Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月26日

「送骨」は今の時代に定着する新しい供養|ポイント6つ

納骨の方法はさまざまありますが、最近では送骨する利用者が増えています。しかし、送骨することに対する知識がない場合が多く、トラブルに発展することも珍しくありません。ここでは、送骨することについて詳しく紹介しているため、参考にしてください。

「送骨」は今の時代に定着する新しい供養|ポイント6つ
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

供養の仕方

供養の仕方はさまざまあり、時代と共に方法も異なってきます。供養の仕方は遺族の方が自由に選ぶことができます。最近では、送骨の供養の方法が行われる場合が増えている傾向があります。

供養をすることは故人のためになる必要があり、供養の仕方によって手続きやマナーがあるため、事前に確認しておくことをおすすめします。次に、供養の仕方を紹介するので、供養の仕方が決まっていない人は参考にしてください。

預骨

預骨とは、供養が完了するまでに行うことを示しています。文字通り遺骨を預かってもらうことであり、永久的に預けるものではなく、一時的に預ける場合が多いです。利用する主な理由は、故人のためにどのような供養をするか決めかねている時に一時的に利用することが多いです。

どのようなお墓を立てるかや散骨にするかなどしっかり考える時間が必要な時に預骨を利用することで、焦らず決めることができます。

迎骨

迎骨とは、遺骨を引き取りに来てくれることで、さまざまなお寺が行っているサービスです。迎骨は、お寺の人や職員が自宅にある遺骨を引き取りに来て、合同墓に埋葬してくれることです。そのため、お墓などを立てる必要がなく、手続きも簡単なため利用者が増えてきています。

迎骨を行う場合は埋葬してもらう金額とは別に、交通費を支払うことで埋葬してくれます。お墓を立てるよりはるかに安く供養することができます。

送骨

送骨とは、上記とは違い遺族の方が遺骨を郵送することです。迎骨の場合は、交通費を支払う必要がありますが、送骨の場合は送料だけ支払えば埋葬してくれるため、より安く供養することができます。

また、郵送するだけで後は任せるだけで埋葬してくれるため、遺族の方の負担を軽減できます。供養を簡略化したい人や高齢者の方におすすめの供養の仕方でもあります。

送骨のメリット

送骨を行うことはさまざまなメリットがあるため、最近利用者が多い供養の仕方でもあります。送骨を行うことの最大のメリットは、遺骨を郵送するだけで埋葬してくれることです。そのため、お墓が遠方にある方や高齢者で外出することが困難な場合におすすめの供養の仕方です。

手続きも簡単なため、供養の仕方や納骨の仕方が分からない人に利用されることが多く、お墓を所持していない人にもお勧めです。

安価に抑えられる

送骨することで、納骨する際の費用を大幅に削減することができます。お墓がない場合は、墓地の土地を購入し、墓石を選び、住職に納骨してもらう必要があります。これら全てにお金が必要になり、墓地代の値段にもよりますが、100万円程度が必要になる場合が多いです。

しかし、送骨をする場合は、納骨してもらう費用と配送料を支払うだけで納骨することができ、費用を削減することができます。

送骨を行う6つのポイント

送骨を行う際にはさまざまなポイントを把握しておくことをおすすめします。送骨する利用者は増えている傾向がありますが、まだまだ送骨について知らない人も多くいるのではないでしょうか。そのため、送骨を行う方法を詳しく把握していない人も多いです。

次に、送骨を行うための6つのポイントを紹介しているので、送骨を行おうと考えている人や納骨方法を決めかねている人は参考にしてください。

1:必要書類がある

送骨を行う場合はさまざまな手続きをする必要があります。そのため、必要な書類も多くあり、慣れていないと悪戦苦闘してしまう場合があります。必要書類には持参する書類があったり、記入する必要がある書類などさまざまあるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

必要書類が整わないと送骨することができないため、物事が前に進みません。必要書類は、火葬証明書と埋葬承諾証が必要になります。

2:ゆうパックのみ

配送するサービスはさまざまな方法や企業を選ぶことができますが、送骨を行う場合はゆうパックのみ利用することができます。そのため、送骨を行う場合はゆうパック以外を利用しないようにしましょう。

