Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月28日

仏壇のご飯をお供えする方法|タイミングや盛り方など6つの作法

仏壇にお供えするご飯とは何の意味があるのかと考えたことはありませんか。仏壇の呼び名やどうしてお供えするのか意味をご紹介します。また、仏壇のご飯をお供えする方法や仏壇へのお供えの基本「五供」についてお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

仏壇のご飯をお供えする方法|タイミングや盛り方など6つの作法

仏壇にお供えするご飯とは

仏壇にお供えするご飯とは、生きている人と同じように炊いたふっくらツヤツヤの白米を仏壇用の小さな仏飲器に盛り、仏壇にお供えしては、先祖を敬う食べ物のことを言います。

では、仏壇のお供えするご飯にはどのような呼び名があるのか、どうしてご飯をお供えするのか、その呼び名と理由についてご紹介します。

お供えするご飯に呼び名はあるの?

お供えをするご飯の呼び名は「御仏供」(おぶく)との呼び方があります。この呼び名は地域により違いはありますが、仏さまにお供えをするための食べ物です。

仏さまにお供えものは仏教の世界では飲食と呼びますが、これを「おんじき」と読みます。他にはお鉢(おはち)やお仏飲(おぶっぱん)と呼びます。お供えするご飯の呼び名は地域と宗派により異なりますが、お仏供(おぶく)が語源の元になっているとされています。

どうしてご飯をお供えするの?

仏壇にご飯をお供えする意味は、ご先祖さまに日々の感謝を伝える気持ちを込めています。ご飯を選ぶのは日本人の心であり、感謝の意を伝えるのに適しているからです。

今日の自分が元気に生きられるのも、ご先祖様が見守ってくれていると感謝の気持ちを伝えるためです。

仏壇へご飯をお供えするのは「今日も一日、家族が怪我をせずに過ごせました。見守っていてくれて感謝します」と、ご先祖様へ感謝の意を伝えるためにお供えします。

仏壇のご飯をお供えする方法

ご飯をよそった仏飲器を何気に仏壇にお供えする人も多いですが、できればマナーをもってお供えすることが大事です。ご飯を盛る器はお茶碗でもいいですが、できれば仏壇用の器へ盛り、時間を考えてお供えをすることが多いでしょう。

では、ご先祖様や仏さまに失礼のないようにするには、仏飯の上げ下げのタイミングやお供えしたご飯は食べてもいいのか、お供えするご飯の盛り方など、6つの作法についてお伝えしましょう。

1:仏飯の上げ下げのタイミング

仏飯の上げ下げもタイミングを考えて仏壇へお供えすることでよりご先祖様と仏さまに感謝の気持ちを伝えることができますし、失礼なくご飯を上げ下げできます。

では、どのタイミングに、どのようにご飯を器に盛り、仏壇にお供えすれば強く感謝を込めてご飯を上げれるか、そして失礼なく下げることができるかそれぞれ詳しくご紹介します。

仏壇にご飯をお供えするタイミング

仏壇への仏飯を上げるタイミングは、朝炊いた新鮮でふっくらした美味しいご飲を仏飯用としてお供えすることが大切です。

お釈迦様は戒律により、午後には食事をしてはいけないとの決まりがあるため、ご飯はお昼前までにお供えをすることが決まりとなります。できたてのご飯で、一番先によそったものは湯気が立ち上がります。これが、ご先祖様や仏さまにとってのご馳走となりますから、湯気が立った状態ですぐにお供えをしましょう。

お供えしたご飯を下げるタイミング

お供えしたご飯を下げるタイミングは、湯気が出なくなった時に下げます。昼前までにご飯を下げることが、仏教ではお釈迦様の戒律の関係で決められています。

また、いつまでも湯気の出ないご飯をそのまま仏壇に上げているのは、ご先祖さまにも仏さまにも失礼にあたりますので、お供えをしてから湯気が出なくなったら下げることが大事です。ですが、仕事でお昼前まで下げられない場合は家に帰ってすぐに下げれば問題はありません。

2:仏壇にお供えしたご飯は食べても大丈夫?

