Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月19日

お供えののしで知っておきたい3つのこと|お供えのマナー

皆さんは、「お供え」の「のし」についてを詳しくご存知ですか。この記事では、「お供え」の「のし」やマナーについてをご紹介しています。突然の不幸やお盆など、「お供え」の「のし」について知っていると大変便利です。ぜひご覧になってください。

お供えののしで知っておきたい3つのこと|お供えのマナー

お供えののしとは

皆さんは、「お供え」の「のし」について詳しくご存知でしょうか。この記事では、「お供え」の「のし」についてを詳しくご紹介していきます。「お供え」の「のし」は、とても大切な物です。

「お供え」の「のし」だけではなく、「お供え」そのもののマナーや「のし」の水引きなどの、普段あまり身近ではない物を改めてお伝えしていきます。

「お供え」や「のし」は知っていると大変役立ちますので、ぜひ最後までご覧ください。

お供えと香典の違い

「お供え」と「香典」は、全く違う意味を持っています。「お供え」は祭壇にお供えをして故人を慰めるもので、「香典」は霊前に供える金品のことを言います。

「お供え」は一般的なイメージとして、お菓子や果物を考える方が多いです。「香典」は金品なので、「お供え」とは違うものになります。

お供えののしで知っておきたい3つのこと

ここでは、「お供え」の「のし」で知っておきたいことを3つご紹介いたします。「お供え」や「のし」は普段あまり身近に感じることが無いため、難しく捉えられがちです。

しかし、「お供え」の「のし」のマナーを守っていれば失敗することはありません。「お供え」の「のし」についてを知って、急な不幸にも冷静に対応しましょう。

1:お供えののしの表書き

「お供え」の「のし」の表書きには、いくつかの種類があります。普段の生活では「お供え」の「のし」について細かく知るというよりも、「お供え」の「のし」についての大体を大まかに覚えておいて、「お供え」の「のし」が必要な時になったらまた関連するウェブサイトや書物で確かめると、突然の不幸にも慌てず確実です。

男性・女性を問わず一つは、香典セットやブラックフォーマルなどを持っているようにしましょう。

通夜や葬儀

一つ目の「お供え」の「のし」の表書きは、通夜や葬儀です。

通夜や葬儀のときの「のし」は、宗教に合わせる必要があります。宗教によって「のし」は変わっていきます。もしも間違えてしまっては本当にたいへんなことになります。

わからなかった場合は、事前に電話などで問い合わせましょう。

法事

つづきましては、法事のときの「お供え」の「のし」についてのご紹介です。

法事の「お供え」の「のし」は、「御佛前」が一般的です。あまり変化球の「のし」を選ばずに、一般的な「のし」を選択しましょう。

お盆

つづきましては、お盆の「お供え」の「のし」についてのご紹介です。

お盆の「お供え」の「のし」は「御供」とするのが一般的です。日持ちのする「お供え」をセレクトすると喜ばれます。おせんべいや、ゼリーなど老若男女問わず好まれる物を選びましょう。

デパートメントストアに行くと、店員さんが選ぶのを助けてくれるので、安心してください。

2:お供えののしの水引き

お供えののしで知っておきたい3つのこと|お供えのマナー
つづきましては、「お供え」の「のし」で知っておきたい「水引き」についてのご紹介をしていきます。

そもそも「水引き」とは、祝儀や不祝儀の贈り物につける飾りのことです。「水引き」にはさまざまな種類があり、地域によっても異なってくることが多いので、贈る前にしっかりと地域色を調べておく必要があります。

通夜や葬儀

まず一つ目にご紹介するのは、「通夜や葬儀」のときの「水引き」についてです。

「通夜や葬儀」の「水引き」は、「双銀」の「結びきり」にすると良いでしょう。しかしながら、「水引き」は地域性があるものなので「お供え」を持って行く地域に合わせるのがベストです。

法事

つづきましては、法事のときの「水引き」についてのご紹介をしていきましょう。

法事のときの「水引き」は、白黒の「結びきり」です。表書きは、「ご霊前」とすると宗教を問わずほとんどの場合に使用することができます。

お盆

つづきましては、お盆の「水引き」についてのご紹介をしていきましょう。

多くの場合は「白黒」ですが、関西地方では「黄白」を使う場合があります。できるだけ持参する地域の風習に合わせた「水引き」を用意するようにしましょう。

3:内のしと外のしの違い

つづきましては、「内のし」と「外のし」の違いについてのご紹介をしていきましょう。

まず、「内のし」とは商品の箱に「のし」をつけて、その上から包装をします。開けなくては「のし」が見えません。

そして「外のし」とは、商品を包装してから「のし」をつけるので、外から見える場所に「のし」があります。

お香典セットはこちら

もしもの不幸のときのために、お香典セットをお持ちでしょうか。「Best of Luckブラックフォーマル葬祭セット メンズ用」は、必要な小物がセットになった便利な商品です。

不幸な知らせが届いてから、慌ててお香典に必要な物を揃えるのは、とても大変です。万が一に備えて、普段からフォーマル用品を少しづつ揃えておきましょう。

お供えものの知っておきたいマナー

ここでは、「お供え」もののマナーについてをご紹介していきます。「お供え」ものにもマナーがあり、「お供え」ものは相応しい物とそうではない物があります。

「お供え」もののマナーを知って、大切な故人や故人のご家族へ失礼のないようにしましょう。「お供え」ものは、故人や故人のご家族への気持ちを詰め込んでお渡しします。

喜ばれるお供え

「お供え」は、故人や故人のご家族に喜ばれる物を選びましょう。「お供え」は基本的に、日持ちがして個包装になっている物が好まれます。

故人のご家族にお年寄りがいたり子どもがいる場合は、事前にどのような「お供え」が好まれるかを調べておくと良いでしょう。

故人が好きだった物を知っている場合は、「お供え」として好きだった物を持って行くと喜ばれます。

避けたほうがよいお供え

「お供え」ものには、避けるべきものがあります。避けるべき「お供え」は、日持ちがしない物や、華美なお菓子や食べ物です。

「お供え」はめでたいイメージのある紅白の物や、ゴールドなどの輝きを纏った包みなど、華美な物は「お供え」には適していません。

ただ、キレイな色使いのお菓子や故人が好きな食べ物の場合は、例外として華美な物でも喜ばれる場合があります。

お供えののしのマナーを知っておこう

お供えののしで知っておきたい3つのこと|お供えのマナー
「お供え」の「のし」については、いかがでしたでしょうか。「お供え」の「のし」は、とても大切です。「お供え」の「のし」のマナーを知っていると、もしもの時に慌てることがありません。

「お供え」の「のし」について詳しく知っていると、ご家族やご友人が困ったときに助かります。「お供え」の「のし」や「お供え」のマナーを知っておいて、忘れないように頭の片隅に置いておきましょう。

Related