Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月24日

墓じまいをするならイオンがオススメ|人気の理由7つを大公開

少子高齢化や過疎化が進む日本では、独身者が増えたりお墓が遠方になってしまいお墓の世話ができないなどの理由から「墓じまい」をイオンライフにお願いする人が増えています。今回は、墓じまいをする際にイオンライフが選ばれる理由について調べてみました。

墓じまいをするならイオンがオススメ|人気の理由7つを大公開
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

墓じまいとは

「墓じまい」は、お墓が遠くてお参りに行けなくなったり、後を継げる家族がいないなどの理由から、今あるお墓を解体・撤去をして、お骨を他の墓地や永代供養墓地などに移すことをいいます。

墓じまいをするためには、たくさんの手続きや作業が必要となりますので、これらについてみていきましょう。

墓じまいをする意味

現代の日本は、都会へ移り住む人や独身者が増えていることから、代々受け継がれてきたお墓を継承してくれる後継ぎがいないという人が多くなってきました。

墓じまいをすることで、地方の実家を離れて暮らす子どもなどにお墓の維持管理などの負担をかけさせなくて済むという理由から、代々受け継がれてきたお墓の墓じまいを考える人が増えています。

墓じまいをするのに最適な時期

墓じまいを決断するまでには何度も悩み、親族にも相談する必要があるため、タイミングも大切になってきます。

人によっては、定年退職や還暦、体の不調を機会に墓じまいを考え始める人もいますが、基本的には70歳前の元気なうちが、墓じまいのタイミングでしょう。なぜなら、墓じまいは準備から完了までに、数ヶ月~数年かかる場合や、次の納骨先を探す必要があるからです。

墓じまいをするのにかかる納期

墓じまいするためには、新しい納骨先の決定や行政手続き、お骨の取り出しを行った後に、墓石の解体と更地に戻す作業となるため、墓じまいが完了するまでには、1ヶ月~数ヶ月の期間がかかることがほとんどです。

墓じまいがイオンでもできる

行政の手続きやお墓の解体などを行う業者をのやり取りなど、墓じまいを完了するまでには、長い時間と労力がかかります。

イオンの「墓じまい」プランを活用すれば、行政手続きの代行やお骨の取り出し、墓石の解体と処分、お骨の受け渡しまで、墓じまいに必要なものがすべて含まれていますので、安心して墓じまいができるのが特徴です。

墓じまいがイオンに選ばれる7つの理由

最近では、保険や相続などの身の回りの整理の他に、自分のお葬式やお墓の「墓じまい」などの「終活」をする人が増えています。特に「墓じまい」をするためには、たくさんの手続きや作業があるので自分一人でやるのは大変です。

全国展開しているイオンライフであれば、墓じまいに必要な手続きを全て行ってくれます。ここではイオンライフの墓じまいについて詳しく見ていきましょう。

1:全国対応できる

イオンライフの墓じまいであれば、「全国同一価格」でサービスを提供しているので、墓じまいの費用やサービスの心配をせずに安心して墓じまいを任せることができます。

また、イオンでは納骨堂や樹木葬、永代供養墓の3種類の永代供養を用意している他、永代供養墓は全国に30か所あるので、墓じまい後の供養についても相談しやすいのが特徴です。

2:必要なものがワンセット

墓じまいが完了するまでの流れには、墓石の解体・処分・更地に戻す、工事許可などの手続き、お骨の取り出し、お骨の引き渡しといった作業や手続きがとても多いのですが、イオンライフでは全ての工程がセットになっているのが特徴です。

イオンの担当スタッフは、墓じまいに必要な書類の手続きや費用の他に、取り出したお骨の引き渡し方や次の供養先などのアドバイスもしてくれます。

3:次のご供養先の紹介

イオンライフの墓じまいでは、墓じまい後の次の納骨先として、墓石を設けずに樹木を基碑とする「樹木葬」、希望のエリアでパウダー状にしたお骨を散骨する「海洋散骨」を用意しています。

さらに、イオンライフでは「墓石販売」もしていて、6種類のデザインと16種類の石からセット価格で選ぶことができます。販売されている墓石には「10年保証」がついているのが特徴です。