お供えしたご飯は冷めてしまいますし、固くなってしまいますが、食べても大丈夫です。家族で少しずつわけて食べるといいですが、衛生的な問題や食べるのを避けたい時は捨ててもなんら問題はありません。

しかし、せっかく食べれるご飯をゴミ箱へ捨ててしまうのは気が引ける場合には、鳥や虫に食べてもらい、ご飯を土に返すといいでしょう。ペットがいれば犬や猫に食べさせるなど、お供えしたご飯を粗末にしないことが大事です。

3:仏壇にお供えするご飯は毎日炊くの?

できればその日に人が食べるために炊き、ご湯気の出た美味しいご飯をお供えし、ご先祖様や仏さまに食べていただくことが大事です。

しかし、ご飯を作り置きする家庭も多いですから無理をせず、炊いた時に1番先に仏壇へとお供えしましょう。毎日、朝早く起きてご飯を炊くのは大変なときは、夜の時間帯に炊く予約をしておき、朝早くに炊くと便利です。

4:仏壇にお供えするご飯の盛り方

ご飯の盛り方は、専用の仏飲器に盛り、お供えをしましょう。浄土真宗では、ご飯の盛り方について決まりごとがありますが、他の宗派ではとくに決まりごとはありませんので、普通にお茶碗に盛るように盛ってみてください。

ですが、本願寺派や大谷派は仏飯の盛り方に決まりがあります。では、この2つの宗派の場合、どのようにご飯を盛ればいいのかご説明いたします。

本願寺派(お西)の仏飯の盛り方

浄土真宗の本願寺派(お西)の仏飯の盛り方は、蓮のつぼみをイメージした盛り方をすることがポイントです。仏飯器にご飯を小高く盛った後、しゃもじの背で蓮の花の形を連想しながら丁寧に整えます。

適量のご飯を盛った後、仏飯器を手で回しながらしゃもじの平で押え、きれいな形にしてみてください。しゃもじを少し水で濡らしてからご飯を押えれば、米粒が付き難いでしょう。

大谷派(お東)の仏飯の盛り方

大谷派の仏飲の盛り方は、円筒形(えんとうけい)という蓮の花のような形にすることがポイントです。盛糖(もっそう)の仏飲器にご飯を盛ります。サイズの色々ある盛糖には仏飯器の大きさのものを選んで盛りましょう。

仏用の器にしゃもじでご飯をうず高く盛り、器を手で回しながらしゃもじの背で押えて、円形の形になるように何度か撫でるように抑えて円筒形にすることがポイントです。

5:仏壇にご飯をお供えするときの器

仏壇にご飯をお供えするときの器は、専用の仏飲器に盛ることが大事です。仏飲器を置く台の仏器台、仏壇膳を使うのは可能となります。器の数は1個でもいいですし、色味は浄土真宗以外の宗派は好きなものを選べますが、仏壇のデザインに合うものを選ぶことがポイントです。

ただ地域やお寺により器の色や素材、紋に関しては決まりがありますので確認しましょう。浄土真宗の本願寺派は黒系を、真宗の大谷派は金色の器を選びます。

6:ご飯をお供えする場所

ご飯を仏壇にお供えする場所は宗派や宗教によって違いがありますが、浄水の隣にご飯をお供えすることになっています。

大きなお仏壇の場合は、お脇掛の前にもご飯をお供えしてから、右側の仏飲の前に、向かって左側にもお水をお供えします。浄土真宗以外の宗派では、仏飯器と茶湯器を仏器膳に置くのが基本ですが、最近のモダン仏壇では、仏飯器を1つ祀る方法が選ばれている傾向が多いです。

