Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月27日

ペット供養の方法の種類10個|ペット供養のグッズ3つ

ペットと暮らしていると、別れがいつか訪れるということを考えたくないものですが、確実に訪れる別れの日のために、ペット供養のことについてあらかじめ知っておくことは決して無駄にはなりません。後になって後悔しないためにペット供養の方法を考えておくようにしましょう。

ペット供養の方法の種類10個|ペット供養のグッズ3つ
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

ペット供養の準備が万全であれば後で後悔はしない

ペットと一緒に暮らすのは心が癒されて楽しいですが、必ず別れの日が訪れます。別れの日はいつ訪れるか予想ができません。

突然訪れる別れの日に後悔しないように、ペットの飼い主はペット供養の準備をあらかじめしておく必要があります。

いざ別れの日が訪れても、一緒に家族として暮らしてきたペットを忘れないで供養をし続けてあげるために、どういうペット供養の方法があるのかを知っておくようにしましょう。

ペット供養の方法の種類10個

ペットの供養の方法については、決まりやしきたりというものがなく、飼い主の考え方でいろいろな方法があります。

ペット霊園でお盆などに合同供養が行われることも珍しくなくなりましたが、どういうペット供養の方法があるのか、主なものをご紹介させていただきます。

1:ペット霊園を利用する

最近ではペットが亡くなった時にはペット霊園で火葬をしてもらうのが一般的になっています。その後の遺骨をどうするかについては飼い主のペット供養についての考え方によっていろいろな方法があります。

ペット霊園にはペットの合同納骨堂がある場合が多いので、そこに納骨して供養するという方法が多くなっています。提携している霊園でペット用の供養塔を設けている場合もあります。

2:ペット納骨堂を利用する

ペット霊園には、遺骨を個別に納骨しておくことができる室内納骨堂を備えていることが多く、利用料を支払って利用します。

ロッカー型の納骨堂では遺骨の他に、ペットが好きだったおもちゃやおやつを供えたり、写真を飾っておいたりすることができます。

納骨堂には仏像が飾られ、線香やろうそく、数珠などが備えられていることもあり、そこに眠るすべてのペットを供養することができます。

3:自宅に置いておく

ペットの遺骨を納骨堂に納めないで、自宅に引き取って供養するという方法もあります。自宅での遺骨の置き方は、ペット用の仏壇に納める方法と、仏具を利用しないで花や写真とともに自分なりに飾り付けて置いておく方法とがあります。

自宅に置く期間は、ずっと無期限で置いておく他にも、四十九日や一周忌までなど期間限定で置いておく方法や、分骨して一部だけを自宅に置いておく方法もあります。

4:合同慰霊祭に参加する

ペット霊園では、そこで火葬をしたペットのために、お盆やお彼岸など決まった時期にペット供養のための合同慰霊祭を開催していることが多いです。

遺骨を家に置いている飼い主もペットロスからなかなか回復できない飼い主も、ペット供養祭に参加することで心が癒されることがあります。

5:ペット用の仏壇を用意する

可愛がっていたペットを自宅で供養する時は、ペット用の仏壇があると、いつでもペットのことを思い出しながら供養をすることができます。

ペット用の仏壇は大きさもいろいろで、多頭飼いの飼い主のために複数の遺骨を納められるタイプのものもあります。写真などのメモリアルグッズを飾っておくタイプのものもあります。

ペット供養のためのペット用仏壇は遺骨を家に置いていない場合も利用することができ、価格もまちまちです。

6:遺骨でアクセサリーを作って身に着けておく

ペット供養の方法の一つに、ペットの遺骨や遺毛でアクセサリーを作り身に着けておくという方法もあります。

アクセサリーにはいろいろなタイプがあり、カプセルに遺骨や遺毛を入れてペンダントやブレスレット、キーホルダーにするタイプや、見た目には普通のジュエリーと同じように見えるロケットペンダントなどがあります。

ペットがいつもそばにいることでペット供養になると同時に、飼い主の心も癒されます。

7:ペットの個別の墓を作る

ペット供養のためにペットの個別のお墓を作る方法には、霊園にお墓を作る方法と、自宅の庭などにお墓を作る方法とがあります。

全国の霊園には、その一角をペット供養のためのスペースにしているところもありますが、合同供養塔のことが多く、個別に作れるところがあっても費用が高いという問題があります。