4:永代供養墓

墓じまい後の次の供養として、定期的な法要などの全てを寺院が行ってくれる「永代供養」を検討する人もいるでしょう。

イオンライフの墓じまいなら、生きた証として芳名プレートがついた「永代供養墓」を次の納骨先として利用することができます。後々の費用が一切かからないのが特徴です。

5:追加料金がかからない

イオンライフの墓じまいでは、沖縄などの離島にお墓がある場合や、基礎を厚く作っている寒冷地の場合や機材の搬入が困難と考えられるお墓などの場合を除いては、全国どこであっても追加料金がない統一価格で墓じまいをすることができます。

6:お骨の洗浄

お墓の中で長年保管されたお骨は、骨壺が割れていたり、ふたが外れていたり、水が溜まっていたなどの原因で、お骨が汚れていたり、湿ってカビが生えていたりすることがあります。

イオンライフの墓じまいでは、お骨を洗浄してきれいにした後に、新しい骨壺に納めてくれるオプションがあります。

7:自宅供養セットが充実

墓じまい後は、永代供養墓などをせずに自宅で供養したいという人もいるでしょう。

イオンライフでは、自宅のリビングなどで供養ができるように、オリジナル納骨家具や花供養セット、お墓をカットした墓じまいの記念プレートをオプションとして購入することができます。さらに、パウダー化したお骨を入れて、いつも一緒に外出ができるカプセルもあります。

墓じまいを考え始めた人に読んで欲しい本は?

現代の日本は少子化が進み、代々受け継いできたお墓を引き継ぐ者がいないなどの理由から、「墓じまい」を考える人が増えています。また、墓じまい後の新しい供養形態についても考える必要が出てきます。

こちらの本では、小規模葬儀の方法やお墓・墓じまいに関する手続きや実際に必要な費用などがわかりやすく書かれています。墓じまいについての基礎知識を知ることで、イオンライフなどの専門業者への相談がしやすくなります。

墓じまいを考える人はどんな人

ここまでは、墓じまいの流れや納期、必要な手続き、全国展開をしているイオンライフで墓じまいをお願いした場合に受けることができるサービスやイオンライフの特色についても詳しく見てきました。

実際に墓じまいを考える人には、どのような理由があるのでしょう。ここでは、どのような人が墓じまいを考えているのかを見ていきましょう。

子どもに負担をかけたくない人

先祖代々のお墓であっても新しいお墓であっても、お墓を維持するためには墓地を管理するお寺や財団に、施設の維持管理をするための「管理料」を毎年決まった金額を支払わなければなりません。

お墓を引き継ぐことは経済的にも大変な負担となることから、「子供に負担や迷惑をかけたくない」という考えから墓じまいを考える人が多くいます。

子どもが都会に出てしまった人

墓じまいをするならイオンがオススメ|人気の理由7つを大公開
少子高齢化が進む日本では、進学や就職のために地方から都市に子どもが出て行くという人はとても多く、その結果、地方の過疎化が進み、お墓の世話をする人がいなくなってしまうことは防ぐことができないのが現状です。

お墓のお世話ができなくてお墓が荒れてしまうよりも、思い切って墓じまいをした方がご先祖様を大切にしているのではないかという考えから、墓じまいを考える人も増えてきています。

体力的にも墓参りがしんどくなった人

昔からあるお墓であれば、足場が悪い山道のようなところを通らないとお墓参りができない、新しいお墓でも、墓地事情から自宅から遠い所にしかお墓を変えなかったということはめずらしくありません。

春と秋のお彼岸・お盆・命日と年4回以上はお墓参りに行かなければいけないので、お墓参りへの費用や時間のほかに、年齢による体力的負担も多くなることから、墓じまいを考える人も少なくありません。

独身の人

墓じまいをするならイオンがオススメ|人気の理由7つを大公開
現在の日本は、女性の社会進出が増えていることもあり、男性も女性も独身の人が増えています。そのため、代々受け継がれてきたお墓の後継ぎとなっていると、次の世代に引き継ぎ続けることが難しくなってしまいます。

独身の人が、ご先祖様を大切にするためにも、現在あるお墓を墓じまいして永代供養や散骨などの供養形態を選択するはとても大切なことになります。

墓じまいをイオンでやるのは今時の流れ

少子高齢化や過疎化が進む今の日本では、代々受け継がれてきたお墓を残したくても、墓じまいを考えなければいけないという人も増えています。

しかし、墓じまいには高額な費用が必要とされるため、全てのサービスがセットになっているイオンライフを選ぶ人は少なくありません。全国展開のイオンライフであれば、遠方の墓じまいや新しい供養先も一緒に相談できるので、墓じまいはイオンライフにお任せすると安心です。

Related