知識ゼロからのお参り入門―神棚仏壇のお祀りの仕方

仏壇の祀り方についてよくわからない人も多いのではないでしょうか。そんな仏壇について学びたい人にお勧めの本は、知識ゼロからのお参り入門―神棚・仏壇のお祀りの仕方です。

この本では神仏を敬う仕方について詳しく解説しており、目には見えないご先祖様や仏様をどう敬うのかを学べる本となります。仏壇のお供えの仕方やお祈りの方法、片付け方なども色々と詳しく学べますので、知識ゼロの初心者にもわかりやすいでしょう。

神事や仏事の作法と、その作法が何故あるのかという意味に対して丁寧に解りやすく説明しています。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3R3UETYSVRL... |

仏壇へのお供えの基本「五供」

ご先祖さまや仏さまに日頃の感謝を込めてお供えをする仏壇には、お香り、お花、お灯明、お水、お物飯の5つをお供えするのが基本となります。このお供えものを「五供」(ごくう)と言います。

この5つの基本となるお供え物にはどのような意味が含まれているのか、それぞれ詳しくご説明いたします。

1:お香

お香とは、仏壇に供えるお線香になります。これは、毎日、仏壇にお供えをするのが一般的ですが、どうしてあげるのかといえば、仏様は香りを召し上がるからです。

また、お線香から立ち上がる煙が天に向かって上る様が、この世とあの世とを繋ぐように見えるとの意味があります。

宗派により違うお線香のあげ方は、天台宗と真言宗はお線香を3本立ててお焼香を3回します。日蓮宗と臨済宗はお線香を1本立ててお供えし、お焼香は1回です。

2:お花

お花は仏壇の両脇に1対の花瓶を置き、季節を取り入れたお花やお好みに合わせたお花を朝にお供えします。故人の好きだった香りや形を考えたお花をお供えするといいでしょう。

お供えするのは、亡くなった人はお花の香りを召し上がるためにお供えをする意味があります。花を選ぶときは、棘がある花は避けることです。棘が刺さると赤い血を流すことを連想させるので、仏教では良くないものとされていますから注意が必要です。

3:お灯明

お灯明の意味とは、世の中を全て明るく照らし、お灯明に従えば人生で迷いがなく生きて行くことができる灯りとの意味があります。

このお灯明に火を灯すタイミングは、水やお仏飯を仏壇にお供えした後に上げるのが基本です。お供えした後はお灯明の火を手であおいで消します。

口は不浄に通じるとされていますし、大事なご先祖さまに向かって息を吹きかけるのは失礼になりますので、気をつけましょう。

4:お水

お水(お浄水)は、お供え物の中でも1番大事なものと考えられてきました。透き通る水は穢れなく浄土するとの意味もあるので、決して絶やさないようにお供えします。ただし、浄土真宗だけは水をあげないようにすることがマナーです。

お仏壇に花をお供えするタイミングは、仏壇に向かったときにお供えし、毎回お水を換えることも大事です。お供えする時間は毎朝ご飯をお供えするとき、一緒に水をお供えするといいでしょう。

5:お仏飯

お仏飯にお供えする炊き立てのご飯は家族の食べているものをお供えするのが一般的です。炊き立てのご飯を専用の仏飯器に盛り、お仏壇にお供えします。

お供えするタイミングは、朝が一番相応しいでしょう。仏壇にお供えをするときには「今日も朝から元気にあなたの子孫がご飯を食べれることに感謝します」との気持ちを伝える意味を込めることが大事です。

仏壇のご飯をお供えする方法を知ろう

仏壇にご飯をお供えする方法を知ることが大切です。仏壇のご飯はどうしてお供えするのかの意味を学び、理解することで感謝の気持ちを込めてお供えができます。

仏壇へのご飯をどのようにお供えすれば失礼がなく、ご先祖様や仏さまに感謝の気持ちを伝えられるか方法もわかります。上げる、下げるタイミングもわかり、失礼なくお供えすることができるでしょう。専門サイトや本もチェックして、仏壇にお供えする方法を学んでください。

Related