」の追加の費用についても、しっかりと確認しておきましょう。

1:個別で行う法要

「納骨堂」では、個別で法要を行うことができます。「納骨堂」で個別の法要にかかる費用は、少なくとも約50,000円程度の費用がかかってきます。

この「納骨堂」でかかる個別で行う法要の料金は、お墓を用意した時と同じ程度の金額か、もしくはお墓の場合よりも安価な値段です。

2:お布施

「納骨堂」でもお布施の用意が必要です。「納骨堂」では、お布施の金額は少なくとも約10,000円の金額がかかってきます。

お布施はあくまでも、遺族側がお寺や僧侶にお渡しするお礼の金銭ですので、お布施に決まった金額はありません。

お布施の金額に困った時は、直接お寺や僧侶に相談しても構いません。

3:法要の際の会場費

納骨堂の費用に関する基礎知識5つ|追加の費用3つ
「納骨堂」では、法要の際の会場費がかかることがあります。「納骨堂」での法要の際の会場費は、少なくても約10,000円の費用がかかってきます。

「納骨堂」での法要の際の会場費は、「納骨堂」の会場によって金額が異なってきますが、一般的には10,000円から20,000円の会場費が発生することが多いです。

納骨堂の費用を正しく理解しよう

いかがでしたでしょうか。「納骨堂」の費用について詳しく知っておくと、大変便利です。まだ「納骨堂」に決めてない方や、「納骨堂」には興味が無かった方も、この記事でぜひご参考になさってください。

お墓を建てることが難しい都心にお住いの方は「納骨堂」の費用を正しく理解して、「納骨堂」を選ぶ際の検討材料にしてみましょう。

Related