Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月24日

ペットの種類で異なる埋葬方法7つ|ペット土葬に必要なもの

ペットに強い愛情を持っている人はとても多く、亡くなるといつまでも自分の近くにいて欲しいと考え、自宅の庭などに埋葬する場合があります。しかし自分の土地でもペットを自宅埋葬するには決まり事があるので、どのような方法で埋葬すればいいのか紹介しましょう。

ペットの種類で異なる埋葬方法7つ|ペット土葬に必要なもの
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

ペットは自分で埋葬してもいい?

現在はペットを飼っている人が多く、長く一緒にいると家族のような感情を抱くでしょう。しかし残念なことにペットは人間より寿命が短く、いつまでも一緒にいられることはありません。

ペットへの愛情が強くなれば、死亡しても自分の近くにいて欲しいと考え、庭があればそこに埋葬したいという希望を持ってしまいます。

ペットでも犬自治体に届け出が必要な場合があり、自分勝手に自宅の庭などに埋設してもいいのでしょうか。

ペットの埋葬についての法律

日本の法律はペットに冷たいと言われていて、生前であればペットは法律的には器物になり、死後は産業廃棄物となってしまうので、ペットの埋葬は産業廃棄物処理法が該当する法律になります。

そのためペットの埋葬方法は産業廃棄物をどのように処分すればいいのか考えればよく、自分の敷地以外で埋設すると不法投棄になってしまいます。動物をゴミと同じ扱いにするので不満な人もいますが、現実は厳しいです。

ペットの埋葬方法の種類7つ

ペットは多くの人が飼っていて、死後についても真剣に考えて対応する人の増加で、ペットの葬儀もいろいろなやり方が行われるようになりました。ペット強い愛情を持っていた人は丁重に埋葬してあげたいと考えますが、どのような方法を行うのがいいのか悩むところです。

ペットを埋葬する方法で法律に抵触せず、周囲の人に迷惑をかけないで自分も納得できる方法には、どのようなものがあるのでしょうか。

1:合同埋葬

ペットの合同埋葬とは複数のペットを一つのお墓に埋葬する方法であり、私有地を所持していない人や、埋葬した後でも法要をしてもらえることを希望する人などが利用しています。

ペットが亡くなると産業廃棄物として処理されますが、そのやり方には抵抗がある飼い主は多くいます。個別に埋葬するとペットであっても費用がかかるため、費用を抑えるには効果的で、費用には火葬と埋葬がセットになっているのが一般的です。

ペットの種類

ペットの共同埋葬は複数のペットを同じ墓地に埋葬するため、その種類は施設によって決められていて、多くの人がペットと認識している動物はほとんど受け付けてくれますが、犬でも大型犬になると相談が必要な場合もあります。

共同埋葬は火葬して遺骨を埋葬するのが原則であり、容積は小さくできますがあまりに大きいペットであれば遺骨の一部しか埋葬できなかったり、受け付けてくれないこともあるでしょう。

2:納骨堂

納骨堂とは火葬した後の遺骨だけを安置するもので、個別に安置する場合と複数のペットが共同で一つの納骨堂に安置する場合があります。

墓地は人間と同じように土地がなく数に限りがあり、都会のようにペットが多くいるのに空いている土地が少ない状況では、ビルの建物内でも設置できる納骨堂の方が設置しやすくなっています。

費用は数千円から何十万円と幅があり、よく考えてから選択するようにして下さい。

ペットの種類

納骨堂の場合、施設によってはペットの種類を限定しているところもありますが、基本的には自分が契約した納骨堂のスペースに骨壷が入れば、ペットの種類は問わないのが一般的です。

ただし他の人と共同で使う納骨堂は制限が厳しくなっているため、事前に自分が埋葬したいペットが該当するのか調べていた方がいいでしょう。納骨堂の料金システムは運営者によって異なるため、利用する場合はしっかりと検討することが大切です。

3:ペット霊園

ペット霊園とはペットのための専用の墓地であり、ペットの飼い主であればペット霊園での埋葬を希望する場合が多いのですが、費用が高いことと地域によっては空きが無いため、簡単には選択できないでしょう。

ペットであってもきちんとしたお墓に祀りたいという飼い主はペット霊園を希望することが多く、ペットであっても人間のお墓と遜色がない墓地なので、満足度はとても高いと言えるでしょう。

ペットの種類

ペット霊園はほとんどが火葬して骨壷を納めることになりますが、容量が大きいので多くの種類のペットが埋葬できます。

ペット霊園は契約すれば複数のペットの埋葬も可能になりますが、火葬をして骨壷で安置することを考えて、あまり大きなペットでは遺骨の全てが入りきらない場合もあるでしょう。

