Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月24日

おすすめの骨箱10選|骨箱の役割や処分の仕方も解説!

昨今では骨壺にもさまざまな素材やデザインのものが販売されていますが、骨箱の種類にもたくさんの色や模様の施されたものがあります。今回は、骨箱にはどのような役割があるのか、必要がなくなった時の処分方法なども含めて、おすすの骨箱10選をご紹介します。

おすすめの骨箱10選|骨箱の役割や処分の仕方も解説!
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

骨箱とは

おすすめの骨箱10選|骨箱の役割や処分の仕方も解説!
骨箱(こつばこ)とは、骨壺を入れる箱のことです。人は亡くなると火葬され、そのご遺骨は骨壺に入れられます。そして骨壺を納めておくのが骨箱になり、仏教ではお墓に納骨する49日(神道では50日)まで自宅で保管し供養します。

また、自宅で手元供養する場合は骨箱のまま置くこともできますが、カビを防止するため、粉状にしたりアクセサリーに加工するなどの保存方法もあります。日本ではお骨を大切に扱う文化があります。

骨箱の役割

骨箱の役割は、大切な骨壺を保管する上で落としたり倒したりしないように安全に保管するという役割と、自宅に安置しておく際に骨壺のままよりも見た目をよくするという役割があります。

大切なご遺骨ですから骨壺のまま裸にはせずに、少しの間でも綺麗なお洋服を着せてあげるような感覚できちんと保管しておくようにしましょう。49日は家族が故人と向き合い心を癒す大事な時間でもあります。骨箱は骨壺を守る大切なアイテムです。

骨壺との違い

骨壺は故人のご遺骨を直接入れる器で、骨箱はその骨壺をさらに入れて保管する箱のことです。ちなみに骨壷は最近では、形もデザインも材質も、さまざまな種類のものが販売されています。

火葬されたご遺骨を骨上げの際に入れるため、場合によっては高温に弱い材質の骨壺は陶器の骨壺に一度入れ、温度が下がってから移し替えます。また、木製・素焼きの素材なら自然に朽ちるので、骨壺ごとお墓に入れる場合は土に返すことができます。

おすすめの骨箱10選

骨箱には大きさや色などさまざまな種類のものがあります。骨箱は木製の箱に装飾を施したものと、桐箱(きりばこ)そのままで装飾していないものがありますが、今回は人気の美しい装飾を施した骨箱10選をご紹介します。

骨箱の選び方で迷った時は、故人が好んで使っていた色で選んだり、好きだった花などの模様で選ぶと良いでしょう。

1:上金張箱(ヌキナシ箱)

こちらの上金張箱(ヌキナシ箱)は、桐箱に金襴生地(きんらんきじ)で装飾した骨箱です。装飾のない桐箱の場合は、さらにカバーや風呂敷をかける必要がありますが、これならその必要はありません。サイズは、6種類あります。

金襴とは金箔を糸に入れ込んだ金糸(きんし)や、細かい金箔を生地に織り込んだ高価な織物のことです。金襴は、中国から伝わり江戸時代からある日本の伝統技術です。

2:骨箱 金広金箱

こちらの金広金箱は、8寸壷用の手作りの骨箱になります。職人さんが一点一点、手作りした高級感のある骨箱です。こちらの商品はハンドメイドのため、色や形は少しずつ異なる場合があります。

3:広金箱 (白)

こちらの商品は、白い広金箱の7寸壺用の骨箱です。陶器製品や伝統工芸品の販売をしているセトモノホンポの商品になります。シンプルで美しい白色が印象的な広金箱は、故人さまのご遺骨をやさしくお守りします。

4:エスケー ベルシア 金

こちらの商品は、菊の華の模様が織り込まれた豪華なデザインでありながらシンプルが自慢のお買い得な骨箱です。仏陀が菩提樹の木の下で悟りを開いた時に見たという、幻想菊といわれるべネシア模様をテーマにしています。大きさは、3寸壺用から7寸壺用サイズまであります。

6:エスケー ベルシア ピンク

こちらの商品は、エスケーべルシアのピンク色の骨箱です。大人可愛いピンク色に、幻想菊のべネシアが映えるきらびやかな骨箱で女性におすすめです。大きさは、3寸壺用から7寸壺用サイズまであります。

ちなみに、仏陀が悟りを開いた時に見たといわれるベルシア模様の中の勾玉(まがたま)の形には、陰と陽の意味があります。また勾玉は、魔除けのお守りとして古代からアクセサリーに使われていました。

5:エスケー 和花 銀

こちらの商品は、バランスの良い花模様が美しい骨箱です。お値段も安過ぎず高過ぎず、どなたにも馴染みやすい人気のある骨箱です。大きさは、4寸壺用から7寸壺用サイズまであります。

