Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月11日

初七日のご仏前に供える香典の相場4つ|基礎知識4つ

故人が亡くなってから7日後に行われる初七日は参加した経験がある人が少なく、初七日の際に持参する香典の表書きや金額など分からないことが多い人がほとんどです。この記事では初七日のご仏前に供える香典の相場と香典の基礎知識について詳しくみていきます。

初七日のご仏前に供える香典の相場4つ|基礎知識4つ

初七日のご仏前に香典は必要か

初七日のご仏前に供える香典の相場4つ|基礎知識4つ
初七日とは故人が亡くなってから7日目に行われる法要です。最近では遠方から来る故人の親族に配慮して葬儀の際に初七日を繰り上げで行うことも多くなりました。

初七日では法要を行い故人を供養した後に会食の場が用意されるので、初七日の際には会食にかかる費用を考慮した金額を香典として包み、ご仏前に供えましょう。

また初七日を葬儀と同日に行う場合にも葬儀の香典とは別に初七日の香典も用意するのがマナーです。

初七日のご仏前に供える香典の相場4つ

初七日のご仏前に供える香典の相場4つ|基礎知識4つ
初七日のご仏前に備える香典の相場は故人との関係の深さや、初七日が葬儀と同日に行われるのか、別日に行われるのかによって変わってきます。また夫婦で初七日に出席し会食に参加する場合には相応の金額を包む必要があります。

ここからは故人との関係ごとに初七日の際にご仏前に供える香典の相場を詳しくみていきます。初七日の際にご仏前に供える香典に包む金額は、初七日の日を迎える前に確認しておきましょう。

1:実父

初七日のご仏前に供える香典の相場4つ|基礎知識4つ
実父の初七日の際は香典の金額はもちろん、香典を渡すべきなのかどうかも分からないという人が多いです。

ここからは父と同居している場合と別居している場合に分けて初七日の際にご仏前に供える香典の相場について紹介していきます。実父の死は子どもにとって大きな悲しみであり、法要の際に金額にまで頭が回らないことが多いので事前に確認をしておきましょう。

1:同居していた場合

実父と同居をしていた場合、故人と同じ家庭からご仏前に供える香典は出さないのが一般的です。また実母の法要の際に喪主をつとめる場合には香典をご仏前に供える側ではなく、もらう側になります。

しかし実父と同居していたが喪主はつとめないという場合に、実父の法要に香典を出さないことに違和感があるという人もいます。そのような場合は喪主や兄弟と相談をしてご仏前に供える香典を出すかどうかを決めるようにしましょう。

2:別居していた場合

実父と別居していた場合は初七日の際に香典をご仏前に供えるのがマナーです。香典の相場は3万円~5万円となっていますが、社会人になって間もない人は1万円、40~50代の子どもの場合は5万円以上の金額を包むこともあります。

初七日法要の際にご仏前に供える香典の金額は葬儀と同日に行われる初七日でも別日に行われる初七日でも大きな差はありません。

2:実母

初七日のご仏前に供える香典の相場4つ|基礎知識4つ
実母の初七日の際も実父の法要のときと同様、香典はどうしたらいいのか分からず困ってしまう人が多いです。

ここからは母と同居している場合と別居している場合に分けて初七日の際にご仏前に供える香典の相場について紹介していきます。自分を育ててくれた母を供養する際のマナーを知っておきましょう。

1:同居していた場合

実母と同居をしていた場合、実父の場合と同様に故人と同じ家庭からご仏前に供える香典は出さないのが一般的です。

しかし同居の実母の法要であっても供養の際は子どもとしてご仏前に供える香典を出したいという人もいます。そのような場合は自分だけで判断せず喪主や兄弟と相談をしてご仏前に供える香典を出すかどうかを決めるようにしましょう。

2:別居していた場合

実母と別居していた場合は初七日の際に香典をご仏前に供えるのがマナーです。香典の相場は実父の場合と同じく3万円~5万円くらいが一般的です。

実母の場合も初七日の際にご仏前に供える香典の金額は葬儀と同日に行われる初七日でも別日に行われる初七日でも大きな差はありません。

3:義父

初七日のご仏前に供える香典の相場4つ|基礎知識4つ
義父の初七日の際にご仏前に供える香典は、実父の時よりも金額が低いと考える人がいますが、義父も実父も大切な家族であることに変わりはなく金額に差をつけるのはマナー違反です。

