Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月26日

遺髪を収めるアクセサリー10選|遺髪を保存する方法

大切な人を亡くしてしまった後「いつまでもその人と一緒にいたい」という方におすすめしたいのが、遺髪をアクセサリーの収めて身に着けるということです。この記事では、遺髪を納めるアクセサリー10選に加えて遺髪の保存方法についてもご紹介しています。

遺髪を収めるアクセサリー10選|遺髪を保存する方法
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

遺髪とは

「大切な家族を亡くして悲しくてしかたがない」「亡くなった後も故人を身近に感じていたい」という方も多いことでしょう。

そんな方におすすめなのが、火葬前に故人の遺髪をいただいてそれを手元供養する、あるいは形見として肌身離さず持ち歩くという方法です。

ここではまず、遺髪の基本情報についてチェックしていきましょう。

遺骨の代わり

遺髪は遺骨の代わりとなるものです。古来より遺骨の代わりに形見として遺髪をいただくという風習は各地でみられるものであり、今日の日本においても供養のために、あるいは形見として手元に残しておく遺族の方も少なくありません。

とりわけ、「遺骨を持ち歩くのははばかられるけれども、遺髪ならばいつでも肌身離さず持ち歩ける」と考える遺族の方も多いです。

遺髪を収めるアクセサリー10選

遺髪は、遺族の方にとっては亡くなった大切な家族のことをいつでも身近に感じることのできる大切なものです。遺髪を肌身離さずに持ち歩きたいという場合には、専用のアクセサリーの中に収める必要があります。

それでは、どのようなアクセサリーを選んで購入すればよいのでしょうか。ここからは、遺髪を納めるおすすめのアクセサリーを10個ピックアップしてご紹介していきますので、ぜひ参考になさってみてください。

1:メモリアルペンダント (小)

遺髪を納めるおすすめのアクセサリーとしてまず挙げられるのが、「メモリアルペンダント(小)」です。

長さ約2.4センチ、直径1センチのコンパクトなメモリアルペンダントですので、服の下につけても目立つことがなく、会社にお勤めの方でも安心してお使いいただける一品です。

完全防水ではありませんが日常生活では問題のない防水機能があり、またお守り袋がセットでついてくるところも嬉しいポイントとして挙げられます。

ステンレス製ではなく、アルミ製かなと思います。
商品と同梱で丁寧なメッセージ付き…心が伝わります。
とても良い買い物をしたと思っています。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R32K7T1RA7NN... |

2:HOUSWEETY リングデザイン

「HOUSEWEETY リングデザイン」も、遺髪を納めるのにおすすめしたいアクセサリーの一つとして挙げられるでしょう。

シンプルなシルバー、刻印入りの華やかなローズピンク、シンプルなローズピンクの3種類のデザインの中から選べるタイプのメモリアルペンダントで、筒状になっているので遺髪を入れるのにちょうどいいと言えるでしょう。

本体には防水ゴムも施されているので、安心して使うことができます。

お値段の割に、かっこよかったです。
もっと小さいかと思いましたが、なかなかの大きさでした。
チェーンも長めなので、しっかりとTシャツの中に隠れます。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2QNMS0SBFBC... |

3:(TUISKU) メモリアル ペンダント

遺髪を納めるのにおすすめしたいアクセサリーの一つとして、「TUISUKU メモリアルペンダント」も挙げられます。

ゴールド・シルバー・ブルー・レッドとカラーバリエーションが豊富なメモリアルペンダントで、ステンレス製でありゴム製のキャップとねじ式のリングでしっかりと密封することができるので、大切な遺髪を適切に保存することができます。

子供の遺髪を入れることにしました。
生後わずか1ヶ月半で虹の橋を渡ってしまいました。
でも、思い出は私が持ち続ける限り、永遠です。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1H7U2UEGFAQ... |

4:Strength メモリアルペンダント

「Strength メモリアルペンダント」も、遺髪を納めるのにおすすめしたいペンダントの一つとして挙げられるでしょう。

大容量のメモリアルペンダントですので、「遺髪を多めに入れて保管したい」という方にピッタリです。

大きめのサイズではありますがアルミ合金製ですのでとても軽量で、ずっと首にかけていても違和感が全くないところもおすすめのポイントとして挙げられます。

父が亡くなり、母が遺骨と歯を入れて持っていたいというのでプレゼントしました。
少し大きめを探していたので、こちらの商品はちょうど良かったです。母も早速、首からかけて身につけてくれています。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1G4ADKK4NGV... |

5:Cat Hand ステンレス メモリアル ペンダント

遺髪を納めるのにおすすめしたいアクセサリーの一つとして、「Cat Hand ステンレス メモリアル ペンダント」も挙げられます。

シックでクールなレザーチョーカーが特徴的なメモリアルペンダントで、特に男性におすすめしたいデザインだと言えるでしょう。

専用のお手入れクロスに加えて高級感のあるベロア調ポーチまでセットでついてくるところもお得です。

商品は高級感もあり、とても満足のいくものでした。
ネジも弱くなく、安心です。(念のため接着剤で固めました。)