ペット用の墓石を購入して自宅の庭にお墓を作ると、それほど費用はかかりません。屋内用の墓石が買えるショップもあります。

8:樹木葬

樹木葬とは墓石の代わりに樹木を墓標とするお墓で供養する方法です。土の中に遺骨を埋めるので、自然に還ることができる方法です。

樹木葬をするには、樹木葬ができるペット霊園を探すか、自宅の庭に埋めるかのどちらかになります。

費用がかからないのは自宅での樹木葬で、自宅の花壇やプランターに遺骨を撒き、その土で植物を育てて、咲かせた花を見てペット供養をします。

遺骨を自宅に撒く時は、粉状になるまで細かくする必要があります。

9:山林葬

山林葬とは、山林に散骨して自然に還す供養方法です。パウダー状にした遺骨を山まで持って行き、そのまま散布します。

ペットの葬儀業者で山林葬を受け付けているところもありますので、個人で行うことが困難であれば、業者を探してみましょう。

10:海洋葬

海洋葬とは海で散骨をすることも自然に還る供養方法で、人間でも海での散骨を行うことが多くなってきています。

海洋葬の散骨方法は船で海に出て行うという方法が一般的ですが、ペットの葬儀業者が行っていることもありますので、希望する場合は扱っている業者を探してみてもいいでしょう。

ペットの海洋葬は特に制限などはありませんので、個人でペットの遺骨を海へ持って行って撒くことは自由に行うことができます。

ペット供養のためのお線香

ペット供養のためにはペット用のお線香を用意してあげましょう。一本ずつペットにありがとうの気持ちをこめてお供えできるお線香です。

四季に合わせた12色の花が描かれていますので、毎月1本ずつあげることができます。ペットをなくして悲しんでいる方へのギフトとしてもおすすめのお線香です。

ペット供養のグッズ3つ

ペット供養をするためには、ペット専用の仏具やメモリアルグッズが必要です。手作りのものでも良いのですが、ネットショップにはペット供養のためのグッズがいろいろと販売されています。

しかしいざとなったら、どのようなグッズを用意すれば良いのかわからないことが多いでしょう。そこで、ペット供養のグッズにはどのようなものがあるのかを3点ご紹介しますので、ペット供養の準備の参考にしてみてください。

1:ドリームキャッチペット仏壇

小ぶりのペット用仏壇をリビングなどペットがよくいた場所に置いておくと、いつでもペットのことを忘れずにいられます。

この商品はペット用の小ぶりの仏壇です。仏壇の中には小さめの骨壺や写真、仏具などを納めておくこともできますので、遺骨を自宅に持ち帰った場合でも、ずっと供養をしていくことができます。

木のぬくもりが感じられ、扉の足型が可愛い仏壇です。家のどこに置いてもマッチします。

しっかりとした造りになってます。
木の温もりと木の良い香りです。
大きさを例えるなら、昭和時代にあった木の牛乳ポスト程の大きさです。
質問にもあった3寸の骨壺もちゃんと入りました。心温まるメッセージも嬉しかったです。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%8... |

2:ペット用骨壺 覆袋付き(犬・猫デザイン)

ペットを火葬してペット霊園の個別納骨堂や自宅に引き取って供養する場合に必要なものがペット用骨壺です。

ペット霊園で購入することが多いですが、ネット通販でも購入することができ、通販のほうが費用が抑えられることが多いです。

骨壺はペットの大きさによって違いますので、注文する時にはサイズに気をつけるようにしましょう。覆袋の柄は好きなものを選ぶことができます。袋には名前を書きこむことができます。

こちらで位牌も頼み、とても親切丁寧な対応
気遣いもあり今回は骨壷も購入しました。
気持ちも付けて頂きこちらも有難く使わせて頂きます。
品物もとても良く亡くなった子も喜んでくれていると思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E6%89%8B%E5%85%83%E4%BE%9B%E9%A... |

3:ペット位牌 クリスタル位牌 サークル型

ペット供養のための位牌は、ペットの写真を付けたおしゃれで可愛いものがおすすめです。ペット用の仏壇に納めるだけでなく、どこに置いてもインテリアにマッチして、いつもペットが見守っていてくれる気分になります。

どのカラーの位牌にするかを決めてペットの画像と名前、生年月日と没日とメッセージを送りレイアウトを確認したら、後は完成を待ちます。とても素敵なインテリアグッズとしても重宝することでしょう。

とても親切な対応でした。わがままもたくさん聞いて頂き、メールのやりとりから本当に親切に、一生懸命お造り頂けたのがわかります。届いたものもとても綺麗でした。感謝しています。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%88%E4%B... |

ペット供養の方法を把握しておきましょう

いつ訪れるかわからないペットとの別れの日のために、後になって後悔しないようにペット供養のことについて知っておくことは、決して無駄にはなりません。ペットが元気な時には別れのことは考えたくないものですが、別れの日は確実に訪れます。

ペット供養にはいろいろな方法があり、費用も供養方法によってまちまちですが、それぞれの家庭の事情に合わせて無理のない供養方法を選ぶようにしましょう。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

Related