7:エスケー 広金箱 紫

こちらの商品は、広金箱の菊模様の入った紫色の骨箱です。紫色は精神性の高いという意味があり、とても高級感のある男性女性問わず用いることができる骨箱です。大きさは、6寸壺用と7寸壺用があります。

ちなみに紫色は、霊性や悟り、また統合を現わす色でもあります。

8:エスケー 上金張箱 緑

こちらの商品は、上金張箱(ヌキナシ箱)の緑色の骨箱です。自然を思わせる緑色は、植物が好きだった故人さまにおすすめです。また、緑色は調和や平和を意味する癒しの色なので、ご家族さまの心の平安にも一役買うでしょう。大きさは、3寸壺用から7寸壺用サイズまであります。

9:エスケー 窓付箱 銀

こちらの商品は、箱に窓が付いた銀色のしっかりとした造りの骨箱になります。上品で落ち着いた銀色は、どんなお部屋に置いてもマッチしますので、窓付きの骨箱をお探しの方におすすめです。

風水で見た時に、銀色はマイナスエネルギーを防ぐ効果があると言われています。大きさは、5寸壺用・6寸壺用・7寸壺用サイズがあります。

10:キリスト箱

こちらの商品は、キリスト教の方のための骨箱です。49日という考え方は仏教特有のもので、キリスト教の教えにはありませんが、日本の風習に合わせて49日に追悼ミサ(カトリックの場合)を行うご家庭もあります。

キリスト教では天国の神様の元へ帰ったので、法要を行わなければならないという厳密な決まりやこだわりはありません。従って、ご家庭や教会の考えによって違いがあります。一般的にキリスト教は骨箱もシンプルです。

骨箱をお探しのあなたにおすすめの手提げバッグ

こちらの商品は、ご遺骨を持ち歩く際に骨箱ごと入れることのできる、風呂敷のような生地でできている手提げバッグです。大きさは、8寸壺の骨壺がちょうど入るサイズです。

底には板があるので、風呂敷包みよりも骨箱が安定した状態で持ち運ぶことができます。また、周囲からもご遺骨と分からないように移送することができます。ストラップ付もありますが、安定性からいうとこちらのストラップなしの商品の方がおすすめです。

母の遺骨を飛行機で里帰りさせる為に購入しましたが、風呂敷で持ち歩くのと違い安定・安心・楽を感じながら移動出来ました。紺の布製で持ち手の縫製もしっかりしている上、見た目も安っぽくなく悪くないので、購入して本当に良かったです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2O66HKX86I7... |

骨箱の処分方法

おすすめの骨箱10選|骨箱の役割や処分の仕方も解説!
骨箱の処分方法には、自宅で一般ごみとして処分する方法と、お焚き上げしてもらう方法の2種類があります。自分で処分することに抵抗がある場合は、お焚き上げしてもらいましょう。

骨壺ごと納骨しない場合は、骨壺も同じように処分することができます。骨壺を自分で一般ごみとして出す時は、新聞紙で包み大きなゴミ袋に入れ、さらにタオルで覆い、金づちで叩いて割ってから各自治体のルールに従い処分しましょう。

自分で処分する方法

骨壷や骨箱は、自分で処分するには気が引けるという人が多いですが、実はまだ開眼をしていないので処分しても心配はありません。

骨箱は木製なので、金づちて叩くなどして分解し、各自治体のルールに従って一般の家庭ごみに出してOKです。周りへの配慮のため、骨箱だとわからないようにしてから処分しましょう。カバーに名前ある場合はその部分を小さく切って処分しましょう。

お焚き上げしてもらう場合

納骨が終わったら、菩提寺で骨壺と骨箱はお焚きあげしてもらうこともできます。お焚き上げとは、護摩を焚いてお経を読み供養してもらう方法です。

最近の骨壺や骨箱はデザインも綺麗で華やかな物も多く、自分で壊して処分するのは忍びないという考えの場合はお焚き上げしてもらいましょう。菩提寺や専門業者に依頼することができます。

おすすめの骨箱をチェックしよう

骨箱を買う前に、おすすめの骨箱をチェックしてみましょう。骨箱は必ず買うものではありませんが、少しの期間でも大切な故人のご遺骨を守るため骨箱を用意することをおすすめします。

葬儀に来ることのできなかった方がお線香を上げに来られた際にも、骨箱に納めてあるとよいでしょう。短い間使うものなので、高い骨箱である必要はありません。大きさにもよりますが、安いもので千円台から高くて1万円を超えるものまであります。

Related