お墓を契約する段階で自分に必要な容量をよく考え、将来的に新たなペットを飼う可能性が高いかどうかも検討対象になります。

4:人間用の墓地

故人がペットをとても可愛がっていた場合、そのペットが亡くなると故人の傍に埋葬してあげたいと遺族が考え、人間用のお墓に納骨することがあります。人間用のお墓は人間のために使うのが原則ですが、古来より故人が生前に親しんでいた遺品を入れて、成仏しても近くに置いていてあげたいという遺族の意向が働いていました。

ペットに家族と同じような愛情を持っている人は多くいるので、一緒にしてあげれば故人も喜ぶでしょう。

ペットの種類

人間用のお墓は先祖代々で使用している場合もあり、その人だけを安置するのではないこともあるので、ペットも一緒にしたい時は骨壺の大きさも限定されます。

ペットの種類は小型であれば問題はありませんが、大型では全ての遺骨を納めるのが難しいので、一部だけを収めるという方法であればどのようなペットでも大丈夫でしょう。人間用のお墓は個人の所有物なので、安置する骨壺の中身については不問なのがほとんどです。

5:自然散骨

自然散骨とは遺骨を灰の状態にして、海や山などに撒いて供養する方法であり、お墓に拘らない人を中心に人間では以前より行われていますが、ペットでも自然散骨が行われています。

ペットの火葬は人間用の火葬場ではなく動物専用の火葬場で行われますが、火力を調整するこたで遺骨ではなく、遺灰の形状にすることも可能です。ペットは埋葬する場所がとても少ないため、お墓を必要としない自然散骨は注目されています。

6:自宅埋葬

自宅に庭があるのであれば、ペットの埋葬として自宅の庭に埋設するという方法を行うことができます。

ペットの亡骸は産業廃棄物になり、本来であれば私有地であっても埋めて処分することはできませんが、ペットであれば周辺住民に迷惑をかけないというのが前提ですが、自宅埋葬をすることが可能になっています。

自宅埋葬をするのであれば深く掘って埋設し、野犬などに掘り返されないように適切な処置を施さなければいけません。

7:手元供養

手元供養とはペットの亡骸に対して火葬だけを行い、遺骨をそのまま自宅の部屋に骨壺のまま置いておく方法を言います。

ペットを強く愛していた飼い主であれば、亡くなってしまうと余計に愛情が強くなり、どのような形でも一緒にいたいと考えるでしょう。ペット用の骨壺は人間用と異なって室内に置いても違和感の無いものもあるので、いつまでもペットと一緒の空間にいたいのであれば、手元供養が最適な方法になります。

ペットの土葬の方法

日本ではペットが亡くなると産業廃棄物の扱いになりますが、自分で私有地を所持していて、他の人に迷惑をかけないように適切に処置すれば、ペットの埋葬でも土葬が許されています。

火葬は遺骨だけになって出て来るため、これは残された人が見るには辛いものがあります。ペットに関しては土葬が許されているので行いたい人は少なくありませんが、土葬による適正な埋葬方法はどのようになっているのでしょうか。

1:廃棄物処理

ペットの亡骸を法律に則って対応すると産業廃棄物と同じ方法になり、土葬ではなく火葬して処置することになります。自治体によってはペット専用の火葬場を設けているところもあり、そのままの状態で埋設することはありません。

これは火葬をしなければ腐敗によって衛生的に問題が発生しますし、臭いで野生動物が荒らす可能性が高くなってしまうからであり、廃棄物処理の方法ではペットの亡骸は火葬されると考えて下さい。

2:家の敷地内

家の敷地内は私有地であり、本来は所有者が自由に使えますがい方が、ゴミなどの廃棄物処理は勝手に焼却したり埋設することは許されていませんが、ペットに関しては近隣に迷惑をかけないという条件を満たせば、土葬で埋葬することができます。

方法は深く穴を掘り、そこに密閉した袋などにペットの亡骸を入れ、体液が染み出さないように処置をしてから埋め、他の動物が掘り出さないように上に石などで蓋をするといいでしょう。

3:公園や河川敷などはNG

ペットを土葬で埋葬する場合に許可されているのは個人の私有地だけであり、河川敷や公園といった多くの人が利用する公共性の高い場所では、ペットを土葬することはできません。

ペットの亡骸は産業廃棄物になるため、どんなに他の人の迷惑にならなかった場合でも、霊園や私有地以外の場所に埋葬すると産業廃棄物処理法違反に該当し、罰則の対象になってしまいます。