骨壷を郵送するときは、蓋の部分をしっかりガムテープなどで外れないようにして、緩衝材と共にダンボールに詰めましょう。骨壷は衝撃を与えると割れてしまう可能性もあるため、割れ物注意のシールも貼るようにしましょう。

3:合葬になる

送骨をするとほとんどの場合は合葬になります。そのため、一度埋葬すると二度と遺骨を出すことができなくなります。送骨を行う際に今後遺骨を見たり、取りだすことがないことを確認することが大切です。

合葬することで手間を削減することができ、費用を大幅に削減することができますが、場合によってはデメリットになることもあります。

4:送骨する先を選択する

送骨を運営している企業はさまざまあり、お寺が単独で行っている場合もありますが、NPO法人が送骨先を紹介してくれる場合もあります。送骨する場所をまず決めないと送骨をすることができません。送骨するお寺によって値段も変わってくるため、用途に合わせて選ぶことをおすすめします。

送骨を運営している公式サイトなどに訪れることで、送骨先をリストで確認することができ、自身に合った送骨先を見つけることが可能です。

5:遺骨キットを送ってもらう

上記では遺骨を配送する方法はゆうパックしか利用できないと紹介しましたが、ゆうパックでも正しい梱包を行っていないとトラブルの原因にもなります。遺骨キットを送ってもらうことで、安全に遺骨をお寺まで郵送することができます。

遺骨キットにはしっかりしたダンボールと緩衝材が付いているため、安心することができますが、別途で料金が必要になる場合が多いです。

6:しっかり梱包する

上記で紹介した遺骨キットを使用すれば安全にお寺まで遺骨を郵送することができますが、正しい梱包の方法を行わないと本来の効果を得ることができません。遺骨キットには説明書が付いている場合が多く、説明書通りに梱包するように心がけましょう。

7:納骨方法を選ぶ

送骨をすることを決めると同時に納骨方法も決める必要があります。納骨方法にはさまざまな方法があり、納骨堂に納骨する場合が多いですが、最近では海洋散骨や樹木葬の利用者も増えてきています。納骨する方法は故人の遺言がない場合は遺族が好きなように選ぶことができます。

おすすめの送骨キット

上記でも紹介したように送骨を行う際に必要となる遺骨キットにもさまざまなタイプが販売されています。一般的な遺骨キットは、茶色のダンボールが使われることが多いですが、白色のダンボールの方が高級感を漂わすことができます。

白色のダンボールで高級感がだせるためおすすめです。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E3%81%93%E3%81%A4%E4%B... |

送骨のデメリット

送骨をすることにさまざまなメリットがありますが、同時にデメリットも存在するため、利用する前にしっかり確認を取ることをおすすめします。メリットばかりに目が行ってしまうと場合によっては取り返しのつかない状況になる場合もあります。

次に、送骨のデメリットを紹介するため、後悔しないためにも必ず把握しておくことをおすすめします。

ご遺骨の取り出しが出来なくなる

送骨をすると上記でも紹介したように遺骨を取りだすことができなくなります。遺骨を取りだすことは滅多にないことですが、何かの理由で遺骨が必要になってもどうすることもできません。

遺骨には故人のさまざまなデータが入っているため、不自然な亡くなり方をした場合は、後日調べる可能性が出ることもあります。そのため、不可解な亡くなり方をした場合は送骨することはあまりおすすめできません。

配達時の紛失が起こる可能性がある

滅多にあることではありませんが、配達時に紛失してしまう可能性もあります。紛失してしまうと最悪の場合見つからないこともあります。そのような状況になってしまうと、遺骨を納骨することができないまま、八方ふさがりの状態になります。

移り変わる供養の形

以前までの供養の形は決まっていることが多かったですが、最近ではさまざまな形での供養を行うことができ、現在では選択肢も増えています。そのため、どのような供養の仕方が実際に行われているのかを把握することをおすすめします。

供養の形によって遺族にメリットになることもあるため、多くの供養の形を把握しましょう。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

Related