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3KDZ4O7KAK2... |

6:HOUSWEETY 真珠 カプセル

「HOUSWETTY 真珠カプセルメモリアルペンダント」も、遺髪を納めるのにちょうどいいおすすめのアクセサリーの一つとして挙げられます。

シンプルなデザインのボトルとチェーンに、上品な真珠がついたデザインが魅力的なメモリアルペンダントです。

ボトルはステンレス製ですので安心して長く使うことができますし、チェーンは合金製ですので軽量なところもおすすめのポイントです。

祖母のお骨をそっと入れています。とても可愛くて、でも作りはしっかりしていて、気に入っています。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2JBLELT6GID... |

7:HOUSWEETY ハート型 メモリアル ペンダント

遺髪を納めるのにおすすめしたいアクセサリーの一つとして、「HOUSWEETY ハート型 メモリアル ペンダント」も挙げられるでしょう。

おしゃれなハート形のメモリアルペンダントで、さまざまな種類の刻印の中から自分のお気に入りのものを選ぶことができます。

また、裏面には自分の望む文字を15字以内で刻印することもできるので、オリジナルなメモリアルペンダントをお望みの方にピッタリです。

亡くなった人といつも一緒にいられます
凄く素敵です
刻印も素敵です

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3PJN0J1PAOI... |

8:HooAMI メモリアルペンダント

「HooAMI メモリアルペンダント」も、遺髪を入れるのにピッタリなおすすめのアクセサリーの一つとして挙げられるでしょう。

シルバー・ブラック・刻印入りシルバーの3種類のデザインがあり、また上品で美しいラインストーンがさりげなくあしらわれているところも魅力的です。

立方型ですので、遺髪を入れやすいというメリットもあります。

愛犬の遺骨、爪、毛、などを入れてます。
結構狭いので入れにくいですがしっかりしていて満足しています。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R10193010RUY... |

9:Vnox ペンダントトップ

遺髪を入れるのにおすすめしたいアクセサリーの一つとして、「Vnox ペンダントトップ」も挙げられます。

おしゃれなデザインが特徴的なメモリアルペンダントで、ステンレス製なので錆や変色の心配もなく、また金属製品が苦手な方でも安心して使うことができます。

これに遺髪を入れて首からさげることで、いつでも大切な人を身近に感じることができるでしょう。

10:Lovoski 防水 メモリアルペンダント

「Lovoski 防水 メモリアルペンダント」も、遺髪をいれるのにおすすめしたいアクセアリーの一つとして挙げられるでしょう。

ワンコインで買えるお手頃価格のメモリアルペンダントですが、しっかりとした防水機能があり、またシンプルでユニセックスなデザインですので、どの性別や年代を問わずお使いいただくことができます。

大切な人を亡くされた方におすすめの本

「遺髪をアクセアリーに収めて肌身離さず持ち歩いても悲しみが癒えない」とお悩みの方におすすめしたい本として、「対象喪失の乗りこえ方」をご紹介します。

愛する人を失った心の悲しみや苦しみの取り除き方・癒し方を学ぶことができます。

二度と会えない大切な家族や友人を亡くしてしまった時、誰しも悲しみにくれるものですが、時間が経っても一向に日常生活を送れないほど落ち込んでしまっている方にこそ読んでほしい一冊です。

人生を見つめ直す良いきっかけとなりました。

過去にとらわれ、どうしたら良いかわからなくなっている方にオススメしたい一冊です。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R36RYJRHFEBX... |

遺髪を保存する方法

以上では、遺髪を収めるのにおすすめのアクセサリーについてご紹介してきました。ここからは、遺髪を保存するための方法についてチェックしていきましょう。

大切な故人の形見である遺髪をいつまでも綺麗な状態に保つことができるように、ぜひ以下で取り上げる方法を確認してみてください。

紫外線を避ける

遺髪を保存するための方法としてまず挙げられるのが、紫外線を避けるということです。

紫外線を当てると遺髪が変色したりもろくなってしまいますので、普段は直射日光の当たらないところに保管しておく必要があります。

このような理由から、万が一遺髪を濡らしてしまった場合は日の光で乾かすのではなく、ドライヤーの低音状態で乾かしましょう。

湿気を避ける

湿気を避けるということも、遺髪を保存するために知っておきたいポイントの一つです。

湿気があると遺髪にカビがついてしまったり、悪臭を放つ原因になってしまいかねませんので、直射日光だけではなく高温多湿の場所を避けて保管する必要があります。

遺髪を保存していつでも近くに

今回は遺髪の保存方法や遺髪を収めるのにおすすめのアクセサリーなどについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

遺髪を大切に保存していつも近くに置いておくことで、大切な人のことを常に身近に感じることができるはずです。

故人に見守ってもらいたい大切なイベントがある時には、メモリアルペンダントに遺髪をいれて持ち歩くとよいでしょう。

Related