ペットをいつまでも忘れないために

ペットを亡くすと、ペットロスで悲しみに暮れる飼い主は少なくありません。しかし、ペットはそんな飼い主の姿は見たくないでしょう。

ペットは人間より寿命が短いので飼い主が最期を見ることになりますが、気持ちを切り替える意味でも自分自身にけじめをつける必要があります。

ペットの骨壷に忘れな草が描かれていて、花言葉は「いつまでも君を忘れない」なので、ペットもきっとわかってくれます。

ペットの土葬に必要なもの

ペットを土葬で埋葬するためには穴を掘る道具と共に、腐敗で発生する匂いや他の動物に掘り返されないための処置が重要になってきます。ただ穴を掘って埋めるだけなら簡単ですが、よほど深く掘らない限りは土葬をすることで多くの弊害を生じてしまうでしょう。

自分だけがいいのでは社会秩序は保てないので、自分の意思で行う物事については、最後まで責任を持ってやり遂げるということが大切です。

1:スコップ

ペットを土葬で埋葬する場合、あまり浅い場所では雨によって表土が削られて出てしまうことがありますし、腐敗する匂いによってカラスや野犬などが掘り出す可能性が高くなるため、スコップを使って穴は深く掘るようにして下さい。

地面は何もしていなければとても固くなるものであり、スコップも大きめで足を使って力がかけられるようなタイプを使わなければ、深くて大きな穴は掘りにくくなってしまいます。

2:手袋

ペットを埋葬するための穴を掘る場合、土を手でかき出したりして直接に土に触れるため、手袋を着用して作業をしなければ、指を負傷する可能性があります。

土の中には石や硬いものが多く入っていて、そこに素手で作業をすればどのような危険があるのかわからないので、素手で作業することだけは止めて下さい。

またペットの亡骸を素手で持つのも衛生的に良くないので、自宅埋葬をする場合には手袋は必需品になります。

3:布またはタオル

動物は亡くなると体内にある体液が染み出てしまい、その匂いが強くて不快であるため、体液をできる限りその場に止めるように努める必要があります。

土葬でそのままの状態で埋葬してしまうと、体液が土の中に染み出してどこまで広がるのかわからないので、タオルや布でペットを包みこんで埋葬するといいでしょう。自宅埋葬で一番注意しなければいけないのは腐敗臭であり、近隣に住居があれば特に慎重に処置して下さい。

4:名前の板

自宅埋葬を行う場合、注意する点は土葬を行った場所が雨などで変化してしまい、長い年月の間にどこに埋葬したのかわからなくなることです。

ペットを近くで安置したいと考えて自宅埋葬を行ったのですから、お墓の意味も含めて名前を書いた板を刺しておくといい供養になります。板はガーデニングで使う木製やプラスチック製で、名前を書けるようになっているものが市販されているので、これらを利用するといいでしょう。

5:石灰

ペットを自宅埋葬するのであればペットの体重と同じ量の石灰を用意して、それを掘った穴の底に敷き詰めた上にペットの亡骸を置くと、殺菌作用で衛生面に配慮できると共に、有機物の分解を促進してくれるので早期に土に戻してあげることができます。

石灰はガーデニング用品を取り扱っている店舗に置いていて、入手するのはとても簡単です。ただし生石灰は水分を含むと発熱してしまうため、消石灰の方を購入するようにして下さい。

6:供養花

人間のお墓もお参りをすれば供養花を飾りますが、自宅埋葬をしたペットのお墓にも供養花を献花して、今までにたくさんの思い出をくれたことに感謝して弔ってあげて下さい。

ペット用の献花も今では多くの花屋などで取り扱いがあり、人間用とは違ってこじんまりとして可愛らしい花が最適です。供養花を贈ることでペットといつまでもつながっていて、悲しみも薄らいでいくでしょう。

ペットを土葬する時に注意すべきこと

土葬は人間は厳しい制限が課せられていますが、ペットの場合は飼い主が責任を持つということで自宅埋葬が許可されています。住宅街のような場所で土葬をして適正な処置を怠ってしまうと、近隣住民とトラブルになるだけであり、埋葬されているペットも悲しむでしょう。

土葬で困るのは腐敗臭と亡骸が地上に出てしまうことなので、自宅埋葬するのであれば、そのような事態にならないように努めなければいけません。
「お葬式ってものすごいお金かかるって聞いて不安に感じる。」
「そもそも何をしたらいいか分からない。」


そんな不安をすべて解消するのが日本No.1の受注数の「小さなお葬式」です。

葬儀の手順から準備までのすべての手順を、「小さなお葬式」が選んだ一流のコンシェルジュにおまかせできます。

シンプルな葬儀プランは14万円からご利用可能で、お坊さんの寺院手配(お布施込)プランも5.5万円で合わせて利用可能です。

大切な人のいざというときに利用できるように、まずは無料で資料請求しておきましょう。

Related