ここからは義父の初七日の際にご仏前に供える香典の金額を、同居していた場合と別居していた場合に分けて紹介していきます。

1:同居していた場合

同居していた実父の初七日ではご仏前に供える香典は出さないのが一般的でしたが、義父と同居をしていた場合は自分が喪主でなければご仏前に供える香典を準備しましょう。

ご仏前に供える香典の金額は義父と実父で差をつけないのがマナーなので、義父の場合も3万円~5万円がご仏前に供える香典の金額の相場になっています。

2:別居していた場合

義父と別居していた場合、初七日の際に香典をご仏前に供えるのがマナーです。ご仏前に供える香典の相場は同居していた場合と変わらず3~5万円になっています。

しかし別居していて喪主や同居している親族に負担をかけたという思いがある人は、同居していた場合よりも高い金額を包む場合もあります。

4:義母

初七日のご仏前に供える香典の相場4つ|基礎知識4つ
義母の初七日の際にご仏前に供える香典は、実母の時よりも金額が低いと考える人がいますが、義父の場合と同様に金額に差をつけるのはマナー違反です。義母も大切な家族の1人であるということを忘れないようにしましょう。

ここからは義母の初七日の際にご仏前に供える香典の金額を、同居していた場合と別居していた場合に分けて紹介していきます。

1:同居していた場合

同居していた実母の初七日ではご仏前に供える香典は出さないのが一般的でしたが、義母と同居をしていた場合は自分が喪主でなければご仏前に供える香典を準備しましょう。ご仏前に供える香典の金額は義父の場合と同様に、3万円~5万円が相場になっています。

2:別居していた場合

義母と別居していた場合、初七日の際に香典をご仏前に供えるのがマナーです。ご仏前に供える香典の相場は同居していた場合と変わらず3~5万円になっています。

しかし別居している義父の場合と同様に、喪主や同居している親族に負担をかけたという思いがある人は、同居していた場合よりも高い金額を包む場合もあります。

親が亡くなった時に必要な知識を得たい人におすすめ

葬儀や法要の際のマナーや香典の金額についての知識を持っている人は多いですが、自分の親が亡くなったときに必要になる手続きについての知識がある人は少ないです。

親が亡くなったときに必要になる手続きについて知りたい人におすすめなのが、「大切な身内が亡くなったあとの手続きの本」です。

この本では親が亡くなった後に期限を守りながらやらなければいけない手続きについてイラストや図を用いて分かりやすく書かれています。

かなり分かりやすく解説されています。図や表など見やすくオススメです。
「○ヶ月・○年以内に手続きしたいもの」や「手続きの順序が矢印で追って説明されている」など知識がなくとも時系列に沿って理解できる工夫がされており良いですね。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1A8ZSZ7ZVZD... |

初七日の香典にかかる基礎知識4つ

初七日の際にご仏前に供える香典を準備するとき、のし袋の書き方やふくさの選び方に自信がない人は多いのではないでしょうか。ここからは初七日の香典にかかる基礎知識について詳しくみていきます。

1:のし袋の書き方

のし袋には薄墨で文字を書くのがマナーです。初七日の香典は水引の上部に浄土真宗以外の仏教では「御霊前」、浄土真宗では「御仏前」と書き、水引の下部に名前をフルネームで書きます。

2:水引の選び方

初七日の際に持っていく香典の水引は黒白、または双銀の結び切りにしましょう。結び切りは二度と繰り返して欲しくない行事の際に使われます。

水引が印刷されているのし袋もありますが、初七日はより身近な相手の法要なので水引が実際に付いているものを選びましょう。

3:ふくさの選び方

初七日のご仏前に供える香典の相場4つ|基礎知識4つ
ふくさには弔事用のものと慶事用のものがあり、初七日の際に慶事用のふくさに香典を入れていくのはマナー違反です。香典は紫や紺などの弔事用のふくさに包み持参するようにしましょう。

4:香典の渡し方

香典を渡す時には香典をふくさから取り出し、お悔やみの言葉述べてから香典を渡す相手側に向けて手渡すのがマナーです。香典を渡す相手に故人の死を悔やむ気持ちが伝わるようにすることが大切です。

初七日のご仏前について正しく理解しよう

今回は初七日のご仏前に供える香典の相場と初七日の香典の基礎知識について詳しくみてきました。初七日の法要は通夜や告別式よりも参加する頻度が少なく、分からないことが多い人がほとんどです。

初七日のご仏前について正しく理解して、初七日の当日には焦ることなく故人の供養に集中できるようにしておきましょう。

Related